• HOME
  •  > 
  • 臨床医学:内科
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  周産期医学 Vol.48 2018年増刊号 赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本

周産期医学 Vol.48 2018年増刊号 赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本

出版社: 東京医学社
発行日: 2018-12-15
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 03869881
雑誌名:
特集: 赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本
電子書籍版: 2018-12-15
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

10,120 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

10,120 円(税込)

目次

  • 特集 赤ちゃんとお母さんのためのアレルギー読本

    Q&A
    【総 論】
    〈食物アレルギー〉
    〈消化管アレルギー〉
    〈アトピー性皮膚炎〉
    〈喘息〉
    〈花粉症・鼻炎・結膜炎〉
    〈アナフィラキシー〉

    【お母さん】
    〈総論〉
    〈食物アレルギー〉
    〈アトピー性皮膚炎〉
    〈喘息〉
    〈花粉症・鼻炎・結膜炎〉
    〈その他〉

    【子ども】
    〈総論〉
    〈食物アレルギー〉
    〈消化管アレルギー〉
    〈アトピー性皮膚炎〉
    〈喘息〉
    〈その他〉

    アレルギー総論
     マスト細胞とアレルギー
     アレルギーの検査について
     アレルギー疾患の治療法概論:薬物
     アレルギー疾患の治療法概論:免疫
     アレルギー疾患の治療法概論:環境整備
     妊娠がアレルギー疾患に与える影響
     新生児の免疫学的発達―Developmental immunology
     胎内環境が胎児・新生児の免疫能に及ぼす影響―Developmental immunotoxicology
     母子のマイクロバイオームとアレルギー疾患
     妊娠中からのアレルギー疾患発症予防策
     出生後のアレルギー疾患予防策:環境
     出生後のアレルギー疾患予防策:食事(授乳・離乳食)
     出生後のアレルギー疾患予防策:スキンケア

    産科各論
     妊娠中および授乳期のアレルギー疾患に対する薬物療法
     アレルギー歴の問診法
     アトピー性皮膚炎の管理
     気管支喘息が妊娠経過に及ぼす影響とその対応
     妊娠中のアナフィラキシー(ラテックス・薬剤・ハチ毒)―機序とその対応
     帝王切開中のアナフィラキシー
     口腔アレルギー症候群
     接触皮膚炎
     蕁麻疹
     シックハウス症候群
     アレルギーと早産
     羊水塞栓症
     花粉症

    新生児各論
     新生児・乳児消化管アレルギー:疫学
     新生児・乳児消化管アレルギー:病因および疾患分類
     新生児・乳児消化管アレルギー:診断および治療指針
     新生児・乳児消化管アレルギー:早産低出生体重児と新生児・乳児消化管アレルギー
     慢性肺疾患と気管支喘息
     RSウイルス感染症と気管支喘息
     アトピー性皮膚炎の診断と治療(スキンケア)
     乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の関係
     即時型食物アレルギー

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

Q & A

P.24 掲載の参考文献
P.25 掲載の参考文献
P.28 掲載の参考文献
P.30 掲載の参考文献
1) 秋山一男 : アレルギーとは. 宮本昭正監, 牧野荘平, 馬場實, 奥田稔, 他編 : 臨床アレルギー学 改訂第3版, 南江堂, 東京, 90-95, 2007
2) 日本小児アレルギー学会 : 血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起〔http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=91 (2018年4月20日アクセス) 〕
3) 日本アレルギー学会 : 血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起〔http://www.jsaweb.jp/modules/important/index.php?page=article&storyid=51 (2018年4月20日アクセス) 〕
P.32 掲載の参考文献
P.34 掲載の参考文献
P.38 掲載の参考文献
P.44 掲載の参考文献
P.46 掲載の参考文献
P.48 掲載の参考文献
P.50 掲載の参考文献
1) 大久保公裕 : スギ花粉症およびダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法. 口腔咽頭科 30 : 37-42, 2017
2) 湯田厚司 : 舌下免疫療法のUp to date. 日耳鼻会報 119 : 1373-1378, 2016
3) 米倉修二, 櫻井大樹, 岡本美孝 : アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法. 耳鼻免疫アレルギー 34 : 229-232, 2016
P.52 掲載の参考文献
1) 湯田厚司 : 舌下免疫療法の最新知見-スギ花粉症を中心に-. 日耳鼻会報 120 : 1305-1310, 2017
2) 日本アレルギー学会 : ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引き, メディカルレビュー社, 東京, 2015
3) 大久保公裕 : スギ花粉症およびダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法. 口腔咽頭科 30 : 37-42, 2017
4) 米倉修二, 櫻井大樹, 岡本美孝 : アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法. 耳鼻免疫アレルギー 34 : 229-232, 2016
P.53 掲載の参考文献
1) 日本小児科学会 : ようこそ小児科へ〔https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/yokoso.pdf (2018年7月19日アクセス) 〕
P.54 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会 : 専門医・指導医一覧 (一般用) 〔https://www.jsaweb.jp/modules/specialist/index.php?content_id=6 (2018年7月19日アクセス) 〕
P.56 掲載の参考文献
1) 日本小児臨床アレルギー学会 : 一般の方へ〔http://jspca.kenkyuukai.jp/special/?id=27777 (2018年5月22日アクセス) 〕
2) 益子育代 : アレルギーエデュケーターによる患者教育. アレルギー 61 (8) : 1054-1059, 2012
3) 日本小児臨床アレルギー学会 : エデュケーター制度 〔http://jspca.kenkyuukai.jp/special/?id=24586 (2018年5月22日アクセス) 〕
P.58 掲載の参考文献
1) 衆議院 : アレルギー疾患対策基本法〔http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/housei/18620140627098.htm (2018年5月22日アクセス) 〕
2) 厚生労働省 : アレルギー疾患対策の推進に関する基本的な指針〔http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000176343.pdf (2018年5月22日アクセス) 〕
3) 厚生労働省 : アレルギー疾患医療提供体制の在り方について〔http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000172968.html (2018年5月22日アクセス) 〕
4) 西間三馨 : アレルギー疾患対策基本法とアレルギー診療の均霑化. アレルギー 66 (3) : 190-203, 2017
P.59 掲載の参考文献
1) 竹原和彦 : 続アトピービジネス私論-その後の検証-, 先端医学社, 東京, 2000
2) 朽木誠一郎 : 健康を食い物にするメディアたち-ネット時代の医療情報との付き合い方, ディスカヴァー・トゥエンティワン, 東京, 2018
P.62 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギー診療の手引き 2017」検討委員会 : AMED研究班による食物アレルギー診療の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/care-guide/ (2018年7月20日アクセス) 〕
2) 日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会 : アナフィラキシーガイドライン, 2014〔https://anaphylaxis-guideline.jp/pdf/anaphylaxis_guideline.PDF (2018年7月20日アクセス) 〕
5) Simons FE, Ardusso LR, Bilo MB, et al : アナフィラキシーの評価および管理に関する世界アレルギー機構ガイドライン. アレルギー 62 : 1464-1500, 2013
P.64 掲載の参考文献
1) 今井孝成, 杉崎千鶴子, 海老澤元宏 : 消費者庁「食物アレルギーに関連する食品表示に関する調査研究事業」平成23年即時型食物アレルギー全国モニタリング調査結果報告. アレルギー 65 : 942-946, 2016
P.66 掲載の参考文献
1) 池松かおり, 田知本寛, 杉崎千鶴子, 他 : 乳児期発症食物アレルギーに関する検討 (第2報) -卵・牛乳・小麦・大豆アレルギーの3歳時までの経年的変化. アレルギー 55 : 533-541, 2006
3) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
P.68 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
P.70 掲載の参考文献
1) 本村知華子 : 負荷試験の課題-アスピリンの有用性. 日小児アレルギー会誌 31 : 58-62, 2017
P.72 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの診療の手引き 2014」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの診療の手引き 2014〔https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/manual2014.pdf (2018年2月26日アクセス) 〕
3) 緒方美佳, 宿谷明紀, 杉崎千鶴子, 他 : 乳児アトピー性皮膚炎におけるBifurcated needleを用いた皮膚プリックテストの食物アレルギーの診断における有用性 (第2報) : 牛乳アレルギー. アレルギー 59 : 839-846, 2010
P.74 掲載の参考文献
1) 中島あつ子, 柴崎光衛, 本多なつ絵, 他 : 特異的IgE抗体検査キットMAST IIIとViewアレルギーにおける基礎的性能の比較検討および評価. 医学検査 65 : 557-564, 2016
P.75 掲載の参考文献
3) 高岡有理, 二村昌樹, 坂本龍雄, 他 : 遷延する牛乳アレルギーの予後に関連する因子の検討. アレルギー 59 : 1562-1571, 2010
4) Shibata R, Nishima S, Tanaka A, et al : Usefulness of specific IgE antibodies to ω-5 gliadin in the diagnosis and follow-up of Japanese children with wheat allergy. Ann Allergy Asthma Immunol 107 : 337-343, 2011
P.77 掲載の参考文献
P.80 掲載の参考文献
P.83 掲載の参考文献
P.84 掲載の参考文献
P.86 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの栄養指導の手引き 2011」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養指導の手引き 2011〔http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/h24_kentoukai/2/pdf/7_3.pdf (2018年8月3日アクセス) 〕
P.88 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
P.92 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの栄養指導の手引き 2011」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養指導の手引き 2011〔http://www.bousai.go.jp/taisaku/hinanjo/h24_kentoukai/2/pdf/7_3.pdf (2018年8月3日アクセス) 〕
P.94 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 伊藤浩明 : 食物アレルギーのすべて-基礎から臨床・社会的対応まで, 診断と治療社, 東京, 2016
P.96 掲載の参考文献
P.98 掲載の参考文献
1) 消費者庁食品表示企画課 : 食品表示基準 Q&A, 平成27年3月〔http://www.caa.go.jp/foods/pdf/150331_qa-togo.pdf (2018年7月25日アクセス) 〕
P.100 掲載の参考文献
1) 伊藤浩明監 : 食物アレルギーでも楽しくお出かけできる本 (ぴあ MOOK), ぴあ, 東京, 2015
2) 消費者庁食品表示企画課 : 食品表示基準 Q&A, 平成27年3月〔http://www.caa.go.jp/foods/pdf/150331_qa-togo.pdf (2018年7月25日アクセス) 〕
P.101 掲載の参考文献
1) 消費者庁食品表示企画課 : 食品表示基準 Q&A, 平成27年3月〔http://www.caa.go.jp/foods/pdf/150331_qa-togo.pdf (2018年7月25日アクセス) 〕
P.103 掲載の参考文献
1) 今井孝成, 杉崎千鶴子, 海老澤元宏 : 消費者庁「食物アレルギーに関連する食品表示に関する調査研究事業」平成23年即時型食物アレルギー全国モニタリング調査結果報告. アレルギー 65 : 942-946, 2016
3) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルゲン. 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, pp58-80, 2016
4) 伊藤節子 : 食事療法に生かすことができる調理による食品の低アレルゲン化. 抗原量に基づいて「食べること」を目指す乳幼児の食物アレルギー, 診断と治療社, 東京, pp129-157, 2013
5) 伊藤節子 : 食物アレルギー患者指導の実際. アレルギー 58 : 1490-1496, 2009
P.104 掲載の参考文献
1) 伊藤節子 : 食事療法に生かすことができる調理による食品の低アレルゲン化. 抗原量に基づいて「食べること」を目指す乳幼児の食物アレルギー, 診断と治療社, 東京, pp129-157, 2013
2) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物経口負荷試験 (OFC). 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, pp102-110, 2016
P.105 掲載の参考文献
1) 今井孝成, 杉崎千鶴子, 海老澤元宏 : 消費者庁「食物アレルギーに関連する食品表示に関する調査研究事業」平成23年即時型食物アレルギー全国モニタリング調査結果報告. アレルギー 65 : 942-946, 2016
2) 今井孝成 : 魚卵アレルギー. 海老澤元宏編 : 症例を通して学ぶ年代別食物アレルギーのすべて, 南山堂, 東京, pp158-159, 2013
3) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
P.106 掲載の参考文献
1) 伊藤節子 : 食事療法に生かすことができる調理による食品の低アレルゲン化. 抗原量に基づいて「食べること」を目指す乳幼児の食物アレルギー, 診断と治療社, 東京, pp129-156, 2013
2) 小池由美, 柳田紀之, 今井孝成, 他 : 加熱鶏卵1個が摂取可能になった児に対する全卵マヨネーズ負荷試験. 日小児アレルギー会誌 30 : 562-566, 2016
P.108 掲載の参考文献
1) 小児慢性特定疾病情報センター : 乳糖不耐症〔https://www.shouman.jp/disease/details/12_01_001/ (2018年8月6日アクセス) 〕
2) 厚生労働省難治性疾患研究班, 新生児-乳児アレルギー疾患研究会, 日本小児栄養消化器肝臓病学会ワーキンググループ : 新生児-乳児消化管アレルギー (新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎) 診断治療指針, 2016年1月12日改訂〔http://nrichd.ncchd.go.jp/imal/FPIES/icho/pdf/fpies.pdf (2018年8月6日アクセス) 〕
3) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/tebiki/ (2018年10月17日アクセス) 〕
P.111 掲載の参考文献
1) 竹井真理, 柳田紀之, 浅海智之, 他 : 牛乳アレルギー児に対する食品用乳糖の食物経口負荷試験の検討. 日小児アレルギー会誌 29 : 649-654, 2015
2) 医薬基盤・健康・栄養研究所 : 炭水化物と糖類について〔http://www.nibiohn.go.jp/eiken/kenkounippon21/download_files/other/topics_02.pdf (2018年8月22日アクセス) 〕
3) 消費者庁食品表示企画課 : 別添 アレルゲンを含む食品に関する表示. 食品表示基準 Q&A, 59-61, 平成27年3月 〔http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_labeling_act/pdf/food_labeling_act_180921_0022.pdf (2018年10月17日アクセス) 〕
4) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/tebiki/ (2018年10月17日アクセス) 〕
P.113 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/tebiki/ (2018年10月17日アクセス) 〕
2) 上西一弘, 江沢静子, 梶本雅俊, 他 : 日本人若年成人女性における牛乳, 小魚 (ワカサギ, イワシ), 野菜 (コマツナ, モロヘイヤ, オカヒジキ) のカルシウム吸収率. 日栄・食糧会誌 51 (5) : 259-299, 1998
3) Mailhot G, Perrone V, Alos N, et al : Cow's Milk Allergy and Bone Mineral Density in Prepubertal Children. Pediatrics, 2016 doi : 10.1542/peds. 2015-1742.
P.116 掲載の参考文献
1) 厚生省 : 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令 (昭和26年厚生省令第52号), 1951
2) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 ; 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
3) 文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会 : 日本食品標準成分表 2015年版 (七訂), 2015
P.119 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/tebiki/ (2018年10月18日アクセス) 〕
2) 消費者庁 : 食品表示基準について (平成27年3月30日消食表第139号) 別添アレルゲン関係, 別表 3, 2015〔http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/food_labeling_act/pdf/food_labeling_act_180328_0002.pdf (2018年8月22日アクセス) 〕
3) 環境再生保全機構 : 食物アレルギー物質の食品表示「アレルギー物質別紛らわしい食品・添加物」. すこやかライフ 42 (No27-1), 2013〔https://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/sukoyaka/42/medical/pdf/No42_basic_words.pdf (2018年8月22日アクセス) 〕
P.121 掲載の参考文献
1) 古林万木夫, 田辺創一, 谷内昇一郎 : 醤油醸造における小麦アレルゲンの分解機構. 日小児アレルギー会誌 21 : 96-101, 2007
P.123 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 栄養食事指導. 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, pp113-121, 2016
2) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017〔https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/nutritionalmanual2017.pdf (2018年8月7日アクセス) 〕
3) 消費者庁 : 加工食品のアレルゲン含有量早見表 2016
P.126 掲載の参考文献
P.128 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
3) 原田晋, 森山達哉, 田中昭 : 通常の豆腐では異常なく, おぼろ豆腐や湯葉摂取時のみ症状を認めた1例-豆腐と豆乳の抗原性に関する考察とともに. 皮膚臨床 52 : 1109-1113, 2010
P.130 掲載の参考文献
1) 今井孝成, 杉崎千鶴子, 海老澤元宏 : 消費者庁「食物アレルギーに関連する食品表示に関する調査研究事業」平成23年即時型食物アレルギー全国モニタリング調査結果報告. アレルギー 65 : 942-946, 2016
4) 林直史, 中川朋子, 松井照明, 他 : ピーナッツアレルギーの臨床像とAra h 2特異的IgE抗体検査の診断的有用性に関する検討. アレルギー 67 : 37-45, 2018
P.132 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
3) 伊藤浩明監 : おいしく治す食物アレルギー攻略法, 改訂第2版, 認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク, 愛知, 2018
P.133 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 富川盛光 : 甲殻類・軟体類・貝類アレルギー. 斎藤博久監 ; 海老澤元宏編 : 小児アレルギーシリーズ 食物アレルギー, 診断と治療社, 東京, 2007
3) 伊藤浩明監 : おいしく治す食物アレルギー攻略法, 改訂第2版, 認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク, 愛知, 2018
P.135 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 海老澤元宏 : 魚アレルギー. 斎藤博久監 ; 海老澤元宏編 : 小児アレルギーシリーズ 食物アレルギー, 診断と治療社, 東京, 2007
3) 伊藤浩明監 : おいしく治す食物アレルギー攻略法, 改訂第2版, 認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク, 愛知, 2018
P.137 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 佐藤さくら : ソバアレルギー. 海老澤元宏編 : 症例を通して学ぶ 年代別食物アレルギーのすべて, 改訂2版, 南山堂, 東京, pp200-203, 2018
3) 福田啓伸, 吉原重美 : 食物アレルギー各論 小麦・そば. 小児科診療 78 : 1219-1226, 2015
P.139 掲載の参考文献
1) 三浦孝次 : 食品中の活性物質. 食衛誌 17 (2) : 137-143, 1976
2) 佐々木文彦, 末次勤 : 非アレルギー機序による食物アレルギー様症状 (偽アレルギー反応). 中村晋, 飯倉洋治編 : 最新食物アレルギー, 永井書店, 大阪, pp341-349, 2002
P.140 掲載の参考文献
1) 桑原優, 楠目和代 : 生のヤマイモ摂取により即時型アレルギー反応を示した3例. アレルギー 63 (3-4) : 553, 2014
2) 今井久雄, 関香織, 柳谷典子, 他 : 消化器症状が強く認められたヤマイモアレルギーの一例. アレルギー 58 (3-4) : 436, 2009
3) 伊藤浩明, 森下雅史, 山田緑, 他 : ヤマイモアレルギーの臨床像とIgE抗体測定の意義. 日小児アレルギー会誌 19 (1) : 65-68, 2005
P.141 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会 : 茶のしずく石鹸等に含まれた加水分解コムギ (グルパール 19S) による即時型コムギアレルギーの診断基準 (化粧品中のタンパク加水分解物の安全性に関する特別委員会作成 2011.10.11) 〔http://www.fa.kyorin.co.jp/jsa/jsa_0528_09.pdf (2018年8月9日アクセス) 〕
P.144 掲載の参考文献
1) Coca AF, Cooke RA : On the classification of the phenomena of hypersensitiveness. J Immunol 8 : 163-182, 1923
2) FAACIホームページ : WAO/EAACI Allergy Definitions〔http://www.eaaci.org/attachments/304_English.pdf (2018年9月19日アクセス) 〕
4) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 ; 121-155, 2016
5) 加藤則人 : アレルギーマーチ-オーバービュー. 皮アレルギーフロンテ 15 : 125-128, 2017
P.146 掲載の参考文献
1) 生田大介 : 高級美容クリームより処方薬医療費増, 乏しい危機感 (朝日新聞, 2017年8月31日) 〔https://www.asahi.com/articles/ASK8X55DWK8XUTFL00J.html (2018年8月9日アクセス) 〕
2) 保湿塗り薬の処方急増「お得に美肌」情報拡散, 困った (東京新聞, 2017年10月30日朝刊) 〔http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK201710302000112.html (2018年8月9日アクセス) 〕
3) 健康保険組合連合会 : 医療保障総合政策調査・研究基金事業 政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究 III, 平成29年9月〔https://www.kenporen.com/include/outline/pdf/chosa29_01.pdf (2018年8月9日アクセス) 〕
4) 厚生労働省 : 医療用保湿剤の適正使用について, 外来医療 (その3), 平成29年11月1日, p129〔http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000183042.pdf (2018年8月9日アクセス) 〕
5) 厚生労働省 : IV-8 医薬品, 医療機器, 検査等の適正な評価- (4) ヘパリンナトリウム, ヘパリン類似物質の処方に係る要件の見直し, 個別改定項目について, p491〔http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000193708.pdf (2018年8月9日アクセス) 〕
6) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
P.148 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : トリクロサン等を含む薬用石けんの切替えを促します, 平成28年9月30日〔http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000138223.html (2018年8月9日アクセス) 〕
2) U.S. Food and Drug Administration : FDA issues final rule on safety and effectiveness of antibacterial soaps, September 2, 2016〔https://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm517478.htm (2018年8月9日アクセス) 〕
3) 厚生労働省 : トリクロサンの安全性に関する追加的情報, 平成28年11月28日〔http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000144160.pdf (2018年8月9日アクセス) 〕
P.150 掲載の参考文献
P.151 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017 web. 表3-4 小児喘息患者の成人期予後に関する調査〔http://www.jspaci.jp/modules/journal/index.php?content_id=13 (2018年5月5日アクセス) 〕
P.152 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017 web. 表3-4 小児喘息患者の成人期予後に関する調査〔http://www.jspaci.jp/modules/journal/index.php?content_id=13 (2018年5月5日アクセス) 〕
P.155 掲載の参考文献
1) 堀口伸作, 齋藤洋三 : 栃木県日光地方におけるスギ花粉症Japanese Cedar Pollinosisの発見. アレルギー 13 : 16-18, 74-75, 1964
3) 馬場廣太郎, 中江公裕 : 鼻アレルギーの全国疫学調査 2008 (1998年との比較) -耳鼻咽喉科医およびその家族を対象として. Prog Med 28 : 2001-2012, 2008
6) 原田晋, 松永亜希子, 森山達哉 : スパイスアレルギーの4例-原因抗原に関する解析と共に. 日ラテックスアレルギー研会誌 12 (1) : 87-93, 2008
7) Niinimaki A, Hannuksela M, Makinen-Kiljunen S : Skin prick tests and in vitro immunoassays with native spices and spice extracts. Ann Allergy Asthma Immunol 75 : 280-286, 1995
P.157 掲載の参考文献
P.159 掲載の参考文献
6) 大久保公裕, 滝沢竜太, 後藤穣, 他 : スギ花粉症に対する標準化アレルゲン治療エキスの使用経験-切り替えと新たな開始. アレルギー 50 (6) : 520-527, 2001
P.162 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会 : アナフィラキシーガイドライン, 2014〔https://anaphylaxis-guideline.jp/pdf/anaphylaxis_guideline.PDF (2018年9月13日アクセス) 〕
P.164 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの診療の手引き 2017」検討委員会 : AMED研究班による食物アレルギーの診療の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/care-guide/ (2018年9月13日アクセス) 〕
2) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
3) 今井孝成, 杉崎千鶴子, 海老澤元宏 : アナフィラキシー症状におけるアドレナリン投与のタイミングに関する意識調査. アレルギー 62 (11) : 1515-1521, 2013
4) 日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会 : アナフィラキシーガイドライン, 2014〔https://anaphylaxis-guideline.jp/pdf/anaphylaxis_guideline.PDF (2018年10月16日アクセス) 〕
P.166 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会 : アナフィラキシーガイドライン, 2014〔https://anaphylaxis-guideline.jp/pdf/anaphylaxis_guideline.PDF (2018年9月13日アクセス) 〕
2) 清水麻由, 今井孝成, 宮沢篤生, 他 : 保護者にいかに効果的なエピペン(R) 指導を行うか. アレルギー 64 : 505, 2015
3) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
4) 「食物アレルギーの診療の手引き 2017」検討委員会 : AMED研究班による食物アレルギーの診療の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/care-guide/ (2018年9月13日アクセス) 〕
P.168 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 日本アレルギー学会Anaphylaxis対策特別委員会 : アナフィラキシーガイドライン, 2014〔https://anaphylaxis-guideline.jp/pdf/anaphylaxis_guideline.PDF (2018年9月13日アクセス) 〕
P.172 掲載の参考文献
6) Urata Y, Osuga Y, Izumi G, et al : Interleukin-1β stimulates the secretion of thymic stromal lymphopoietin (TSLP) from endometrioma stromal cells : possible involvement of TSLP in endometriosis. Hum Reprod 27 (10) : 3028-3035, 2012
P.175 掲載の参考文献
P.177 掲載の参考文献
10) Dombrowski MP, Schatz M : ACOG practice bulletin : clinical management guidelines for obstetrician-gynecologists number 90, February 2008 : asthma in pregnancy. Obstet Gynecol 111 (2 Pt 1) : 457-464, 2008
11) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症 2016年版 (改訂第8版), ライフ・サイエンス, 東京, 2015
13) 渡邊荘 : アレルギー性鼻炎・花粉症と妊娠. 臨婦産 68 (5) : 414-419, 2014
16) 寺木祐一 : 妊娠とアトピー性皮膚炎. アレルギー 63 (2) : 147-154, 2014
P.180 掲載の参考文献
2) World Health Organization (WHO) : Prevention of neural tube defects. Standards for maternal and neonatal care. 2006
3) 厚生労働省 : 水溶性ビタミン. 「日本人の食事摂取基準 (2015年版) 策定検討会」報告書, pp194-246, 平成26年3月28日. 〔http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000067134.pdf (2018年8月14日アクセス) 〕
P.183 掲載の参考文献
1) 日本産科麻酔学会ホームページ : 無痛分娩 Q&A〔http://www.jsoap.com/pompier_painless.html〕 (2018年8月14日アクセス), 帝王切開の麻酔 Q&A〔http://www.jsoap.com/pompier_ca_se.html〕 (2018年8月14日アクセス)
2) 日本救急医学会ホームページ : 医学用語解説集〔http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/1103.htm〕 (2018年8月14日アクセス)
3) 光畑裕正, 長谷川淳一, 松元茂, 他 : 周手術期における薬物による即時型過敏反応の疫学および臨床像-麻酔指導病院へのアンケート調査. 麻酔 41 : 1825-1831, 1992
4) 光畑裕正 : 局所麻酔薬のアナフィラキシー. 日ペインクリニック会誌 21 : 2-9, 2014
6) Dong SW, Mertes PM, Petitpain N, et al : Hypersensitivity reactions during anesthesia. Results from the ninth French survey (2005-2007). Minerva Anestesiol 78 : 868-878, 2012
P.186 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 平成23年人口動態統計「死亡数, 性・死因 (死因基本分類) 別」
P.187 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : すこやかな妊娠と出産のために〔http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken10/index.html (2018年8月15日アクセス) 〕
2) 厚生労働省 : 妊産婦のための食生活指針-「健やか親子21」推進検討会報告書, たばことお酒の害から赤ちゃんを守りましょう, 平成18年2月〔http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0201-3a.html (2018年8月15日アクセス)
3) 厚生労働省 : 妊娠中と産後の食事について, 食べ物について知っておいてほしいこと〔http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/ninpu-02.html (2018年8月15日アクセス) 〕
P.188 掲載の参考文献
P.189 掲載の参考文献
P.190 掲載の参考文献
P.191 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
P.192 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 水道水質基準について. 平成十五年厚生労働省令第百一号「水質基準に関する省令」〔http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=415M60000100101&openerCode=1 (2018年8月15日アクセス) 〕
2) 厚生労働省 : 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令及び食品, 添加物等の規格基準の一部改正について, 食安発1222第2号, 平成26年12月22日〔https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000069713.pdf (2018年8月15日アクセス) 〕
3) 柳澤正義監, 母子衛生研究会編 : 授乳・離乳の支援ガイド実践の手引き, 母子保健事業団, 東京, 2008
P.193 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 : 鶏卵アレルギー発症予防に関する提言, 2017年6月〔http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=205 (2018年8月15日アクセス) 〕
P.195 掲載の参考文献
P.197 掲載の参考文献
1) 寺木祐一 : 妊娠性痒疹. 玉置邦彦, 飯塚一 : 最新皮膚科学体系 3巻, 中山書店, 東京, pp112-115, 2002
2) 市川雅子, 川上理子 : 発疹・痒み. 産と婦 70 (1) : 105-110, 2003
P.199 掲載の参考文献
P.201 掲載の参考文献
1) 日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎ガイドライン委員会 : アトピー性皮膚炎ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 (2) : 121-155, 2016
3) 市川雅子, 川上理子 : 発疹・痒み. 産と婦 70 (1) : 105-110, 2003
P.203 掲載の参考文献
1) 日本皮膚科学会, 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会, 手湿疹診療ガイドライン委員会 : 手湿疹診療ガイドライン. 日皮会誌 128 (3) : 367-386, 2018
2) 日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎ガイドライン委員会 : アトピー性皮膚炎ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 (2) : 121-155, 2016
P.205 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会 : 喘息予防・管理ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
P.209 掲載の参考文献
1) 渡邉央美 : OTC薬・漢方薬・サプリメント. 伊藤真也, 村島温子編 : 妊娠と授乳, 改訂2版, 南山堂, 東京, pp516-521, 2015
P.210 掲載の参考文献
1) 酒井隆全 : 飲み薬でなく点鼻薬と目薬が出されたのはなぜですか? 調剤と情報 23 : 2100-2104, 2017
P.211 掲載の参考文献
1) 寺田哲也 : 妊娠とアレルゲン免疫療法. アレルギー 63 : 743-747, 2014
P.213 掲載の参考文献
1) 鈴木加余子, 松永佳代子, 矢上晶子, 他 : ジャパニーズスタンダードアレルゲン (1994) の2005年度~2007年度陽性率とジャパニーズスタンダードアレルゲン (2008) の2009年度陽性率. J Environ Dermatol Cutan Allergol 6 : 67-84, 2012
2) 足立厚子, 堀川達弥 : 金属アレルギーの治療. 皮アレルギーフロンテ 3 : 157-161, 2005
3) Adachi A, Horikawa T : Metal Contact Allergy and Syslematic Metal Allergy. Enciron Dermatol 12 : 1-8, 2005
P.215 掲載の参考文献
1) 鈴木加余子, 松永佳代子, 矢上晶子, 他 : ジャパニーズスタンダードアレルゲン (1994) の2005年度~2007年度陽性率とジャパニーズスタンダードアレルゲン (2008) の2009年度陽性率. J Environ Dermatol Cutan Allergol 6 : 67-84, 2012
2) 西岡和恵 : 理・美容師の皮膚障害. J Environ Dermatol Cutan Allergol 1 : 181-188, 2007
3) 小泉明子, 瀧田祐子, 西岡和恵 : 染毛剤皮膚炎73例の臨床的およびパッチテストによる検討. J Environ Dermatol Cutan Allergol 11 (2) : 130-137, 2017
P.217 掲載の参考文献
1) 日本ラテックスアレルギー研究会 : ラテックスアレルギー安全対策ガイドライン2013~化学物質による遅延型アレルギーを含む~, 協和企画, 東京, 2013
2) 松永佳世子編 : ラテックスアレルギーのすべて, Visual Dermatology別冊, 秀潤社, 東京, pp58-87, 2007
3) 松永佳世子 : プリックテストのすすめ. 日臨皮医会誌 63 : 54-58, 2000
P.223 掲載の参考文献
P.224 掲載の参考文献
P.228 掲載の参考文献
1) 安枝浩 : ダニアレルゲンの免疫生物学とアレルギー疾患. アレルギー 57 : 807-815, 2008
3) 荒木敦子, アイツバマイ ゆふ, KETEMA Rahel Mesfin, 他 : 室内環境中のハウスダストによる健康影響. 日衛誌 73 : 130-137, 2018
4) 福冨友馬 : 家塵ダニアレルゲンの特性と回避指導の実際. 喘息・アレルギー 29 : 10-14, 2016
5) 関明彦, 瀧川智子, 岸玲子, 他 : シックハウス症候群に係わる医学的知見の整理. 日衛誌 62 : 939-948, 2007
P.231 掲載の参考文献
P.233 掲載の参考文献
P.234 掲載の参考文献
P.237 掲載の参考文献
P.238 掲載の参考文献
P.241 掲載の参考文献
P.243 掲載の参考文献
P.245 掲載の参考文献
P.247 掲載の参考文献
P.253 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」検討委員会 ; 海老澤元宏 (研究代表者) : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017, 2017〔https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/nutritionalmanual2017.pdf (2018年8月16日アクセス) 〕
2) 高増哲也 : 食物アレルギー. 鈴木壱知, 丸山道生, 藤谷順子, 他監 : 臨床栄養認定管理栄養士のためのガイドブック, 東京医学社, 東京, pp207-212, 2016
3) 高増哲也 : 総説 : 食物アレルギーの患者を支えるために. 臨栄 132 : 930-935, 2018
4) 厚生労働省 : 母子健康手帳の様式について, 省令様式〔https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/s2016_10.pdf (2018年8月16日アクセス) 〕
P.255 掲載の参考文献
1) 高増哲也 : 食物アレルギー発症予防のための離乳食の早期導入. Proの立場から. 喘息・アレルギー 30 : 186-190, 2017
2) 厚生労働省 : 授乳・離乳の支援ガイド, 平成19年3月14日〔https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0314-17.pdf (2018年8月16日アクセス) 〕
3) 福家辰樹, 大矢幸弘, 海老澤元宏, 他 : 鶏卵アレルギー発症予防に関する提言. 日小児アレルギー会誌 31 : i-x, 2017
4) 今井孝成, 杉崎千鶴子, 海老澤元宏 : 消費者庁「食物アレルギーに関連する食品表示に関する調査研究事業」平成23年即時型食物アレルギー全国モニタリング調査結果報告. アレルギー 65 : 942-946, 2016
P.257 掲載の参考文献
1) 高増哲也 : 食物アレルギーの病態・診断・治療. Nutrition Care 9 : 206-211, 2016
2) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017」検討委員会 ; 海老澤元宏 (研究代表者) : 厚生労働省科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2017〔https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/nutritionalmanual2017.pdf (2018年8月16日アクセス) 〕
3) 高増哲也 : 食物アレルギー. 高増哲也, 深津章子編 : チームで実践!! 小児臨床栄養マニュアル, 文光堂, 東京, pp152-154, 2012
P.259 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 : 「一般向けエピペン(R) の適応」決定のご連絡, 2013年7月24日〔http://www.jspaci.jp/modules/membership/index.php?page=article&storyid=63 (2018年8月24日アクセス) 〕
2) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
4) 厚生労働省 : 保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表〔https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/pdf/hoiku03_005.pdf (2018年8月24日アクセス) 〕
P.261 掲載の参考文献
P.263 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
2) 小林貴江, 漢人直之, 羽根田泰宏, 他 : 鶏卵経口負荷試験陽性者に対する除去解除を目指した食事指導 (第2報). 日小児アレルギー会誌 27 : 692-700, 2013
3) 福家辰樹, 大矢幸弘, 海老澤元宏, 他 : 鶏卵アレルギー発症予防に関する提言. 日小児アレルギー会誌 31 : i-x, 2017
P.265 掲載の参考文献
1) 今西二郎 : 統合医療 : 一人ひとりに合った医療を目指して (VIII). 環境と健康 28 : 175-184, 2015
P.266 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会 ; 海老澤元宏, 伊藤浩明, 藤澤隆夫 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, pp67-68, 163-164, 2016
P.269 掲載の参考文献
1) 環境再生保全機構ERCA (エルカ) : ぜんそく予防のために 食物アレルギーを正しく知ろう〔https://www.erca.go.jp/yobou/pamphlet/form/00/archives_28216.html (2018年4月15日アクセス) 〕
P.271 掲載の参考文献
1) 三浦克志 : 震災時を振り返ったアレルギー児への支援活動 (医療者の立場から). 日小児難治喘息・アレルギー会誌 14 (3) : 290-293, 2016
2) 日本小児アレルギー学会 : 災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット (改訂版) ・ポスター〔http://www.jspaci.jp/modules/gcontents/index.php?content_id=13 (2018年4月15日アクセス) 〕
P.273 掲載の参考文献
1) 「食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2008」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの栄養食事指導の手引き 2008, 2008〔https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/nutritionalmanual2008.pdf (2018年11月8日アクセス) 〕
2) 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会編 : 小児アレルギーエデュケーターテキスト-実践編, 改訂第2版, 診断と治療社, 東京, 2016
P.287 掲載の参考文献
1) 厚生労働省好酸球性消化管疾患研究班, 日本小児アレルギー学会, 日本小児栄養消化器肝臓学会 : 新生児・乳児食物蛋白誘発胃腸症 Minds 準拠診療ガイドライン (実用版), 2018年5月25日〔https://www.egid.jp/index/guideline (2018年10月24日アクセス) 〕
2) 難病情報センター : 好酸球性消化管疾患 (新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎) (指定難病 98) 〔http://www.nanbyou.or.jp/entry/3932 (2018年10月24日アクセス) 〕
P.291 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
2) 大矢幸弘 : 小児アトピー性皮膚炎の治療と生活指導. Mebio 32 : 70-74, 2015
P.293 掲載の参考文献
1) 日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドライン作成委員会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016年度版. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
2) 馬場直子 : 小児アトピー性皮膚炎の治療のポイント-母親をよき治療者に. 医学のあゆみ 256 : 65-73, 2016
P.294 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
2) 佐伯秀久 : 小児アトピー性皮膚炎-ガイドラインを中心に-. ENTONI 204 : 45-52, 2017
P.296 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
2) 大塚藤男著, 上野賢一原著 : 皮膚科学, 第10版, 金芳堂, 京都, 2016
P.298 掲載の参考文献
1) 清水宏 : 乳児湿疹. あたらしい皮膚科学, 第2版, 中山書店, 東京, p116, 2011
2) 吹角隆之, 古林榮次郎, 青木敏之, 他 : 乳児湿疹の消長と季節の影響-1年に亘る保健所の4カ月, 10カ月乳児健診の結果. アレルギー 54 : 455-463, 2005
P.300 掲載の参考文献
1) 厚生労働科学研究「アトピー性皮膚炎の患者数の実態及び発症・悪化に及ぼす環境因子の調査に関する研究」 (主任研究者 : 山本昇壯) 平成12-14年度総合研究報告書, 2003
3) Danso MO, van Drongelen V, Mulder A, et al : TNF-α and Th2 cytokines induce atopic dermatitis-like features on epidermal differentiation proteins and stratum corneum lipids in human skin equivalents. J Invest Dermatol 134 : 1941-1950, 2014
P.302 掲載の参考文献
P.304 掲載の参考文献
P.306 掲載の参考文献
P.308 掲載の参考文献
P.310 掲載の参考文献
P.312 掲載の参考文献
P.315 掲載の参考文献
1) 馬場直子 : 小児における光線過敏性皮膚疾患. 小児科 47 : 2027-2032, 2006
2) 森田明理 : 新しい紫外線療法. 日皮会誌 115 : 1591-1597, 2005
P.317 掲載の参考文献
P.319 掲載の参考文献
P.321 掲載の参考文献
1) 二村昌樹 : スキンケアの意義と方法. 五十嵐隆総編集 ; 大矢幸弘, 馬場直子専門編集 : アトピー性皮膚炎と皮膚疾患 (小児科臨床ピクシス 7), 中山書店, 東京, pp56-57, 2009
2) 金子恵美 : アトピー性皮膚炎の患者教育. 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会編 : 小児アレルギーエデュケーターテキスト実践篇, 改訂第2版, 診断と治療社, 東京, pp51-70, 2016
P.322 掲載の参考文献
1) 環境再生保全機構 : 小児ぜん息等アレルギー疾患eラーニング学習支援ツール〔https://erca.r-cms.jp/ (2018年5月31日アクセス) 〕
2) 金子恵美 : アトピー性皮膚炎の患者教育. 日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会編 : 小児アレルギーエデュケーターテキスト実践篇, 改訂第2版, 診断と治療社, 東京, pp51-70, 2016
P.326 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
P.328 掲載の参考文献
1) 大谷真理子, 大谷道輝, 野澤茜, 他 : 保湿剤の効果に及ぼす塗布量および塗布回数の検討. 日皮会誌 122 : 39-43, 2012
2) 日本アレルギー学会アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
P.329 掲載の参考文献
1) 大谷真理子, 大谷道輝, 野澤茜, 他 : 保湿剤の効果に及ぼす塗布量および塗布回数の検討. 日皮会誌 122 : 39-43, 2012
2) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
5) 大谷道輝, 松元美香, 野澤茜, 他 : ステロイド軟膏と保湿剤の併用による塗布順序が及ぼす局所および全身性副作用への影響. 日皮会誌 123 : 3117-3122, 2013
P.331 掲載の参考文献
1) 平野眞也, 加藤則人, 安野洋一 : 予後からみた成人型アトピー性皮膚炎の重症度の解析. 日皮会誌 105 : 1309-1315, 1995
2) 中川直之, 塚原祐子, 鉄本員章 : アトピー性白内障発症に関与する臨床的危険因子の統計学的検討. あたらしい眼科 17 : 1679-1684, 2000
3) 古江増隆, 川島眞, 古川福実, 他 : アトピー性皮膚炎患者における前向きアンケート調査 (第2報). 臨皮 65 : 83-92, 2001
4) 有川順子, 檜垣祐子, 高村悦子, 他 : アトピー性皮膚炎患者の眼圧と顔面へのステロイド外用療法との関連性についての検討. 日皮会誌 112 : 1107-1110, 2002
P.333 掲載の参考文献
1) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
P.335 掲載の参考文献
1) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
P.337 掲載の参考文献
P.339 掲載の参考文献
2) 川島眞, 林伸和, 乃木田俊辰, 他 : アトピー性皮膚炎の寛解維持における保湿剤の有用性の検討. 日皮会誌 117 : 1139-1145, 2007
P.340 掲載の参考文献
1) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
P.342 掲載の参考文献
1) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
P.343 掲載の参考文献
1) 西間三馨, 森川昭広監 : 小児のアトピー性皮膚炎, 現代医療社, 東京, 2004
2) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
P.344 掲載の参考文献
1) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
P.345 掲載の参考文献
P.347 掲載の参考文献
P.348 掲載の参考文献
P.350 掲載の参考文献
P.351 掲載の参考文献
P.352 掲載の参考文献
P.355 掲載の参考文献
P.357 掲載の参考文献
P.359 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, 2017
P.360 掲載の参考文献
P.365 掲載の参考文献
P.367 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 人口動態調査〔http//www.mhlw.go.jp/toukei/list/81-1.html (2018年8月24日アクセス) 〕
2) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, pp24-37, 2017
P.369 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, pp24-37, 2017
2) 高瀬真人, 坂田宏, 鹿田昌宏, 他, 日本小児呼吸器疾患学会肺機能検討委員会 : 日本人小児におけるスパイログラム基準値の作成 (最終報告). 日小児呼吸器会誌 19 : 164-176, 2009
P.371 掲載の参考文献
1) 漢人直之, 小田嶋博, 林大輔, 他 : 喘鳴を繰り返す乳幼児における誤嚥の検討. 日小児会誌 113 : 923-927, 2009
2) 林大輔, 小田嶋博, 漢人直之 : 嚥下障害により喘鳴が認められた児の気道過敏性の推移. 日小児アレルギー会誌 24 : 225-230, 2010
P.373 掲載の参考文献
P.374 掲載の参考文献
P.376 掲載の参考文献
2) 山崎新, 島正之 : 局地的大気汚染の健康影響に関する疫学調査 (そらプロジェクト). 呼吸器内科 25 (6) : 549-555, 2014
P.378 掲載の参考文献
1) 厚生労働省健康局健康課 : 禁煙支援マニュアル (第二版) 増補改訂版, 平成30年5月〔http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en-sien/ (2018年9月11日アクセス) 〕
2) 森山和郎, 中村正和 : 妊産婦と小さな子どもを持つお母さんに対する禁煙サポート指導者マニュアル, 法研, 東京, 2004〔http://www.osaka-ganjun.jp/effort/cvd/training/teaching-materials/publishing.html (2018年9月11日アクセス) 〕
P.380 掲載の参考文献
2) 戸次加奈江, 稲葉洋平, 内山茂久, 他 : 加熱式タバコと燃焼式タバコの主流煙中に含まれる有害成分の比較. 産業医大誌 39 (3) : 201-207, 2017
3) 日本禁煙推進医師歯科医師連盟 : 加熱式タバコに対する運営委員会緊急声明 (改訂版), 平成29年10月16日〔http://www.nosmoke-med.org/wp/wp-content/uploads/2015/11/171101_運営委員会緊急声明_v2.pdf (2018年9月11日アクセス) 〕
P.382 掲載の参考文献
1) 竹内武昭 : 喫煙行動 (禁煙指導) と行動医学. 行動医研 19 (2) : 59-63, 2013
2) 厚生労働省健康局健康課 : 禁煙支援マニュアル (第二版) 増補改訂版, 平成30年5月〔http://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en-sien/ (2018年9月11日アクセス) 〕
3) 松田隆 : 小児科医としての受動喫煙防止活動. 外来小児 21 (1) : 64-71, 2018
P.383 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, 2017
P.387 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, 2017
P.389 掲載の参考文献
P.391 掲載の参考文献
P.393 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, 2017
2) Saag KG, Furst DE, Barnes PJ : Major side effects of inhaled glucocorticoids. UpToDate〔https://www.uptodate.com/contents/major-side-effects-of-inhaled-glucocorticoids (2018年8月29日アクセス) 〕
P.395 掲載の参考文献
P.397 掲載の参考文献
P.399 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, 2017
2) 吉原重美, 小野三佳 : 吸入ステロイドの使い分けについて教えてください. 小児科診療 74 : 1949-1952, 2011
P.401 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, 2017
2) 大林浩幸 : 患者吸入指導のコツと吸入デバイス操作法のピットホール改訂版, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2012
P.403 掲載の参考文献
P.405 掲載の参考文献
8) 南部光彦 : アレルギー児における屋内アレルゲン対策. 日小児アレルギー会誌 24 (2) : 203-216, 2010
9) 堀内康生, 木寺克彦, 志野和子, 他 : 防ダニ布団カバー使用によるダニ感作喘息児の臨床経過. 日小児アレルギー会誌 4 (1) : 15-21, 1990
P.407 掲載の参考文献
10) 日本小児アレルギー学会 ; 濱崎雄平, 河野陽一, 海老澤元宏, 他 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2012, 協和企画, 東京, 2011
P.409 掲載の参考文献
1) 東川昌紀, 西間三馨 : 喘息と身体活動. 日本臨牀 58 (増刊 5) : 505-509, 2000
3) 飯倉洋治, 今井孝成, 酒井菜穂, 他 : ぜん息児と水泳. 臨スポーツ医 18 (6) : 722-723, 2001
P.411 掲載の参考文献
1) 宇佐神篤, 山本恵理, 杉本昌利 : 主な花粉症原因植物とその時期について教えてください. JOHNS 25 : 321-323, 2009
2) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版, 改訂第8版, ライフ・サイエンス, 東京, 2015
3) 大久保公裕 : 適格な花粉症治療のために (第2版), 厚生労働科学研究費補助金免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業〔http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000077514.pdf (2018年4月22日アクセス) 〕
P.413 掲載の参考文献
P.415 掲載の参考文献
1) 石戸谷淳一 : アレルギー性鼻炎と類似疾患の鑑別診断はどのように行うのか教えてください. JOHNS 25 : 353-355, 2009
2) 北野雅子, 竹内万彦 : 子どもがよくかぜをひくと思っていたら, アレルギー性鼻炎と言われました. かぜとアレルギー性鼻炎はどのようにして見分ければよいのですか? JOHNS 26 : 1410-1411, 2010
3) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版, 改訂第8版, ライフ・サイエンス, 東京, 2015
P.417 掲載の参考文献
1) 岡本美孝 : アレルギー性鼻炎の現状と治療の課題. ENTONI (193) : 1-6, 2016
2) 藤枝重治 : これからのアレルギー性鼻炎対策 総論. ENTONI (180) : 1-7, 2015
3) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版, 改訂第8版, ライフ・サイエンス, 東京, 2015
P.419 掲載の参考文献
1) 大塚康司 : アレルギー性鼻炎の低年齢化と増加の現状にどう対応するか? JOHNS 28 : 400-401, 2012
2) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版, 改訂第8版, ライフ・サイエンス, 東京, 2015
3) 環境省 : 環境省花粉観測システム (はなこさん) 〔http://kafun.taiki.go.jp/ (2018年8月31日アクセス) 〕
4) 高畑淳子 : 花粉症予測の現況. JOHNS 32 : 715-716, 2016
P.421 掲載の参考文献
1) 大久保公裕, 奥田 稔 : 花粉防御器具の有用性. 医薬ジャーナル 37 : 117-121, 2001
2) 嶋崎雄一, 菊池 茂 : 花粉症グッズの種類とその有用性について教えてください. JOHNS 25 : 443-445, 2009
3) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版, ライフ・サイエンス, 東京, pp40-41, 2015
4) 環境省 : 花粉症環境保健マニュアル. 2014
P.423 掲載の参考文献
1) 嶋崎雄一, 菊池茂 : 花粉症グッズの種類とその有用性について教えてください. JOHNS 25 : 443-445, 2009
2) 大久保公裕, 奥田稔 : 花粉防御器具の有用性. 医薬ジャーナル 37 : 117-121, 2001
3) 環境省 : 花粉症環境保健マニュアル, 2014
4) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年度版, ライフ・サイエンス, 東京, pp40-41, 2015
5) 榎本雅夫, 井出武 : 花粉グッズの有用性とその評価. アレルギー科 17 : 53-59, 2004
6) 井出武 : 抗原の回避-花粉症グッズの検証から. 内科 91 : 279-283, 2003
P.425 掲載の参考文献
1) 入間田美保子, 末武光子, 高柳玲子, 他 : 乳幼児鼻副鼻腔疾患に対する簡易鼻洗浄療法の有効性. 日鼻科会誌 38 : 230-234, 1999
2) 工藤典代 : 子どもの鼻汁対策はどのようにしたら良いですか? 山中昇, 加我君孝編 : 今さら聞けない! 小児のみみ・はな・のど診療 Q&A II巻, 全日本病院出版会, 東京, pp51-53, 2015
P.433 掲載の参考文献
1) 環境再生保全機構 : ぜん息などの情報館〔http://www.erca.go.jp/yobou/zensoku/ (2018年8月31日アクセス) 〕
2) 東京都福祉保健局 : 東京都アレルギー情報 navi.〔http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/allergy/ (2018年8月31日アクセス) 〕
P.434 掲載の参考文献
1) 日本アレルギー学会 : 日本アレルギー学会専門医・指導医一覧 (一般用) 〔https://www.jsaweb.jp/modules/ninteilist_general/ (2018年8月31日アクセス) 〕
2) 食物アレルギー研究会 : 食物経口負荷試験実施施設一覧〔https://www.foodallergy.jp/ofc/ (2018年8月31日アクセス) 〕

アレルギー総論

P.441 掲載の参考文献
P.448 掲載の参考文献
1) 日本小児アレルギー学会 : 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, pp70-88, 2017
2) 日本小児アレルギー学会 : 食物アレルギー診療ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, pp81-101, 2016
3) 木村光明 : 食物アレルギーのin vitro診断. 日小児アレルギー会誌 28 : 193-200, 2014
4) 「食物アレルギーの診療の手引き 2014」検討委員会 : 厚生労働科学研究班による食物アレルギーの診療の手引き 2014, 2014〔https://www.foodallergy.jp/wp-content/themes/foodallergy/pdf/manual2014.pdf (2018年10月2日アクセス) 〕
5) 日本アレルギー学会アトピー性皮膚炎ガイドライン専門部会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
P.454 掲載の参考文献
1) 黒沢元博 : 治療学総論抗アレルギー薬, 抗ヒスタミン薬. 宮本昭正監 : 臨床アレルギー学, 改訂第3版, 南江堂, 東京, pp239-260, 2007
2) 日本アレルギー学会 : アレルギー総合ガイドライン 2016, 協和企画, 東京, 2016
3) 吉原茂美 : クロモグリク酸ナトリウム (DSCG). ニューロペプタイド研究会編 : こどもの咳嗽診療ガイドブック, 診断と治療社, 東京, pp148-150, 2011
P.459 掲載の参考文献
1) Muraro A, Roberts G : EAACI GUIDELINES Allergen Immunotherapy Guidelines Part 2 : Recommendations, 2017
5) 日本アレルギー学会「ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引き」作成委員会 : ダニアレルギーにおけるアレルゲン免疫療法の手引き (改訂版), 日本アレルギー学会, 2018
P.465 掲載の参考文献
1) 谷口正実, 福冨友馬監修 : 吸入性アレルゲンの同定と対策, メディカルレビュー社, 東京, 2014
1) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 第5章 治療. 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版 (改訂第8版), ライフサイエンス, 東京, pp35-70, 2015
2) 日本小児アレルギー学会 ; 荒川浩一, 足立雄一, 海老澤元宏, 他 : 第4 章危険因子とその予防. 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017, 協和企画, 東京, pp52-67, 2017
2) 小屋二六, 永倉俊和編 : 気管支ぜん息に関わる家庭内吸入性アレルゲン-現在の知見とその対策, メディカルレビュー社, 東京, 1998
3) 加藤則人, 佐伯秀久, 中原剛士, 他 ; 日本皮膚科学会 : アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016年版. 日皮会誌 126 : 121-155, 2016
4) 鼻アレルギー診療ガイドライン作成委員会 : 第4章 検査・診断. 鼻アレルギー診療ガイドライン-通年性鼻炎と花粉症-2016年版 (改訂第8版), ライフサイエンス, 東京, pp20-34, 2015
5) 足立満, 太田健, 東田有知, 他 : 日本における喘息患者実態電話調査 2011. アレルギー・免疫 19 (10) : 1562-1570, 2012
7) 小田嶋博, 広瀬隆士, 西間三馨 : 大気汚染物質 (浮遊粒子物質, 二酸化窒素) と気管支喘息発作入院数との関連. アレルギー 44 : 160-169, 1995
P.470 掲載の参考文献
P.475 掲載の参考文献
3) Peter Parham著, 笹月健彦監訳 : エッセンシャル免疫学, メディカルサイエンス・インターナショナル, 東京, pp227-277, 2007
5) Miller ME : Phagocyte function in the neonate : selected aspects. Pediatrics 64 (5 Pt 2 Suppl) : 709-712, 1979
7) 高田英俊 : 胎児・新生児の免疫系の発達とその機能-自然免疫系. 周産期医学 44 (増刊) : 263-267, 2014
8) 矢田純一 : 医系免疫学, 改訂9版, 中外医学社, 東京, pp186-194, 2005
10) 谷内江昭宏 : 胎児・新生児の免疫系の発達とその機能-獲得免疫系. 周産期医学 44 (増刊) : 257-262, 2014
11) 高橋尚人 : 胎児期・新生児期の免疫の発達. チャイルドヘルス 16 (9) : 618-621, 2013
12) 満生紀子 : 小児の免疫系の発達とその機能-総論. 周産期医学 44 (増刊) : 252-256, 2014
13) 磯田健志, 森尾友宏, 水谷修紀 : 母体と児の免疫- 新生児の免疫. 臨床と微生物 38 (6) : 637-642, 2011
14) 矢田純一 : 医系免疫学, 改訂9版, 中外医学社, 東京, pp596-607, 2005
P.479 掲載の参考文献
P.485 掲載の参考文献
5) Strachan DP : Hay fever, hygiene, and household size. BMJ 299 : 1259-1260, 1989
10) Sudo N, Sawamura S, Tanaka K, et al : The requirement of intestinal bacterial flora for the development of an IgE production system fully susceptible to oral tolerance induction. J Immunol 159 : 1739-1745, 1997
13) Nagata S : Effects of continuous intake of Lactobacillus casei strain Shirota for controlling infections and normalizing bowel movements in facilities for the elderly. In Ramakrishna BS, Nair BG, Takeda Y (eds) : Probiotics, Microbiome and Gut Function-Transforming health and well-being, Elsevier・India, pp99-106, 2015
18) Gomez-Arango LF, Barrett HL, Wilkinson SA, et al : Low dietary fiber intake increases Collinsella abundance in the gut microbiota of overweight and obese pregnant women. Gut Microbes, 2017 doi : 10.1080/19490976.2017.1406584
33) Roze JC, Barbarot S, Butel MJ, et al : An α-lactalbuminenriched and symbiotic-supplemented v. a standard infant formula : a multicentre, double-blind, randomised trial. Br J Nutr 107 : 1616-1622, 2012
P.490 掲載の参考文献
3) 斎藤博久 : 次世代のためのアレルギー疾患発症の予防戦略. アレルギー 65 : 1264-1268, 2016
P.496 掲載の参考文献