鎮静 ポケットマニュアル

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2018-11-10
分野: 臨床医学:外科  >  麻酔科学/ペイン
ISBN: 9784498055421
電子書籍版: 2018-11-10 (1版1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,740 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,740 円(税込)

商品紹介

鎮静が行われる場所,診療科はさまざまであり,鎮静の医療安全には多職種間のコンセンサスがきわめて重要である.ガイドラインの実践的な解説から,医療安全を維持するための注意点,鎮静中の急変対応のノウハウ,トレーニングのポイントなどを網羅した鎮静マニュアルの決定版.すべての医療職のポケットに備えてほしい1冊である.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 緒言
  • 目次
  • 総論 鎮静ガイドラインと実践応用
  • 1. 中等度鎮静の目的
  • 2. 鎮静の危険性
  • 3. 鎮静の適応
  • 4. 非麻酔科医のための鎮静・鎮痛薬投与に関する診療ガイドライン ( ASA - SED )
  • 5. 鎮静前の絶飲食
  • 6. 鎮静前患者説明
  • 7. 鎮静前のリスク評価
  • 8. 鎮静前の気道・呼吸評価
  • 9. 薬剤投与の原則
  • 10. 鎮静深度評価法
  • 11. 鎮静中のモニタリング
  • 12. 鎮静終了時の注意点
  • 13. 拮抗薬投与時の注意点
  • 14. 鎮静後のモニタリング
  • 15. 鎮静後酸素投与
  • 16. 鎮静後の退室基準
  • 各論I 患者対応と医療安全
  • 1. 鎮静前の不安への対応
  • 2. 鎮静前の病棟からの申し送りで確認・注意すること
  • 3. 点滴確保時の注意点
  • 4. 経皮的酸素飽和度 ( SpO2 ) の評価と注意点
  • 5. 主な鎮静薬・鎮痛薬とその注意点
  • 6. 処置時鎮静における局所麻酔薬の意義と注意点
  • 7. 鎮静中の看護師の役割
  • 8. 鎮静後の患者さんの移動・搬送時の注意点
  • 9. 鎮静終了後の患者退室時申し送り事項と患者指導
  • 各論II 各領域の鎮静医療安全
  • 1. 歯科鎮静時の問題点と注意点
  • 2. 消化器内視鏡鎮静時の問題点
  • 3. カテーテル検査鎮静時の注意点
  • 4. 気管支鏡鎮静の問題点と注意点
  • 5. 局所麻酔時の鎮静の問題点と注意点
  • 6. 小児処置鎮静時・MRI鎮静時の注意点と問題点
  • 各論III 鎮静中の急変対応の注意点
  • 1. 鎮静のセーフティーネットとしての院内急変対応システム
  • 2. 過鎮静時の急変 - 現場対応者と応援者がするべきこと
  • 3. 過鎮静時の緊急対応 - 基本的な考え方
  • 4. 鎮静時に用意すべき救急カート
  • 5. 過鎮静時の気道確保
  • 6. 過鎮静時の心停止対応
  • 各論IV 院内の鎮静医療安全を高めるための訓練
  • 1. 国際認証における鎮静医療安全の位置づけ
  • 2. 鎮静医療安全向上のために
  • 3. 鎮静多職種連携構築のためのシミュレーション教育の意義
  • 4. シミュレーションを用いた鎮静トレーニング
  • 5. 鎮静トレーニングコースにおける気道確保の目的
  • 6. 鎮静トレーニングコースにおける薬剤カードを用いたグループディスカッション
  • 7. 鎮静トレーニングコースにおけるシナリオトレーニングの意義
  • 8. 院内型鎮静トレーニングコースの必要性
  • 9. 院内鎮静トレーニングコースの学習目標の設定
  • 巻末資料 米国麻酔学会『処置目的の中等度鎮静に関するガイドライン2018年度版』のまとめ
  • あとがき
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...