看護技術 65/3 2019年3月号

出版社: メヂカルフレンド社
発行日: 2019-02-20
分野: 看護学  >  雑誌
雑誌名:
特集: 1.クリティカルケアにおける倫理的ジレンマ 2.周術期管理の最前線
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

1,404 円(税込)

目次

  • 特集1 クリティカルケアにおける倫理的ジレンマ
    特集2 周術期管理の最前線
        岡山大学病院 周術期管理センター(PERIO)の実践から

    特集1 クリティカルケアにおける倫理的ジレンマ
     ●特集にあたって
     ●Part1 倫理的ジレンマの考え方
      (1)臨床における倫理的ジレンマとその解決のプロセスについて
      (2)倫理的問題の解決に必要な意思決定モデル
      (3)倫理的問題を解決するためのモデル
     ●Part2 事例にみるクリティカルケアにおける倫理的ジレンマ
      (1)患者の意思が確認できない状況で決断を迫られる家族
      (2)侵襲的な治療を拒否する患者と希望する家族
      (3)患者のアドバンス・ケア・プランニングと異なる対応を希望する家族
      (4)医療者に意思決定をゆだねる患者・家族
      (5)慢性心不全に肺炎を合併した認知症高齢患者への意思決定支援
      (6)患者自身の意思が不明瞭なままDNARが指示された例
      (7)早期に治療に医学的適応がないと判断しようとする医療者
      (8)医師と看護師の認識の違いにより患者の苦痛が緩和されない例
      (9)患者の意向より安全管理を優先し抑制を実施するチーム

    特集2 周術期管理の最前線
        岡山大学病院 周術期管理センター(PERIO)の実践から
     ●Part1 PERIOの特徴と活動
     ●Part2 PERIOの実践にみる周術期管理における看護師の役割
      (1)喫煙患者へのかかわり
      (2)病的肥満患者へのかかわり
      (3)せん妄ハイリスク患者へのかかわり
      (4)手術中の体位保持困難な患者へのかかわり

    連 載
    ◆スキンケア用品の正しい選び方・使い方
    ●皮膚科医に診てもらうべき皮膚疾患

    ◆患者の“食べたい”を支えるテクニック
    ●食事姿勢を考える:困難場面での対応

    ◆予期せぬ急変の徴候を見逃さない
    ●Rapid Response Systemとは【知識編】

    ◆インシデントから学ぶ 日常ケアに潜む落とし穴
    ●内服与薬インシデントを減らすための要因を考える

    ◆疾患を限定しない緩和ケア
    ●輸血・侵襲的な処置や検査を希望しない超高齢患者のケース

    ◆看護現場での倫理的ジレンマに向き合うための考え方
    ●造血幹細胞移植における倫理的課題と対応

    ◆看護師の語りから見いだす 看取りのエッセンス(最終回)
    ●看護師の語りから見いだす看取りのエッセンスを看取りケアに活かす

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...