看護実践のための根拠がわかる 成人看護技術―がん・ターミナルケア 第2版

出版社: メヂカルフレンド社
著者:
発行日: 2015-10-20
分野: 看護学  >  看護教育/研究
ISBN: 9784839215927
電子書籍版: 2015-10-20 (第2版第2刷)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,456 円(税込)

がん看護の特徴やそれぞれの治療法における看護技術、緩和ケアやターミナルケアについて、カラー写真やイラストで分かりやすく展開している1冊。同タイトルの技術書は類書も少なく、卒業後も活用頂ける内容です。

目次

  • 表紙
  • 本書の特長と使い方 - よりよい学習のために -
  • 編集 / 執筆者
  • 目次
  • 第I章 がん看護の特徴
  • (1) がん医療の動向と看護の役割
  • 1 がんの疫学
  • 1) 死亡数が多いがんの部位
  • 2) 性別・がん部位別の罹患数の年次推移
  • 3) 性別・がん部位別の5年相対生存率の年次推移
  • 2 がん医療対策・看護のあゆみとがん対策基本法
  • 3 がん対策推進基本計画
  • 4 がん医療の均てん化における看護の役割
  • 1) トータルペインの視点からのアセスメントと支援
  • 2) 意思決定を支える
  • 3) セルフケア能力を引き出す支援
  • 4) がん治療・療養過程に焦点を当てた看護実践
  • 5) がん患者の暮らしを支え在宅療養ができる支援
  • 5 がん支援のトピック
  • 1) がん診療連携拠点病院の患者相談支援センター
  • 2) 就労支援
  • (2) がんサバイバーの理解
  • 1 がんサバイバーシップとその必要性
  • 2 サバイバーシップをとらえる側面と時期
  • 3 がん診断・告知後の心理反応と心のケア
  • 4 がんサバイバーと就労問題
  • 5 がんサバイバーのセルフアドボカシーを高める
  • 6 サバイバーシップの視点からみたピアサポート
  • 7 社会の意識を変えるための活動
  • (3) コミュニケーション
  • 1 コミュニケーションとは
  • 2 がん看護におけるコミュニケーションの特徴
  • 3 がん看護におけるコミュニケーションの重要性
  • 4 より良いコミュニケーション, 信頼関係構築のための基本的態度
  • 1) 対象者を尊重する
  • 2) 対象者との距離を考えて接する
  • 3) 情報, 秘密保持など倫理的配慮を行う
  • 4) 挨拶, 言葉づかい, 身だしなみは対象者の特性, 場, 状況にふさわしい用い方をする
  • 5 基本的コミュニケーションスキル
  • 1) 環境や自己の姿勢を準備する
  • 2) 対象者に受け入れてもらえる接近をする
  • 3) 対象者の意向を知りケアに生かす質問をする
  • 4) 現状の認識を確認し, 要点を押さえた情報伝達を行う
  • 5) 傾聴の技術を効果的に用いる
  • 6) わかろうとする姿勢を伝える
  • 6 つらい気持ちに対応し, 患者の感情表出を促進させるスキル
  • 1) 「NURSE」の基本的な考え方
  • 2) 対象者の感情表出を促す「NURSE」を用いたスキル
  • 7 コミュニケーションスキルを上達させる方法
  • (4) 家族ケア
  • 1 がん患者の家族が抱えている苦痛と家族ケアの重要性
  • 2 患者の経過に応じた家族支援
  • 1) がん医療におけるインフォームドコンセントと家族ケア
  • 2) がん患者を親にもつ子ども ( 家族 ) のケア
  • 3) がんに対する治療中止・がん進行期における家族ケア
  • 3 がん患者の家族ケアを行う看護師の現状
  • 第II章 化学療法の看護
  • (1) 抗がん薬投与時の観察と援助
  • 1 化学療法
  • 1) 化学療法の目的
  • 2) 化学療法の方法
  • 3) 抗がん薬の有害事象
  • 4) 抗がん薬取り扱い時の注意事項
  • 5) 化学療法を受ける患者の特徴
  • 2 抗がん薬投与時の看護の目標
  • 看護技術の実際
  • [A] 抗がん薬投与 ( アセスメントと看護技術 )
  • 1) 投与前
  • 2) 投与時
  • 3) 投与終了後
  • (2) 内分泌療法時の観察と援助
  • 1 内分泌療法とは
  • 2 ホルモン依存性がんに対する内分泌療法
  • 1) 前立腺がんに対する内分泌療法
  • 2) 乳がんに対する内分泌療法
  • 3) 子宮体がんに対する内分泌療法
  • 3 内分泌療法による副作用とケア
  • 1) 前立腺がんに対する内分泌療法の副作用とケア
  • 2) 乳がんに対する内分泌療法の副作用とケア
  • 3) 子宮体がんに対する内分泌療法の副作用とケア
  • 4 内分泌療法を受ける患者の看護の目標
  • 看護技術の実際
  • [A] 皮下注射による内分泌療法を受ける患者のアセスメントと看護技術
  • 1) 投与前
  • 2) 投与時
  • 3) 投与終了後
  • (3) 有害事象に対する症状マネジメント
  • 1 アレルギー反応, インフュージョンリアクション
  • 1) アレルギー反応, インフュージョンリアクションとは
  • 2) アレルギー反応, インフュージョンリアクションのアセスメント
  • 3) 予防と早期発見に向けた援助
  • 4) 症状出現時の対応
  • 5) 心理的援助
  • 2 抗がん薬の血管外漏出
  • 1) 血管外漏出とは
  • 2) 血管外漏出のアセスメント
  • 3) 予防と早期発見に向けた援助
  • 4) 血管外漏出時のケア
  • 3 悪心・嘔吐
  • 1) 悪心・嘔吐とは
  • 2) 悪心・嘔吐の予防に向けた対策
  • 3) 悪心・嘔吐出現時のケア
  • 4 白血球・好中球減少, 血小板減少
  • 1) 白血球・好中球減少, 血小板減少とは
  • 2) 白血球・好中球減少, 血小板減少の予防に向けた対策
  • 3) 白血球・好中球減少, 血小板減少出現時のケア
  • 5 口内炎
  • 1) 口内炎とは
  • 2) 口内炎の予防に向けた対策
  • 3) 口内炎出現時のケア
  • 6 神経障害
  • 1) 神経障害とは
  • 2) 神経障害の早期発見の工夫とアセスメント
  • 3) 末梢神経障害の対策とケア
  • 7 皮膚障害
  • 1) 皮膚障害とは
  • 2) 皮膚障害の早期発見とアセスメント
  • 3) 皮膚障害の予防, 治療とケア
  • 8 脱毛
  • 1) 脱毛とは
  • 2) 脱毛の早期発見とアセスメント
  • 3) 脱毛に対するケア
  • 9 下痢
  • 1) 下痢とは
  • 2) 下痢の早期発見とアセスメント
  • 3) 下痢の対策とケア
  • 10 便秘
  • 1) 便秘とは
  • 2) 便秘の早期発見とアセスメント
  • 3) 便秘対策とケア
  • 看護技術の実際
  • [A] アレルギー反応, インフュージョンリアクション出現時の対応
  • [B] 血管外漏出時のケア
  • [C] 悪心・嘔吐の予防と苦痛軽減に向けた対策
  • [D] 感染症予防に向けた対策
  • [E] 出血予防に向けた対策
  • [F] 口内炎予防に向けた対策
  • [G] 口内炎の悪化防止や苦痛軽減に向けた対策
  • [H] 末梢神経障害におけるケア
  • [I] 皮膚障害の予防
  • [J] 爪のケア
  • [K] 脱毛が始まる前のケア
  • [L] 脱毛中のケア
  • [M] 脱毛後のケア
  • [N] 下痢に対する日常生活上の注意
  • [O] 下痢に対する食事療法
  • [P] 化学療法開始後の便秘予防
  • (4) 長期合併症のアセスメントと援助
  • 1 二次がん
  • 1) 二次がんとは
  • 2) 二次がんの発生率
  • 3) 二次がんとリスクファクター
  • 4) アセスメントと援助の視点
  • 2 生殖機能障害
  • 1) がん治療と生殖機能障害
  • 2) がん治療後の生殖機能障害の発生率
  • 3) 生殖機能障害とリスクファクター
  • 4) 妊孕性温存
  • 5) アセスメントと援助の視点
  • 看護技術の実際
  • [A] 二次がんのリスクに関する患者教育
  • [B] 化学療法中の妊娠予防に関する患者教育
  • (5) 外来化学療法を受ける患者への援助
  • 1 外来化学療法の特徴とシステム
  • 1) 外来化学療法の特徴
  • 2) 外来化学療法の目的と患者の特徴
  • 3) 外来化学療法を受ける患者の条件
  • 4) 外来化学療法の流れ
  • 2 外来化学療法患者の援助
  • 1) 情報収集
  • 2) オリエンテーション
  • 3) セルフケア支援
  • 4) エネルギー保存療法
  • 看護技術の実際
  • [A] 初回導入時のオリエンテーション
  • [B] エネルギー保存療法
  • (6) 抗がん薬の曝露対策
  • 1 危険性医薬品としての抗がん薬
  • 2 抗がん薬曝露による健康への影響
  • 3 抗がん薬曝露の経路と機会
  • 1) 曝露の機会
  • 2) 曝露の経路
  • 看護技術の実際
  • [A] 個人防護具 ( personal protective equipment : PPE ) の選択と着脱
  • 1) 個人防護具の選択と着用
  • 2) 個人防護具の除去 ( 手袋を二重に装着した場合 )
  • [B] 抗がん薬の安全な取り扱い
  • 1) 注射薬の取り扱い
  • 2) 経口抗がん薬の取り扱い
  • [C] 抗がん薬投与後最低48時間の患者の排泄物・リネン類の安全な取り扱い
  • 1) 投与後最低48時間の患者の排泄物の取り扱い
  • 2) 投与後最低48時間の患者のリネン類の取り扱い
  • [D] 抗がん薬の曝露を受けた場合の対応
  • 第III章 がん手術療法の看護
  • (1) がん手術後合併症の観察と看護
  • 1 肺がん手術による "肺炎, 無気肺"
  • 1) 肺炎, 無気肺の発症原因
  • 2) 合併症の観察
  • 3) 合併症の看護
  • 2 消化器がんなどの手術操作および局所・全身要因による "縫合不全"
  • 1) 縫合不全の発症要因
  • 2) 合併症の観察
  • 3) 合併症の看護
  • 3 胃を切除することにより貯留機能が減少したことに起因して生じる "ダンピング症状"
  • 1) ダンピング症状の原因と観察
  • 2) 合併症の看護
  • 4 麻酔・手術操作による "麻痺性イレウス"
  • 1) 麻痺性イレウスの発症要因
  • 2) 合併症の観察
  • 3) 合併症の看護
  • 5 前立腺がんや子宮がんなどの広範囲の切除・郭清による "排尿障害"
  • 1) 排尿障害の発症要因
  • 2) 合併症の観察
  • 3) 合併症の看護
  • (2) ストーマ造設時のケア
  • 1 消化器ストーマの分類
  • 1) 永久的ストーマ
  • 2) 一時的ストーマ
  • 2 ストーマリハビリテーション
  • 3 ストーマ造設患者への看護ケアのポイント
  • 1) 術前
  • 2) 術後急性期
  • 3) 回復期
  • 看護技術の実際
  • [A] ストーマサイトマーキング
  • [B] ストーマの観察とアセスメント
  • [C] ストーマ装具内排泄物の処理方法
  • [D] ストーマ装具の交換
  • (3) 乳がん・婦人科がんの周術期ケア
  • 1 乳がん・婦人科がん患者の周術期ケアとボディイメージ
  • 2 乳房・子宮・卵巣の喪失に伴うボディイメージの変化と受容に及ぼす要因
  • 3 乳がん・婦人科がん手術に伴うボディイメージの変化に対する看護
  • 1) 乳房・子宮・卵巣喪失の受容
  • 2) 乳房の補正
  • 3) 患側上肢の機能障害に対するケア
  • 4) リンパ浮腫の予防
  • 看護技術の実際
  • [A] 乳房の補正方法指導
  • [B] 乳がん術後上肢機能障害の回復および予防指導
  • 1) 術前
  • 2) 術後
  • [C] リンパ浮腫予防指導
  • (4) 喉頭摘出術後のケア
  • 1 喉頭がんと手術療法
  • 1) 喉頭がんとは
  • 2) 手術療法
  • 2 喉頭全摘出術後の機能・形態的変化
  • 3 喉頭全摘出術後の看護
  • 1) 声を失った人々への支援
  • 2) 永久気管孔造設に伴う日常生活への援助
  • 3) 肩・上肢運動障害に対するリハビリテーション
  • 看護技術の実際
  • [A] 声を失った人の代用発声の指導 ( 電気喉頭 )
  • [B] 声を失った人の代用発声の指導 ( 食道発声 )
  • [C] 永久気管孔の管理
  • 第IV章 がん放射線療法の看護
  • (1) 放射線照射時の観察と援助
  • 1 放射線の特徴と人体に及ぼす影響
  • 1) 放射線の種類
  • 2) 放射線の単位
  • 3) 放射線の作用
  • 2 放射線療法の適応と特徴
  • 1) 外部照射
  • 2) 内部照射
  • 3) 術前照射
  • 4) 術中照射
  • 5) 術後照射
  • 6) 全身照射
  • 7) 抗がん薬との併用治療
  • 8) 緩和治療
  • 3 放射線の安全管理
  • 看護技術の実際
  • [A] 主治医からの説明の確認
  • [B] 放射線科医師の診察時の介助
  • [C] 位置決め ( 照射範囲決定 ) 時の介助
  • [D] マーキング指導
  • [E] 照射線量の決定に合わせた指導
  • [F] 外部照射時の看護
  • [G] 小線源照射時の看護 ( 前立腺がん )
  • [H] 内部照射 ( 腔内照射 ) 時の看護 ( 子宮がん )
  • [I] 内部照射 ( RI内用療法 ) 時の看護 ( 甲状腺がん )
  • [J] 定期的診療時の看護
  • [K] 治療終了時の生活指導
  • (2) 有害事象に対する症状マネジメント
  • 1 放射線照射による口腔粘膜への影響
  • 2 放射線照射による皮膚への影響
  • 看護技術の実際
  • [A] 口腔粘膜炎が起きているときの口腔ケア
  • [B] 放射線性皮膚炎のグレード別ケア
  • (3) 晩期合併症のアセスメントと援助
  • 1 晩期合併症とは
  • 2 放射線肺臓炎
  • 3 消化管出血
  • 看護技術の実際
  • [A] 放射線肺臓炎の増悪予防とケア
  • [B] 消化管出血の予防と消化管出血がみられる患者のケア
  • (4) 放射線被曝防御対策
  • 1 放射線の人体への影響
  • 1) 放射線の健康への影響
  • 2) がんの発生
  • 3) 胎児への影響
  • 4) 不妊
  • 2 放射線防護の必要性
  • 1) 放射線防護の目的
  • 2) 放射線防護体系の3原則
  • 3 放射線被曝の区分
  • 4 放射線被曝防護の基本
  • 1) 外部被曝防護
  • 2) 内部被曝防護
  • 第V章 造血幹細胞移植の看護
  • (1) 造血幹細胞移植とは
  • 1 造血細胞移植の適応
  • 2 造血細胞移植の方法
  • (2) ドナー登録と患者の意思決定
  • 1 HLAとは
  • 2 骨髄バンクと臍帯血バンク
  • 1) 骨髄バンク
  • 2) 臍帯血バンク
  • 3 ドナー ( 造血細胞提供者 ) 登録
  • 1) 移植を勧められる時期
  • 2) ドナーの決定における調整
  • 4 移植にかかわる人々の意思決定と支援
  • 1) 移植適応決定時の情報提供
  • 2) レシピエントの意思決定
  • 3) ドナーの意思決定
  • 5 ドナーの骨髄採取時の看護
  • 6 前処置開始前の患者・家族の看護
  • 7 同種骨髄移植患者の前処置開始までの口腔ケア
  • 看護技術の実際
  • [A] ドナーの骨髄採取時の看護
  • [B] 同種骨髄移植患者の前処置開始までの口腔ケア
  • (3) 造血幹細胞移植関連合併症のアセスメントと援助
  • 1 造血幹細胞移植前処置による副作用
  • 2 全身放射線照射
  • 3 造血幹細胞移植に関連した感染症
  • 1) 移植後早期の感染症管理
  • 2) 移植後30~100日頃まで
  • 3) 移植後100日目以降
  • 4) 感染症の予防
  • 5) 移植病室
  • 4 移植片対宿主病
  • 1) 急性GVHD
  • 2) 慢性GVHD
  • 5 移植後合併症
  • 6 移植病室収容までの前処置中の患者の援助
  • 1) 同種骨髄移植の場合
  • 2) 末梢血幹細胞移植の場合
  • 7 移植病室在室時の患者の援助
  • 1) 移植施行の準備
  • 2) 移植病室在室時の患者の看護
  • 8 造血幹細胞の生着前 : GVHDの早期発見と援助
  • 9 生着後から退院までの看護
  • 看護技術の実際
  • [A] 移植病室在室時の患者の看護
  • [B] 急性GVHDの患者の清潔ケア
  • [C] 生着後から退院のリハビリテーション
  • (4) 退院時オリエンテーションと社会復帰
  • 1 退院指導
  • 1) 退院時オリエンテーション内容と晩期障害の予防
  • 2) 感染予防
  • 3) 心理・社会的ケアと準備
  • 2 造血幹細胞移植後看護外来
  • 第VI章 緩和ケア
  • (1) 症状マネジメント
  • 1 疼痛
  • 1) がん患者の疼痛の特徴
  • 2) がん患者の疼痛のマネジメント
  • 3) がん患者の疼痛の治療
  • 4) がん患者の疼痛の緩和を促す看護
  • 2 食欲不振
  • 1) がん患者の食欲不振の特徴
  • 2) がん患者の食欲不振のマネジメント
  • 3) がん患者の食欲不振を緩和する看護
  • 3 腹水・腹部膨満感
  • 1) がん患者の腹水・腹部膨満感の特徴
  • 2) がん患者の腹水・腹部膨満感のマネジメント
  • 3) がん患者の腹水・腹部膨満感を緩和する看護
  • 4 呼吸困難
  • 1) がん患者の呼吸困難の特徴
  • 2) がん患者の呼吸困難のマネジメント
  • 3) がん患者の呼吸困難を緩和する看護
  • 5 全身倦怠感
  • 1) がん患者の倦怠感の特徴
  • 2) がん患者の倦怠感のマネジメント
  • 3) がん患者の倦怠感の緩和を促す看護
  • 6 消化管閉塞
  • 1) がん患者の消化管閉塞の特徴
  • 2) がん患者の消化管閉塞のマネジメント
  • 3) がん患者の消化管閉塞に伴う症状の緩和を促す看護
  • 7 浮腫
  • 1) がん患者の浮腫の特徴
  • 2) がん患者の浮腫のマネジメント
  • 3) がん患者の浮腫の緩和を促す看護
  • 8 せん妄
  • 1) がん患者のせん妄の特徴
  • 2) がん患者のせん妄のマネジメント
  • 3) がん患者のせん妄に対するケア
  • 看護技術の実際
  • [A] がん性疼痛に対する持続皮下注射
  • [B] 食欲不振時のケア
  • [C] 腹腔穿刺の介助
  • [D] 排痰法
  • [E] エネルギーの調整に関する患者教育
  • [F] イレウス管挿入 ( 経鼻的挿入 ) の介助
  • [G] アロマオイルを用いたトリートメント ( マッサージ ) : 下肢
  • [H] せん妄のアセスメント
  • (2) スピリチュアルケア
  • 1 スピリチュアルケアとは
  • 2 スピリチュアルケアの目的
  • 3 スピリチュアルケアの実際
  • 4 スピリチュアルケアとチーム医療
  • 看護技術の実際
  • [A] 傾聴 ( 積極的傾聴 )
  • [B] ライフレビュー
  • 第VII章 ターミナルケア
  • (1) 死の受容とサポート
  • 1 死にゆく人の心理過程
  • 1) キューブラー = ロスの心理過程
  • 2) バックマンの心理過程
  • 3) 平山の心理過程
  • 2 死の受容
  • 3 死にゆく過程にある人への援助
  • 1) 怒り, 抑うつに対するケア
  • 2) 死にゆく過程にある人への精神的アプローチ
  • 看護技術の実際
  • [A] 怒りへのケア
  • (2) 看取りのケア
  • 1 お別れ
  • 1) お別れの時期にある患者の特徴
  • 2) お別れの時期にある患者への看護
  • 3) お別れの時期にある家族の特徴
  • 4) お別れの時期にある家族への看護
  • 2 死前喘鳴
  • 1) 死前喘鳴
  • 2) 治療
  • 3) 死前喘鳴のある患者とその家族への看護
  • 3 エンゼルケア
  • 1) エンゼルケアの意味
  • 2) 亡くなった後の患者の身体的変化
  • 看護技術の実際
  • [A] お別れの時期の患者, 家族への看護
  • [B] 口腔ケア
  • [C] エンゼルケア ( 清拭・陰部洗浄など )
  • [D] エンゼルケア ( 洗髪 )
  • [E] エンゼルメイク
  • (3) 家族のグリーフケア
  • 1 悲嘆のプロセス
  • 1) 大切な人を亡くした家族の悲嘆のプロセス
  • 2) 専門的なケアが必要な悲嘆のプロセス ( 複雑性悲嘆 )
  • 2 グリーフケア
  • 1) グリーフケアの種類
  • 2) グリーフケアの方法
  • 看護技術の実際
  • [A] 家族のグリーフケア
  • (4) 患者・家族, 医療者のストレスマネジメント
  • 1 ストレス
  • 2 終末期における患者, 家族, 医療者のストレス
  • 3 ストレスマネジメントの方法
  • 1) リラクセーション法
  • 2) その他の方法
  • 3) 患者, 家族, 看護師それぞれのストレスマネジメント
  • 看護技術の実際
  • [A] 呼吸法
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...