医薬経済 2018年11月1日号

出版社: 医薬経済社
発行日: 2018-11-01
分野: 薬学  >  雑誌
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,160 円(税込)

目次

  • 話題の焦点
    武田に「見切り」つけた国内大手 製薬産業で労組が分裂騒動
    OBSERVER 永井健一 ブライトパス・バイオ代表取締役CEO
    「バイオセイム」が示すBS市場の未来
      「空気を読まない」協和キリンと、産業振興で板挟みの厚労省
    「湿布薬」でまさかのアメリカンドリーム
      お先真っ暗の日本とは対照的、「オピオイド危機」が追い風
    「胃がん撲滅」へ走り出した横須賀市 議会と医師会との「連携」が導いた条例
    費用対効果評価の「現在位置」 本格導入へ、狭まる原価計算“包囲網”
    続報「CAR–T」めぐる英国の動き 間違いだらけのHTA40
    「患者経験」から考える無駄な医療、かかりつけ薬剤師現場が望む社会保障制度52
    AIで変貌する製薬産業の未来15
    専門医機構から来た「抗議] なぜ早く答えられなかったのか
    限界近付くドラッグストア「放任主義」 小売業の「巨人」、イオンは何をめざすのか(下)
    免疫チェックポイント阻害剤「副作用」の実態 適応追加相次ぎ、望まれる現場の「早期対応力」
    進次郎氏はなぜ厚労部会長を望んだのか 「大人路線」への脱皮は諸刃の剣
    文科省汚職で追われる医療コンサルの「収支」 医師と官僚、政治家に尽くし「使い捨て」
    浮上策がまるで見当たらない大正製薬 リアップに競合品登場でさらに苦境に
    看護学者から見た個別化医療とグローバリズム 医療と介護のパラダイムシフトを阻害する人
    医薬経済気象台 不安材料が多い景気の前途
    製薬企業の経営診断 海外生産と新薬開発に注力へ
    医政羅針盤 予防の医療費削減効果に関する「常識」
    経済記事の読み方 不動産開発に巨額投資する高島屋
    PatientRelations 一般社団法人 キャンサーフィットネス
    interview 益尾憲 コニカミノルタプレシジョンジャパン社長
    MR活動実態調査レポート 抗血小板薬と抗凝固薬の活動状況
    鳥集徹の口に苦い話 学会の診療ガイドラインに「費用対効果評価」義務付けを
    フロントライン 製薬労組は「昔も今も……」
    読む医療 自殺は罪ではないが「幇助は罪」
    時流遡航 哲学の脇道遊行記―その実景探訪(3)
    平時医療体制の破錠に備える 稟議書文化が対策推進を阻む
    眺望「医薬街道」 院内・院外は患者の選択にすべき
    オンザスクリュー 文科省でも「忖度組」を登用
    薬剤経済学 企業のICER自己評価は受け入れ閾値の範囲内に
    支払いと結果 医師と患者に提供する脂質低減の報償インセンティブは費用効果的
    賛否両論 厚労省は方針を転換、活用へ!?
    CurrentIssues
    明快語録
    ニュースダイジェスト
    時感/編集後記

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...