脳卒中エキスパート 抗血栓療法を究める

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2019-01-30
分野: 臨床医学:内科  >  脳神経科学/神経内科学
ISBN: 9784498328228
電子書籍版: 2019-01-30 (1版1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,620 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

4,620 円(税込)

商品紹介

脳卒中診療における特に重要なテーマについて、各領域の専門家がテーマ毎に1冊で理解できるように詳説するシリーズ第一弾。抗血栓療法に焦点を合わせ、コモンな病型から特殊な病態、高リスクな脳梗塞まで抗血栓療法の奥義をエキスパートが伝授する。力強い内容で、幅広くかつ深く掘り下げられた解説は、病態についての理解を深め、治療や予防にあたって最良の選択をする手助けとなる。

目次

  • 表紙
  • 執筆者
  • 脳卒中エキスパートシリーズの発刊に寄せて
  • 目次
  • I. 脳梗塞の病態に応じて抗血栓療法を究める
  • 1 アテローム血栓症の病態と抗血栓療法
  • 1. 抗血栓療法からみたアテローム血栓症の病態
  • 2. アテローム血栓症の障害血管と抗血栓療法の選択
  • 3. アテローム血栓症急性期の抗血栓療法
  • 4. アテローム血栓症慢性期の抗血栓療法
  • 2 心原性脳塞栓症の病態と抗血栓療法
  • 1. 心原性脳塞栓症の原因疾患
  • 2. 心房細動の病態と抗血栓薬の選択
  • 3. 心房細動を伴わない弁膜症と人工弁
  • 4. その他の心疾患
  • 3 小血管病 : 古典的ラクナ梗塞と分枝粥腫病 ( branch atheromatous disease )
  • 1. ラクナ梗塞とは
  • 2. ラクナ梗塞の臨床症状
  • 3. ラクナ梗塞の定義と臨床診断
  • 4. ラクナ梗塞の危険因子
  • 5. ラクナ梗塞の発症機序
  • 6. 分枝粥腫病 ( BAD ) とは
  • 7. 分枝粥腫病の定義と診断
  • 8. 分枝粥腫病の疫学
  • 9. 分枝粥腫病の臨床症状の特徴
  • 10. 分枝粥腫病の危険因子
  • 11. 分枝粥腫病の病態と画像診断
  • 12. ラクナ梗塞および分枝粥腫病の急性期治療
  • 13. ラクナ梗塞および分枝粥腫病の慢性期再発治療と転帰
  • 4 脳動脈解離と抗血栓療法
  • 1. 脳動脈解離とは
  • 2. 脳動脈解離の症状
  • 3. 脳動脈解離の診断
  • 4. 脳動脈解離の治療
  • 5. 脳動脈解離に対する抗血栓療法
  • 5 無症候性脳梗塞, 無症候性頸部・頭蓋内脳動脈狭窄・閉塞
  • 1. 無症候性脳梗塞の診断および臨床的意義
  • 2. 無症候性脳梗塞に対する治療方針
  • 3. 無症候性頸動脈狭窄・閉塞の臨床的意義とその診断
  • 4. 無症候性頸動脈狭窄・閉塞に対する治療方針
  • 5. 無症候性頭蓋内動脈狭窄・閉塞の臨床的意義とその診断
  • 6. 無症候性頭蓋内動脈狭窄・閉塞に対する治療方針
  • II. 抗血小板療法・抗凝固療法を究める
  • 1 抗血小板薬の特徴と使い分け
  • 1. 抗血小板薬の作用機序
  • 2. 脳梗塞治療における抗血小板療法
  • 2 DAPTの有効性と安全性
  • 1. アスピリンの効果と限界
  • 2. 急性期の強化抗血栓療法
  • 3. 抗血小板薬併用療法
  • 4. 抗血小板薬併用療法と単剤療法の比較 : メタ解析
  • 5. 急性期DAPTの積極的適応
  • 3 ワルファリンおよびDOACの特徴と使い分け
  • 1. 経口抗凝固薬の適応
  • 2. 各種経口抗凝固薬の特徴
  • 3. ワルファリンとDOACの使い分け
  • 4. 抗凝固療法の基本
  • 4 抗凝固療法と抗血小板療法の併用
  • 1. 血栓止血学的にみた, 抗凝固療法と抗血小板療法の併用
  • 2. 併用する場合の両治療法の投与設定は ?
  • III. 特殊な状況・疾患における抗血栓療法を究める
  • 1 抗血栓療法中の出血性事象への対処法
  • 1. 抗血栓療法中脳内出血の治療と抗血栓薬再開のめど
  • 2. 観血的処置のための抗血栓薬の一時中断や中和, またその再開について
  • 3. 脳梗塞超急性期アルテプラーゼ・機械的血栓除去術のための抗凝固薬の中和について
  • 2 脳微小出血, アミロイド血管症を合併した症例での抗血栓療法
  • 1. 脳微小出血とは ?
  • 2. 脳微小出血と脳血管障害発症リスク
  • 3. 血栓溶解療法との関連
  • 4. 脳微小出血と抗血栓療法
  • 3 透析患者における抗血栓療法
  • 1. 透析症例の一般予後
  • 2. 透析患者における抗血栓療法
  • 4 Trousseau症候群に対する抗血栓療法
  • 1. 概念の変遷
  • 2. Trousseau症候群の定義
  • 3. 検査所見
  • 4. 担がん患者における脳梗塞発症機序
  • 5. 脳梗塞を発症しやすい悪性腫瘍
  • 6. 担がん患者における凝固能亢進機序
  • 7. 凝固能亢進 ( DIC ) に対する治療
  • 8. 脳梗塞再発予防のための治療
  • 9. VTE再発予防のための治療
  • 5 抗リン脂質抗体症候群, 高ホモシステイン血症, 先天性血栓性素因への抗血栓療法
  • 1. 抗リン脂質抗体症候群
  • 2. 高ホモシステイン血症
  • 3. 先天性血栓性素因
  • 6 脳静脈・静脈洞閉塞症への抗血栓療法
  • 1. 脳静脈洞血栓症の病態
  • 2. 脳静脈洞血栓症の症候
  • 3. 脳静脈洞血栓症の臨床検査
  • 4. 脳静脈洞血栓症の画像診断
  • 5. 脳静脈洞血栓症の抗血栓療法
  • 6. 脳静脈洞血栓症の血管内治療, 開頭血腫除去術
  • 7 CADASIL, CARASIL, もやもや病への抗血栓療法
  • 1. CADASIL, CARASILへの抗血栓療法
  • 2. もやもや病への抗血栓療法
  • 8 ESUS, 奇異性脳塞栓症への抗血栓療法
  • 1. ESUS
  • 2. 奇異性脳塞栓症
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...