胃炎の京都分類 改訂第2版

出版社: 日本メディカルセンター
著者:
発行日: 2018-11-05
分野: 臨床医学:内科  >  胃/腸
ISBN: 9784888753098
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

5,184 円(税込)

商品紹介

この改訂版では,すでに確立したH. pylori感染診断とともに、前版では取り上げなかった,あるいは解説が少なかった自己免疫性胃炎,PPI関連胃症,NSAIDs潰瘍,好酸球性胃炎,collagenous gastritis,Helicobacter suis胃炎,感染性の胃炎,IBDに伴なう胃炎,アニサキスによる胃炎なども含め,さらに,診断が困難であった症例も取り上げ,病理組織像も増やして解説している.

目次

  • 第1章 胃炎分類の歴史

    第2章 胃炎の内視鏡所見
     1. 総論
       H. pylori未感染胃粘膜=正常胃/現感染胃粘膜=慢性活動性胃炎/
       既感染胃粘膜(除菌後あるいは高度萎縮による菌の自然消失)=慢性非活動性胃炎/
       薬剤による胃粘膜の変化
     2. 「胃炎の京都分類」所見の解説
       萎縮/腸上皮化生/びまん性発赤/点状発赤/粘膜腫脹/皺襞腫大,蛇行/鳥肌/
       腺窩上皮過形成性ポリープ/黄色腫/陥凹型びらん/ RAC/胃底腺ポリープ/
       稜線状発赤/隆起型びらん/ヘマチン/体部びらん/斑状発赤/地図状発赤/
       多発性白色扁平隆起
     3. 「胃炎の京都分類」所見の解説(その2)
       敷石状粘膜/偽ポリープ/黒点/霜降り状
     4. H.pylori関連以外の胃炎の所見
       自己免疫性胃炎(A型胃炎)/PPI関連胃症/ PPI関連胃症の病理学的所見/
       NSAIDs潰瘍/好酸球性胃炎/Helicobacter suis胃炎/
       感染性の胃炎(結核、CMV、梅毒等)/ IBDに伴う胃炎/
       寄生虫(アニサキス)による胃炎/急性胃炎(H.pyloriの急性感染)

    第3章 胃癌リスクを考慮した内視鏡所見スコア
     胃癌と背景胃炎の関係/胃癌リスクに関連する内視鏡所見/胃癌リスクの内視鏡所見スコア

    第4章 胃炎内視鏡所見の記載方法
     解説ならびに症例/内視鏡的背景胃粘膜チェック表/
     病理診断と一致する慢性胃炎(背景胃粘膜)の内視鏡診断・分類・記載法

    第5章 診断に苦慮する症例

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...