血液内科 77/4 2018年10月号

出版社: 科学評論社
発行日: 2018-10-28
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 2185582X
雑誌名:
特集: リンパ系腫瘍に対する新薬開発状況と今後の展開2018
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,240 円(税込)

目次

  • 特集 リンパ系腫瘍に対する新薬開発状況と今後の展開2018

    B細胞リンパ腫に対する抗CD20抗体obinutuzumabの開発状況と今後の展開
    B細胞リンパ腫に対するEZH2阻害薬tazemetostatの開発状況と今後の展開
    B細胞リンパ腫に対するPI3K阻害薬copanlisibの開発状況と今後の展開
    B細胞リンパ腫および骨髄腫に対するBCL2阻害薬venetoclaxの開発状況と今後の展開
    悪性リンパ腫に対するEZH1/2阻害薬の開発状況と今後の展開
    B細胞リンパ腫に対するBTK阻害薬acalabrutinibの開発状況と今後の展開
    B細胞リンパ腫に対する抗CD79b抗体薬物複合体polatuzumab vedotinの開発状況と今後の課題
    T細胞リンパ腫に対するHDAC阻害薬chidamideの開発状況と今後の展開
    びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するCD19を標的とするCAR-T細胞療法の開発状況と今後の展開
    未治療骨髄腫に対する抗CD38抗体daratumumabおよびisatuximabの開発状況と今後の展開

    ● 話題
    成人T細胞白血病/リンパ腫におけるゲノム異常の臨床的意義
    成人Ph陰性ALLにおける初診時染色体異常の予後に与える影響
    びまん性大細胞型B細胞リンパ腫における遺伝子異常の統合解析
    未治療進行期ホジキンリンパ腫に対するbrentuximab vedotin+AVD療法と
     ABVD療法との第III相比較試験(ECHELON-1)
    活性化型インテグリンβ7を標的とした,多発性骨髄腫に対するCAR-T細胞療法の開発

    ● 解説
    免疫チェックポイント阻害薬の併用療法の現状と今後の可能性
    HLA半合致移植の進歩と今後の展望
    造血におけるlong noncoding RNAの意義

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...