手術医療の感染対策がわかる本

出版社: ヴァンメディカル
著者:
発行日: 2018-11-25
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784860921347
電子書籍版: 2018-11-25 (初版)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,200 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,200 円(税込)

商品紹介

手術医療の感染対策がわかる本―すべての業務をまるごとコーディネート! 手術室や周術期だけでなく,場所・時間・期間を幅広く網羅した,手術医療の業務全般に対する感染対策を総合的に解説。手術医療における「こんな時どうするの?」に対して,様々なガイドラインや最新のエビデンスより筆者が導き出した,最適・適正な感染対策の答えがこの一冊に集約!

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • Contents
  • 第1章 環境整備
  • (1) 手術室の環境整備
  • [1] 環境清掃
  • [2] 空気
  • [3] スクラブと帽子
  • [4] 靴・靴カバー
  • [5] サージカル・スモーク
  • (2) 集中治療室の環境整備
  • [1] 手指の高頻度接触表面
  • [2] 手洗い環境
  • (3) 外科病棟の環境整備
  • [1] 手指の高頻度接触表面
  • [2] 手洗い環境
  • [3] ポータブルトイレ
  • [4] トイレ
  • [5] 浴室
  • 第2章 手術器具や器材の管理
  • (1) 滅菌・消毒・洗浄
  • (2) 滅菌された器具や器材の管理
  • 第3章 隔離を要する患者への対応
  • (1) 隔離を要する患者の手術
  • [1] 空気予防策が必要な患者
  • [2] 飛沫予防策が必要な患者
  • [3] 接触予防策が必要な患者
  • (2) 隔離を要する患者の病室外への搬送
  • [1] 空気予防策が必要な患者
  • [2] 飛沫予防策が必要な患者
  • [3] 接触予防策が必要な患者
  • 第4章 手術部位感染の予防策
  • (1) 手術部位感染の分類と手術創の汚染レベル
  • (2) コンセンサスの得られた手術部位感染の予防策
  • [1] 手術時手洗い
  • [2] 禁煙
  • [3] 手術野の皮膚消毒
  • (3) 議論の多い手術部位感染の予防策
  • [1] 予防抗菌薬
  • [2] 周術期の血糖コントロール
  • [3] 抗菌縫合糸
  • [4] 腸管前処置
  • [5] 創部の消毒
  • 第5章 手術後の発熱
  • (1) 手術中~手術後数日
  • (2) 手術後1週間以内
  • (3) 手術後1週間以降
  • (4) 手術後1ヶ月以降
  • 第6章 手術部位感染の対応
  • (1) 手術部位感染の発生時の対応
  • [1] 洗浄とデブリードマン
  • [2] 創部ドレッシングと陰圧閉鎖療法
  • [3] 抗菌薬
  • (2) 不潔な手術創の対応
  • [1] 陸上での外傷
  • [2] 海水や湖水での外傷
  • 第7章 手術部位感染以外の感染症とその予防
  • (1) 人工呼吸器関連肺炎
  • [1] 人工呼吸器関連肺炎
  • [2] 早期発症型肺炎と晩期発症型肺炎
  • [3] 口腔咽頭の保菌とVAP
  • [4] 声門下域の分泌物
  • [5] 非侵襲的陽圧人工呼吸
  • [6] 呼吸回路
  • [7] 人工鼻
  • (2) カテーテル関連尿路感染
  • [1] 尿道留置カテーテルの適正使用
  • [2] 閉鎖式導尿システム
  • [3] 尿道カテーテルの挿入時の注意点
  • [4] 尿道カテーテルの維持のための注意点
  • (3) カテーテル関連血流感染
  • [1] 血管内カテーテルへの病原体の侵入経路
  • [2] 血管内カテーテルの挿入部位
  • (1) 末梢静脈カテーテル
  • (2) 中心静脈カテーテル
  • [3] マキシマル・バリアプリコーション
  • [4] 血管内カテーテル挿入部の皮膚消毒
  • [5] 血管内カテーテルの挿入部位のドレッシング
  • [6] 血管内カテーテルの交換頻度
  • [7] 輸液ラインの交換
  • (4) クロストリディオイデス・ディフィシル感染症
  • [1] クロストリディオイデス・ディフィシル
  • [2] クロストリディオイデス・ディフィシル感染症
  • [3] CDの芽胞と環境
  • [4] CDIの感染対策
  • [5] CDIの重症度と治療
  • 第8章 手術に関わりのある耐性菌
  • (1) MRSA
  • (2) 緑膿菌
  • (3) アシネトバクター属
  • (4) ESBL産生菌
  • (5) カルバペネム耐性腸内細菌科細菌
  • (6) コアグラーゼ陰性ブドウ球菌
  • 第9章 ワクチン
  • (1) 患者とワクチン
  • (2) 医療従事者とワクチン
  • [1] HBVワクチン
  • [2] インフルエンザワクチン
  • [3] 麻疹・風疹・水痘・ムンプスワクチン
  • 第10章 血液・体液曝露対策
  • (1) 患者から医療従事者への感染防止
  • [1] 血液・体液曝露直後の対応
  • [2] HBV曝露
  • [3] HCV曝露
  • [4] HIV曝露
  • (1) HIV曝露後予防
  • (2) HIV曝露後の経過観察
  • [5] 梅毒曝露
  • (2) 医療従事者から患者への感染防止
  • [1] 「患者⇒医療従事者」と「医療従事者⇒患者」の血液曝露の相違
  • [2] 医療従事者から患者に感染した事例
  • [3] HBV、HCV、HIVに感染している医療従事者と医療行為の制限
  • おわりに
  • Reference Books
  • Index
  • 著者略歴
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...