食品詐欺の実態と誘因

出版社: 幸書房
著者:
発行日: 2018-05-30
分野: 衛生・公衆衛生  >  食品衛生
ISBN: 9784782104262
電子書籍版: 2018-05-30 (初版第1刷)
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

1,296 円(税込)

商品紹介

食品詐欺に関する種々の報文、新旧の事実をまとめた。

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • 目次
  • 序章 戦前・戦後の日本の食
  • 1. 戦前の日本人の食生活変化
  • 2. 戦中から敗戦頃の食生活と代用食
  • 3. 戦後から近年までの日本人の食生活変化
  • 4. 日本家庭の貧困化が始まった
  • 5. 加工食品の時代
  • 6. 加工食品の定義と「もどき食品」
  • 7. 世界の食品表示改革
  • 8. 食品表示の要件と食の安全性
  • 第1章 食品の偽装を考える
  • 1.1 食品価格が高すぎる日本
  • 1.2 日本では食品詐欺が少ないか ?
  • 1.3 国産偽装の多い日本と韓国 - 島国の特性
  • 1.4 食品詐欺の種類と規模
  • 1.5 世界的にどのような食品詐欺が多いのか
  • 1.6 アメリカの食品詐欺事件の例
  • 1.7 日本での食品詐欺防止体制
  • 1.8 食品詐欺と安全リスク
  • 1.9 日本の不正表示食品
  • 1.10 食品偽装と食品詐欺
  • 1.11 食品の中身に不正がないか
  • 1.12 メニューの虚偽表示は気軽にできた
  • 1.13 食品の不正と健康被害 ( 食品の安全性 )
  • 1.14 改善は少しずつ進んだ
  • 第2章 食品不正の実態
  • 2.1 牛肉の話 - 食品行政を変えたBSE事件
  • 2.2 ウナギの話 - 過去に国産は二~三割だった
  • 2.3 はちみつ ( 蜂蜜 ) の話
  • 2.4 米、そばと麺類の話 - 騙され続けた消費者
  • 2.5 野菜と果物
  • 2.6 有機 ( オーガニック ) 農産物
  • 2.7 食肉とその加工品
  • 2.8 魚類と水産食品
  • 2.9 果汁、茶、種々の加工食品
  • 2.10 酒類の不思議
  • 2.11 牛乳、乳製品の不正
  • 2.12 油脂類の不正
  • 2.13 農林水産省の食品不正への対応
  • 第3章 世界に遅れた日本の食品表示
  • 3.1 食品表示制度の目的と原則
  • 3.2 世界各国の主要な食品表示改革
  • 3.3 食品表示は消費者のためにある
  • 補遺 : 食べることの大切さ - 食は人の行動を支配する
  • 著者略歴
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...