看護実践のための根拠がわかる 成人看護技術―慢性看護 第2版

出版社: メヂカルフレンド社
著者:
発行日: 2015-11-25
分野: 看護学  >  看護教育/研究
ISBN: 9784839215903
電子書籍版: 2015-11-25 (第2版第3刷)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,808 円(税込)

看護技術の理解するのに必要な“基礎知識”とできる限り詳述。看護技術分解表」で技術の“手技”と“根拠”を詳しく解説。

目次

  • 表紙
  • 本書の特長と使い方 - よりよい学習のために -
  • 編集 / 執筆者
  • 目次
  • 第I章 慢性看護の特徴
  • (1) 慢性看護とは
  • 1 急性疾患と慢性疾患の違い
  • 2 慢性の病い ( chronic illness, クロニックイルネス ) と看護
  • 3 慢性看護の目標
  • 1) 「病みの軌跡」モデルからみた慢性看護の目標
  • 2) 慢性病患者のセルフマネジメントの課題からみた慢性看護の目標
  • (2) 慢性看護の対象理解
  • 1 慢性病の患者における疾病の受容過程
  • 1) 健康から病気への移行期
  • 2) 病気の受容期
  • 3) 回復期
  • 2 慢性病の患者における適応
  • 1) 背景要因
  • 2) 認識 ( 評価 ) と適応課題
  • 3) 対処能力
  • 第II章 慢性看護の支援技術
  • (1) セルフマネジメントのための教育的支援
  • 1 教育的支援のプロセス
  • 1) 教育的支援のためのアセスメント
  • 2) アセスメント実施上の留意点
  • 3) 教育的支援の計画立案
  • 2 教育的支援の内容
  • 3 教育的支援に必要な考え方, 理論
  • 1) 成人学習理論
  • 2) 自己効力理論
  • 3) コーチング
  • 4) 行動療法
  • (2) 意思決定にかかわる支援技術
  • 1 慢性疾患と意思決定支援
  • 2 意思決定支援モデル
  • 3 意思決定支援のプロセスと必要な技術
  • (3) 症状マネジメントとセルフモニタリングにかかわる支援技術
  • 1 慢性病と症状
  • 2 慢性病とセルフモニタリングへの支援
  • 3 症状マネジメントへの支援
  • 1) 症状の定義づけ
  • 2) 症状のメカニズムと出現形態の理解
  • 3) 患者の体験 ( 認知, 評価, 反応 ) の理解
  • 4) 症状マネジメントの方略
  • 5) 症状の結果と評価
  • (4) ナラティヴ・アプローチ
  • 1 ナラティヴとは
  • 1) ナラティヴの意味
  • 2) ナラティヴの考え方の前提
  • 2 病いのナラティヴ
  • 1) 「病い」と「疾患」
  • 2) 医療者と患者の「説明モデル」の違い
  • 3 患者の病いの物語と医療者の支援
  • 1) 説明モデルと3つのステップ
  • 2) ライフヒストリーの振り返り
  • 第III章 慢性的な機能障害のある人への支援技術
  • (1) 呼吸機能障害のある患者への支援技術
  • 1 慢性呼吸器疾患の病態と治療
  • 1) 慢性閉塞性肺疾患
  • 2) 気管支喘息
  • 2 慢性呼吸器疾患の治療
  • 1) COPD
  • 2) 喘息
  • 3 セルフマネジメント
  • 1) 疾患の理解
  • 2) 服薬管理
  • 3) 在宅酸素療法の管理
  • 4) 在宅人工呼吸法の管理
  • 5) 急性増悪の予防
  • 6) 健康を維持・増進するための活動
  • 7) 呼吸困難を軽減するための日常生活の調整
  • 8) 栄養状態の維持・改善
  • 看護技術の実際
  • [A] 吸入療法
  • 1) 定量噴霧式吸入器
  • 2) ドライパウダー吸入器
  • [B] 在宅酸素療法
  • [C] 非侵襲的陽圧換気療法 ( NPPV )
  • [D] ピークフローモニタリング
  • [E] 呼吸法
  • 1) 口すぼめ呼吸
  • 2) 横隔膜呼吸
  • [F] 呼吸困難を軽減するための日常生活の調整
  • [G] 栄養指導
  • (2) 循環機能障害のある患者への支援技術
  • 1 循環器疾患の病態と症状
  • 1) 慢性心不全
  • 2) 不整脈
  • 2 循環機能障害のある患者の治療
  • 1) 慢性心不全
  • 2) 不整脈
  • 3 セルフマネジメント
  • 1) 服薬管理
  • 2) セルフモニタリング
  • 3) 食事療法
  • 4) 禁煙
  • 5) 感染予防
  • 6) 休息と運動
  • 7) 入浴
  • 8) 排泄
  • 9) 性生活
  • 看護技術の実際
  • [A] 心臓リハビリテーション
  • [B] 心臓デバイス植込み患者への教育支援
  • (3) 消化機能障害のある患者への支援技術
  • 1 消化器疾患の病態と症状
  • 1) C型肝炎
  • 2) クローン病
  • 3) 潰瘍性大腸炎
  • 2 消化器疾患の治療
  • 1) C型肝炎
  • 2) クローン病
  • 3) 潰瘍性大腸炎
  • 3 セルフマネジメント
  • 1) C型肝炎患者のセルフマネジメント
  • 2) クローン病患者のセルフマネジメント
  • 3) 潰瘍性大腸炎患者のセルフマネジメント
  • 看護技術の実際
  • [A] インターフェロン療法時の教育支援
  • [B] 腹腔穿刺
  • [C] 結腸栄養 ( 成分栄養剤 )
  • 1) 結腸栄養法の導入
  • 2) 経口法による自己管理
  • 3) 経鼻栄養チューブを用いた経管法による自己管理
  • [D] 消化器ストーマサイトマーキング
  • [E] 消化器ストーマの管理
  • (4) 脳神経機能障害のある患者への支援技術
  • 1 筋萎縮性側索硬化症の病態と症状・治療・セルフマネジメント
  • 1) 症状
  • 2) 治療
  • 3) セルフマネジメント
  • 2 パーキンソン病の病態と症状・治療・セルフマネジメント
  • 1) 症状
  • 2) 治療
  • 3) セルフマネジメント
  • 看護技術の実際
  • [A] 気管切開下陽圧換気療法中の患者の口腔ケア
  • [B] 誤嚥スクリーニング検査 ( 反復唾液嚥下テスト )
  • [C] コミュニケーション支援 ( 透明文字盤の使用による )
  • [D] すくみ足がある場合の支援
  • [E] 椅子から立ち上がるとき, 座るときの支援
  • 1) 椅子から立ち上がるときの支援
  • 2) 椅子に座るときの支援
  • (5) 腎機能障害のある患者への支援技術
  • 1 慢性腎臓病の病態と治療
  • 1) 腎臓の機能
  • 2) 慢性腎臓病とは
  • 3) 慢性腎臓病の病期と治療
  • 2 慢性腎臓病患者の身体的・心理的特徴, 日常生活への影響
  • 3 セルフマネジメント
  • 1) 身体状況の理解
  • 2) 食事管理
  • 3) 薬物管理
  • 4) 身体活動
  • 5) セルフモニタリング
  • 看護技術の実際
  • [A] 血液透析患者へのシャント管理
  • [B] 血液透析時の支援
  • [C] 腹膜透析患者への透析液バッグ交換
  • [D] 腹膜透析患者のセルフマネジメント支援
  • (6) 免疫機能障害のある患者への支援技術
  • 1 関節リウマチと全身性エリテマトーデスの病態と症状
  • 1) 関節リウマチの病態と症状
  • 2) 全身性エリテマトーデスの病態と症状
  • 2 関節リウマチと全身性エリテマトーデスの治療
  • 1) 関節リウマチの治療
  • 2) 全身性エリテマトーデスの治療
  • 3 セルフマネジメント
  • 1) 疾患の特徴を知り, 治療に参加する
  • 2) 関節痛などの苦痛な症状をマネジメントする
  • 3) 薬物療法を安全に継続する
  • 4) 感染症の徴候を理解し, 対処や予防ができる
  • 看護技術の実際
  • [A] 薬物管理 ( 経口薬 : 免疫調整薬と免疫抑制薬 )
  • [B] 薬物管理 ( 生物学的製剤の皮下投与と自己注射指導 )
  • [C] 関節機能と生活機能のための関節のアセスメント
  • [D] 関節保護
  • [E] 関節リウマチ患者へのフットケア
  • (7) 代謝機能障害のある患者への支援技術
  • 1 糖尿病の病態と症状
  • 1) 糖尿病の症状
  • 2) 糖尿病の成因分類
  • 3) 糖尿病の主な検査
  • 4) 糖尿病の合併症
  • 2 糖尿病の治療
  • 1) 食事療法
  • 2) 運動療法
  • 3) 薬物療法
  • 3 セルフマネジメント
  • 1) 薬物管理
  • 2) 食事管理
  • 3) 身体活動
  • 4) 日常生活管理 : シックデイ, 感染予防, 旅行時の注意点, セクシュアリティ, ストレスマネジメント
  • 5) セルフモニタリング : 血糖自己測定, 血糖パターンマネジメント
  • 6) フットケア
  • 看護技術の実際
  • [A] 食事療法に関連した患者教育
  • [B] 血糖自己測定
  • [C] ペン型製剤を用いる自己注射
  • 1) インスリン自己注射
  • 2) GLP - 1受容体作動薬の自己注射
  • [D] フットケア
  • 1) 足の状態の観察と血流障害の検査
  • 2) 足の神経障害の検査
  • 3) 足のスキンケアとネイルケア
  • (8) 感染防御機能障害のある患者への支援技術
  • 1 HIV感染症, AIDSの病態
  • 1) CD4陽性リンパ球の数
  • 2) ウイルスの数 ( 量 )
  • 2 HIV感染症の治療
  • 3 セルフマネジメント
  • 1) 内服の意思決定
  • 2) 内服率の維持
  • 3) 副作用への対応
  • 4) 医療費の対策
  • 5) HIV陽性者のセルフマネジメントを支援する外来看護
  • 看護技術の実際
  • [A] 初診時の対応
  • [B] 服薬支援 ( 服薬オリエンテーション~服薬シミュレーション )
  • 1) 服薬オリエンテーションと服薬アセスメント
  • 2) 服薬スケジュール立案とシミュレーション
  • 3) 服薬シミュレーションの結果確認
  • [C] セクシュアルヘルスへの支援
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...