INTENSIVIST 11/1 2019年

出版社: MEDSi
発行日: 2019-01-01
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 18834833
雑誌名:
特集: 重症感染症2
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

5,060 円(税込)

目次

  • 特集 重症感染症2

    はじめに:重症感染症に対して集中治療医ができること

    Part I. 細菌性疾患
     1.重症ブドウ球菌菌血症に対する治療:日本における最善の治療薬を見極める
    【コラム】MRSAに対するバンコマイシンMIC creepについて:
          感受性試験におけるMIC値を耐性機序をふまえて考察する
    【コラム】抗MRSA薬ceftarolineの使用について:
          開発の経緯,臨床データ,使用の実際を中心に
    【コラム】重症感染症におけるチゲサイクリンの使用について:
          薬剤耐性菌治療,集中治療領域での使用を念頭に
    【コラム】菌血症に対するフォローアップの血液培養について:
          タイミングや頻度,期間について考察する
     2.重症ESBL/AmpC産生菌による感染症:菌と疾患を分けて考えるのが大事
    【コラム】染色体とプラスミド
     3.中心静脈カテーテル関連血流感染症(CLABSI):患者背景を理解しつつ治療を行う
     4.感染性心内膜炎:「診断のポイントと治療・合併症のマネジメント」の実際
     5.偽膜性腸炎:Clostridioides(Clostridium)difficile infection(CDI)への臨床的アプローチ
     6.HAP/VAP:ガイドラインを読み解く
     7.感染性膵壊死:侵襲的介入から,低侵襲のstep-up approachという考え方へ
    【コラム】重症感染症とred eye

    Part II. ウイルス性疾患
     1.インフルエンザに対する治療:抗インフルエンザ薬の種類と薬剤耐性について
     2.ウイルス感染の再活性化:治療・予防戦略は,背景疾患や免疫抑制の程度に応じて変化する
    【コラム】免疫再構築症候群(IRIS)について:3つのphaseを理解する
    【コラム】自動多項目同時遺伝子関連検査システムについて:
          費用対効果とともにメリット・デメリットを考察する

    Part III. 真菌性疾患
     1.侵襲性アスペルギルス症:早期診断・早期治療のためのストラテジー
    【コラム】感染症で用いられるマーカー:β-Dグルカン,プレセプシンについて
     2.侵襲性カンジダ症:診断・リスク評価・検査・抗真菌薬,そのエビデンスを考える
     3.ニューモシスチス肺炎:治療,予防ともに患者の背景疾患・免疫状態を理解することが重要
     
    Part IV. その他のトピック
     1.抗菌薬の薬物動態(PK/PD):PK/PD理論で効果的な抗菌薬投与設計を

    連載

    ■Lefor's Cornor
    第31回:Vascular Access and Hemodynamic Monitoring Part XII.
    Arterial Lines III:Ultrasound-guided Radial Artery Catheterization

    ■え?知らないの?脳・組織局所酸素モニター
    〈シリーズ構成:森實 雅司 済生会横浜市東部病院 臨床工学部〉

    ■国際学会へ行こう!
    Canadian Critical Care Forum

    ■集中治療に関する最新厳選20論文

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...