歯科臨床の羅針盤2 思い込みの歯科医療からの脱却 

出版社: インターアクション
著者:
発行日: 2018-12-17
分野: 歯科学  >  臨床歯科学
ISBN: 9784909066138
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

9,460 円(税込)

商品紹介

日常臨床で陥りがちなさまざまな「思い込み」について語った監修者による座談会をはじめ、インプラント周囲炎、ガイデッドサージェリー、高齢者への歯科治療、根面う蝕、予防、エビデンスとの向き合いかた、そして医療経済など、さまざまな面における「思い込み」と「これから持つべき視点」を解説。また、話題のAAP・EFPによる「歯周炎の新分類」についても詳しく解説。各分野をリードしてきたエキスパート&新進気鋭の臨床家と研究者だから書けた、これからの歯科医療に欠かせない考えかたと対応法が学べる一冊。

目次

  • 最新トピック2018-2019
    変わる歯周炎の分類 ―新たに導入された「ステージ」と「グレード」とは?―

    巻頭座談会
    『思い込みの歯科医療』からの脱却

    PART 1 思い込みの歯科医療からの脱却
     1.「う蝕と歯周病は完治する」という思い込みからの脱却
     2.「治さなければならない」という思い込みからの脱却
     3.「コンピュータガイデッドサージェリーは安全」という思い込みからの脱却
     4.「インプラント周囲炎は予防できない」という思い込みからの脱却
     5.「う蝕は減っている」という思い込みからの脱却
     6.「予防 vs 治療」という思い込みからの脱却
     7.「訪問歯科診療は私の仕事ではない」という思い込みからの脱却
     8.「論文はすべて正しい」という思い込みからの脱却

    PART 2 思い込みの歯科医院経営からの脱却
     1.「補綴治療がなければ歯科医院経営は成り立たない」という思い込みからの脱却
     2.「提供する歯科医療の内容は不変である」という思い込みからの脱却

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...