感染と抗菌薬 21/4 2018年12月号

出版社: ヴァンメディカル
発行日: 2018-12-10
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 03894991
雑誌名:
特集: ブレイクポイントの臨床応用
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,376 円(税込)

目次

  • 特集 ブレイクポイントの臨床応用
       ―3つの基準の上手な使いこなし方

    ●臨床応用のためのブレイクポイントの考え方
      ―3つの基準(国内・CLSI・EUCAST)の比較と使いこなし方

    ●系統別 ブレイクポイントの変化動向と臨床応用のポイント
    (1)ペニシリン系薬
    (2)セフェム系薬
    (3)ニューキノロン系薬
    (4)カルバペネム系薬

    ●ブレイクポイントを活用した日常診療の用法・用量設定
    (1)肺炎
    (2)腎盂腎炎・膀胱炎

    ●抗真菌薬ブレイクポイントを考える
      ―感受性動向・検査法の現状から臨床応用のポイントまで

    ●Topic 新規抗インフルエンザ薬『バロキサビル』の展望
      ―最新のインフルエンザ動向を踏まえて

    ●口腔咽頭カンジダ症治療の新たな選択肢
    第2回 口腔カンジダ症の治療

    ●随感
    思い出ずるままに~医学人生模様(65)

    ●AID Stewardshipと個別支援から見たAFS実践に向けた取り組み
      ―がん・感染症センターにおける活動例―

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...