オリーブのすべて

出版社: 幸書房
著者:
発行日: 2018-06-10
分野: 衛生・公衆衛生  >  食品衛生
ISBN: 9784782104248
電子書籍版: 2018-06-10 (初版第1刷)
電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

4,752 円(税込)

商品紹介

いま、日本では、このオリーブの実から採れる「オリーブオイル」に需要が高まり、日本食との相性の良さや美容、認知症予防などへの効果に大きな注目が集まっています。本書は、地中海で育まれたオリーブの歴史から今日の栽培・利用・効果などを、オリーブに魅せられた執筆者らが存分に語っています。オリーブを知りたい方、栽培したい方、加工あるいは利用したい方など、ぜひご活用ください。

目次

  • 表紙
  • 著者紹介
  • 発刊にあたって
  • 謝辞
  • 目次
  • 第1章 オリーブとオリーブオイルの歴史
  • 1.1 オリーブの神性
  • 1.2 オリーブの起源
  • 1.3 地中海沿岸への伝播
  • 1.4 その他地域への拡大
  • 1.5 象徴としてのオリーブ
  • 1.6 日本におけるオリーブ栽培
  • 1.7 日本のその他地域への栽培拡大
  • 第2章 オリーブの生態と栽培
  • 2.1 オリーブの木の生態
  • 2.2 オリーブの栽培
  • 2.2.1 伝統的栽培法
  • 2.2.2 中密度及び高密度栽培
  • 2.2.3 超高密度栽培
  • 2.2.4 伝統農地の改善
  • 第3章 世界のオリーブオイルの生産と特徴
  • 3.1 世界のオリーブオイルの生産量と日本の輸入
  • 3.1.1 世界のオリーブオイル生産量
  • 3.1.2 日本のオリーブオイル輸入と消費
  • 3.2 各国のオリーブオイルの生産と特徴
  • 3.2.1 スペイン
  • 3.2.2 イタリア
  • 3.2.3 ギリシャ
  • 3.2.4 チュニジア
  • 3.2.5 トルコ
  • 3.2.6 チリ
  • 3.2.7 ポルトガル
  • 3.2.8 フランス
  • 3.2.9 アメリカ
  • 3.2.10 ニュージーランド
  • 3.2.11 スロベニア
  • 第4章 オリーブの品種と特性
  • 4.1 品種による用途の区分
  • 4.2 品種の形状的特徴の分類
  • 4.3 品種の受粉性
  • 4.4 オリーブの品種とその特性
  • 4.5 各オリーブ品種の特性
  • 4.5.1 イタリア
  • 4.5.2 スペイン
  • 4.5.3 ギリシャ
  • 4.5.4 チュニジア
  • 4.6 オリーブの成熟指数
  • 4.7 オリーブの病害虫
  • 第5章 オリーブオイルの製造
  • 5.1 オリーブオイル製造の基本原理
  • 5.2 製造の各工程について
  • 5.2.1 原料搬送
  • 5.2.2 選別、洗浄
  • 5.2.3 粉砕 ( クラッシング )
  • 5.2.4 撹拌 ( マラキシング )
  • 5.2.5 搾油 ( 油分分離 )
  • 5.2.6 タンキング ( 貯蔵 )
  • 5.2.7 ろ過
  • 5.3 オリーブオイルの精製
  • 5.3.1 精製オリーブオイルの原料油とその用途
  • 5.3.2 「オリーブオイル ( 狭義 ) 」の商品
  • 5.3.3 精製処理
  • 5.3.4 化学的精製法 ( ケミカルリファイニング )
  • 5.3.5 物理的精製法 ( フィジカルリファイニング )
  • 5.4 オリーブオイルの容器、充填
  • 5.5 オリーブオイルの商品表示
  • 5.6 オリーブオイルの品質規格
  • 第6章 オリーブオイルの風味と官能評価
  • 6.1 オリーブオイルの風味に関与する化学成分
  • 6.1.1 オリーブオイルの味
  • 6.1.2 臭い
  • 6.1.3 オリーブオイルの色調
  • 6.2 オリーブオイルの風味の官能評価
  • 6.2.1 オリーブオイル官能評価の特性
  • 6.2.2 オリーブオイル官能評価方法の変遷
  • 6.2.3 官能評価の目的
  • 6.2.4 パネルおよび評価に必要な器具
  • 6.2.5 パネルの選定及び教育、訓練
  • 6.2.6 具体的な評価方法
  • 6.2.7 評価用紙と評価用語
  • 6.2.8 評価の判定
  • 6.3 オリーブオイルのコンテスト
  • 第7章 オリーブオイルの構成成分
  • 7.1 オリーブオイルの主要成分
  • 7.2 オリーブオイルの微量成分
  • 第8章 オリーブオイルの健康増進効果と地中海食
  • 8.1 地中海食とは
  • 8.1.1 脂肪酸の面からみたオリーブオイルの栄養学的特性
  • 8.2 心臓・血管障害疾患への効果
  • 8.2.1 動脈硬化進展抑止の観点からの地中海食の有効性
  • 8.2.2 虚血性心疾患での地中海食の有用性
  • 8.2.3 エキストラバージンオリーブオイルと動脈硬化進展抑制
  • 8.3 糖尿病、肥満症への効果
  • 8.3.1 糖尿病
  • 8.3.2 糖尿病での食事療法
  • 8.3.3 糖尿病での高一価不飽和脂肪 ( オレイン酸 ) 食
  • 8.3.4 糖尿病での勧められる多価不飽和脂肪摂取
  • 8.3.5 糖尿病の食事会での地中海料理の有用性
  • 8.3.6 肥満症での効果
  • 8.3.7 地中海食の勧め
  • 8.4 オリーブオイルの健康増進効果 - 大腸疾患
  • 8.4.1 大腸疾患の現状
  • 8.4.2 大腸ガン
  • 8.4.3 潰瘍性大腸炎
  • 8.4.4 慢性便秘症に対するオリーブオイルの効果
  • 8.5 オリーブオイルの健康増進効果 - 各種の疾患
  • 8.5.1 認知症
  • 8.5.2 地中海型食生活のダイエット効果
  • 8.5.3 逆流性食道炎
  • 8.5.4 ヘリコバクター・ピロリ菌に対するオリーブオイル・ポリフェノールの活性
  • 8.5.5 乳ガン
  • 8.5.6 オリーブオイルとアンチエイジング
  • 8.5.7 オリーブオイルの痛みに対する作用
  • 8.5.8 地中海型食生活が本当に全身によいのか
  • 8.5.9 オリーブオイル効果のまとめ
  • ~特別寄稿~ 地中海オリーブ食文化と健康
  • 1. 地中海食の楽しみ方
  • 2. パスタは地中海食の重要な担い手
  • 2.1 自然食品であるが保存性に優れている
  • 2.2 生活習慣病予防の効果
  • 2.3 パスタを地中海式においしく、健康増進に活かすための8ヵ条
  • 3. ワインは大切な食事の伴侶
  • 4. 地中海食文化の変遷と現代での取り入れ方
  • 5. 地中海食と健康・長寿
  • 6. 樹木としてのオリーブ樹
  • おわりに
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第7章 オリーブオイルの構成成分

P.116 掲載の参考文献
(1) Richard Blatchly et al. : The Chemical Story of Olive Oil From Grove to Table. ROYAL SOCIETY OF CHEMISTRY, 2017.
(2) FLOS OLEI 2016, 2017 a guide to the world of extra virgin olive oil. marco oreggia, 2015, 2016.
(3) Giovanni Zucchi : OLIVE OIL DOESN'T GROW ON TREES The Art of Blending : Superior olive oil's secret ingredient. logo fausto lupetti editore, 2015.
(4) Carlos Falco, Marques de Grinon : Il grande libro dell'olio d'oliva Una storia millenaria. MONDADORI, 2014.
(5) Claudio Peri : The Extra-Virgin Olive Oil Handbook. WILEY Blackwell, 2014.
(6) Eminio Monteleone, Susan Langstaff : Olive Oil Sensory Science. WILEY Blackwell, 2014.
(7) Ramon Aparicio, John Harwood : Handbook of Olive Oil Analysis and Properties Second Edition. Springer, 2013.
(8) TRISTAN D. MARTIN : OLIVE OIL GLOBAL COMMERCE, COMPETITION AND CONSUMPTION. nova publishere, 2013.
(9) Pierluigi Villa : coltivare l'Olivo LE VARIETA, LE FORME ALLEVAMENTO, LE CURE DALL'IMPIANTO ALLA PRODUZIONE DELL'OLIO. De Vecchi, 2012.
(10) 香川県小豆島 オリーブ植栽100周年記念事業実行委員会 : オリーブ植栽100周年記念誌. SHODOSHIMA OLIVE SINCE 1908 100th anniversary, 2009.
(11) Paola Fioravanti : OLIO DI OLIVA XXTRAVERGINE di Paola Fioravanti. IMMAGIKA design, 2008.
(12) Dimitrios Boskou : Olive Oil Chemistry and Technology Second Edition. AOCS PRESS, 2006.
(13) APOSTOLOS (PAUL) K. KIRITSAKIS, Ph. D. et al. : OLIVE OIL FROM THE TREE TO THE TABLE SECOND EDITION. FOOD & NUTRITION PRESS, INC., 1998.
(14) International Olive Oil Council : the olive tree the oil the olive. IOOC, 1998.

第8章 オリーブオイルの健康増進効果と地中海食

P.156 掲載の参考文献
(1) 横山淳一, ダニエラ・オージック. 南イタリアの美味と健康にあふれた食事-地中海型食事の原点. 保健同人社. 2009
1) Keys A. Coronary heart disease in seven countries. Circulation 141 (Suppl. 1) : 1-21, 1970.
(1) 松生恒夫, 新オリーブオイル健康法. 講談社+α新書. 2009
2) Keys A et al. The diet and 15-year death rate in the Seven Countries Study. Am J Epidemiol 124 ; 903-15, 1986.
(2) 松生恒夫. 地中海式和食. 講談社+α新書. 2011
(2) 横山淳一, 有本葉子. こんなにおいしくていいの!? 医師と料理家がすすめる糖尿病レシピ. 筑摩書房. 2011
3) 鈴木俊久, 油脂 70 (1), 85-97, 2017.
(3) 松生恒夫. オリーブの健康世界. 河出書房新社. 2013
4) 鈴木俊久, 油脂 70 (3), 84-94, 2017.
(4) 松生恒夫, 鈴木俊久. オリーブオイル・ハンドブック. 朝日新聞出版新書. 2014
5) Covas MI, Nyyssonen K, Poulsen HE et al. The effect of polyphenols in olive oil on heart disease risk factors : a randomized trial. Ann Intern Med 2006 ; 145 : 333-341
(5) 松生恒夫. オリーブオイルで老いない体をつくる. 平凡社新書. 2016
6) 横山淳一, ダニエラ・オージック. 南イタリアの家庭料理-地中海式ダイエットの原点-. 保健同人社, 東京, 1994.
7) Jacotot B, Baudet MF, Lasserre M et al. olive oil and the lipoprotein metabolism. Rev Fr Corps Gras ; 23 : 51-63, 1988.
8) Mattson FH, Grundy SM. Comparison of effects of dietary saturated, monounsaturated, polyunsaturated fatty acids on plasma lipids and lipoproteins in man. J Lipid Res ; 26 : 194-202, 1985.
9) Vessby B, Uusitupa M, Hermansen K et al. Substituting dietary saturated for monounsaturated fat impairs insulin sensitivity in healthy men and women : The KANWU study. Diabetologia ; 44 : 312-319, 2001.
10) Mori Y, Murakawa Y, Yokoyama J et al. Influence of highly purified ethyl. icosapentate (EPA-E) on insulin resistance in the Otsuka Long-Evanns Tokushima Fatty (OLETF) rat, a model of spontaneous non-insulin dependent diabetes mellitus. Metabolism ; 46 : 1458-1464, 1997
11) deLorgeril M, Salen P, Martin JL, et al : Mediterranean diet, traditional risk factors, and the risk of cardiovascular complications after myocardial infarction ; final report of the Lyon Heart Study. Circulation 99 : 779-785, 1999.
13) Trichopoulou A, Costacou T, Bamia C, Trichopoulos D. Adherence to a Mediterranean diet and survival in a Greek population, N Engl J Med 348 ; 2599-2608, 2003
14) Garg A, Bantle JP, Henry RR et al : Effects of varying carbohydrate content of diet in patients of non-insulindependent diabetes mellitus. JAMA 271 ; 1421-1428, 1994
15) Yokoyama J, Someya R, Yoshihara R, Ishii H : Effects of high monounsaturated fatty acid eternal formula versus high carbohydrate eter nal formula on plasma glucose concentration and insulin secretion in healthy individuals and diabetic patients. J Int Med Res 36 : 137-146, 2008
16) Mori Y, Ohta T, Yokoyama J et al : Effects of a lowcarbohydrate diabetes-specific formula in type2 diabetic patients during tube feeding evaluated by continuous glucose monitoring. Eur J Clin Nut Met 6, e68-e73, 2011
17) Brehm BJ, Lattin BL, Summer SS, et al. Oneyear comparison of a high-monounsaturated fat diet wi th a highcarbohydrate diet in type 2 diabetes. Diabetes Care 32 : 215-220, 2009
20) Yokoyama J, Mori Y, Ikeda Y et al. Effects of long-term administration of ethyl icosapentate on diabetes mellitus. J Jap Coll Agiol 34 : 471- 476, 1994
21) Mori Y, Murakawa Y, Yokoyama J et al. Influence of highly purified ethyl icosapentate (EPA-E) on insulin resistance in the Otsuka Long-Evanns Tokushima Fatty (OLETF) rat, a model of spontaneous non-insulin dependent diabetes mellitus. Metabolism 46 : 1458-1464, 1997.
22) 春日千加子, 金子多喜子, 横山淳一他. 糖尿病における地中海型食事の有用性に関する検討. 第60回日本糖尿病学会年次学術集会にて発表. 2017
24) Wynder, E. L. and Shigematsu, T. : Environmental factors of cancer of the colon and rectum. Cancer. 20 : 1520-1561, 1967
25) Benito E., et al : A population-based case-control study of colorectal cancer in Majorca. I. Dietary factors. Int. J. Cancer. 45 (1), 69-76, 1990
26) Benito E., et al : Nutritional factors in colorectal cancer risk : a case-control study in Majorca. Int. J. Cancer. 49 (2), 161-7, 1991
27) Corona G., et al : Extra virgin olive oil phenolics : absorption, metabolism, and biological activities in the GI tract. Toxicol Ind Health. 25 (4-5) 285-93, 2009
29) T. Larussa. et al : Oleuropein Decreases Cyclooxygenase-2 and Interleukin-17 Expression and Attenuates Inflammatory Damage in Colonic Samples from Ulcerative Colitis Patients. Nurtrients. 9 (4) : 391. 2017
30) 松生恒夫 : 常習性便秘症に対するオリーブオイルの効果, International Olive Oil Council. No.12. 1997
31) Jose A. Luchsinger ecal. Curv Neurosci. Rev. 162, 2007
32) J. Pitt et al : Alzheimer's-associated Aβ oligomers show altered structure, immunoreactivity and synaptotoxicity with low doses of oleocanthal. Txoicol. Appl. Pharmacol. 240. 189-197, 2009
33) Charbonnier A et al : Recenti acquisizioni sul valore biologico dell'olio di oliva in Franaa In : 1° Congr. Naz. di Terapia, Roma (Italia), 8-12 dic. 1985
36) Gary. K. Beauchamp et al : Ibuprofen-like activity in extravirgin olive oil. Nature. Vol 437. 1. September. 45-46, 2005
37) Marta Crous-Bou et al : Mediterranean diet and telomere length in Nurses' Health Study : population based cohort study. BMJ. 349. 2. December. 2014

最近チェックした商品履歴

Loading...