死亡診断書・出生証明書・死産証書 記入マニュアル 平成7年版

出版社: 厚生労働統計協会
著者:
発行日: 1995-02-28
分野: 医学一般  >  制度(法/経済)
ISBN: 9784875110859
電子書籍版: 1995-02-28 (第1版第1刷)
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

平成2年採択されたIDC-10における、死亡診断書の書式改訂等の勧告を契機とした新しい書式・様式による死亡診断書等の記入方法を整理するとともに、「第10回修正国際疾病障害死因分類」を紹介。

目次

  • 表紙
  • 序に代えて
  • 目次
  • I 死亡診断書 ( 死体検案書 ) の記入マニュアル
  • 1 死亡診断書 ( 死体検案書 ) の意義
  • 2 死亡診断書と死体検案書の使い分け
  • 3 作成に当たっての留意事項
  • (1) 一般的注意
  • (2) 氏名・性・生年月日
  • (3) 死亡したとき
  • (4) 死亡したところ及びその種別
  • (5) 死亡の原因
  • (6) 死因の種類
  • (7) 外因死の追加事項
  • (8) 生後1年未満で病死した場合の追加事項
  • (9) その他特に付言すべきことがら
  • (10) 「診断 ( 検案 ) 年月日」等
  • 4 その他の留意事項
  • (1) 人口動態調査への協力について
  • (2) 死亡診断書 ( 死体検案書 ) の取扱いについて
  • 5 Q & A
  • 6 記入例示
  • II 出生証明書及び死産証書 ( 死胎検案書 ) の記入マニュアル
  • 1 出生証明書及び死産証書 ( 死胎検案書 ) の意義
  • 2 出生証明書作成に当たっての留意事項
  • (1) 一般的注意
  • (2) 生まれたとき
  • (3) 出生したところ及びその種別
  • (4) 体重及び身長
  • (5) 単胎・多胎の別
  • (6) 母の氏名及び妊娠週数
  • (7) この母の出産した子の数
  • 3 死産証書 ( 死胎検案書 ) 作成に当たっての留意事項
  • (1) 一般的注意
  • (2) 妊娠週数
  • (3) 死産があったとき
  • (4) 死産児の体重及び身長
  • (5) 胎児死亡の時期
  • (6) 死産があったところ及びその種別
  • (7) 単胎・多胎の別
  • (8) 死産の自然人工別
  • (9) 自然死産の原因若しくは理由又は人工死産の理由
  • (10) 胎児手術の有無
  • (11) 死胎解剖の有無
  • (12) 「証明 ( 検案 ) 年月日」等
  • 4 その他の留意事項
  • (1) 人口動態調査への協力について
  • (2) 死産証書 ( 死胎検案書 ) の取扱いについて
  • 5 Q & A
  • 6 記入例示
  • III 死亡診断書・出生証明書・死産証書から死因 ( 死産 ) 統計作成まで
  • IV 関係法令
  • V ICD - 10の概要及び日本で使用する分類表
  • 1 ICD - 10の概要
  • 2 死因コーディングについてのルール及びガイドライン
  • (1) 死因コーディングについてのルール及びガイドライン
  • (2) 死亡統計製表のための原死因の選択手順
  • 3 日本で使用する分類表
  • (1) 疾病、傷害及び死因の統計分類基本分類表
  • (2) 疾病分類表
  • (3) 死因分類表
  • ( 参考 )
  • 世界保健機関分類規則
  • 定義
  • 奥付
  • 訂正のお願い
  • 「疾病、傷害及び死因分類」の一部改正

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...