こどもの皮膚のみかた

出版社: 診断と治療社
著者:
発行日: 2019-03-01
分野: 臨床医学:内科  >  皮膚科
ISBN: 9784787823588
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

7,344 円(税込)

商品紹介

本書は,小児科医,皮膚科医が日常診療で比較的よく遭遇する,あるいは,見逃してはいけないこどもの皮膚疾患を中心に,その概要と対処法,患者・家族にどのように説明・指導するかを小児科医,皮膚科医の双方の立場から解説するという新たなコンセプトのもとで企画されました.いずれの項目も専門家の豊富な経験と知識に基づいたわかりやすい解説がなされており,明日からの実施診療にすぐに役立つ情報が満載されています.

目次

  • 第1章 ホットトピックス
    A アトピー性皮膚炎
     1 経皮感作説はどこまで解明された? 
     2 スキンケアでアレルギーマーチは防げるか?
     3 食物アレルギーとの関連は?
     4 汗対策は?
     5 入浴・シャワー浴は有用か?
     6 プロアクティブ療法はどこまで有用か?
    B こどものスキンケア
     1 ドライスキンケア(1)―いつ,何を,どう塗ればいい?    
     2 ドライスキンケア(2)―エモリエントとモイスチャライザーはどう違う?
     3 年齢に応じたスキンケア 
     4 紫外線対策(1)―サンスクリーン剤の正しい塗り方  
     5 紫外線対策(2)―ビタミンD生成への影響は?
     6 清潔のスキンケア 
    C こどもの化粧
     1 化粧品,ピアス,タトゥーによる健康被害  
     2 毛髪のおしゃれによる健康被害 
    D 学校保健における小児皮膚科
     1 学校皮膚感染症の出席停止指針 
     2 皮膚疾患とプール  
     3 食物アレルギー  
     4 予防接種の有害事象  

    第2章 プライマリケアにおけるこどもの皮膚疾患
    A 湿疹皮膚炎群
     1 接触皮膚炎  
     2 単純性粃糠疹(はたけ)
     3 アトピックドライスキン 
     4 乳児湿疹 
     5 乳児脂漏性皮膚炎
     6 おむつ皮膚炎(おむつかぶれ) 
    B 蕁麻疹・痒疹・紅斑・紫斑
     1 蕁麻疹
     2 食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)
     3 小児ストロフルス
     4 多形滲出性紅斑(EEM)
     5 IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)
     6 川崎病
     7 特発性血小板減少性紫斑病(ITP) 
    C 膠原病
     1 エリテマトーデス(LE)
     2 皮膚筋炎(DM) 
     3 若年性特発性関節炎(JIA) 
    D 物理化学的皮膚障害
     1 熱傷(やけど)
     2 凍瘡(しもやけ) 
     3 サンバーン(日焼け)
     4 虐待
     5 行動嗜癖・癖による皮膚症状
    E 角化症(さめ肌)
     1 魚鱗癬
     2 毛孔性苔癬
    F 色素異常
     1 白斑・脱色素性母斑・まだら症
    G 真皮疾患
     1 皮膚萎縮線条(皮膚線条)
    H 付属器疾患
     1 汗疹(あせも)   
     2 多汗症 
     3 尋常性痤瘡(にきび)
     4 円形脱毛症(AA)
     5 ひょう疽・陥入爪
    I 母斑(アザ)
     1 太田母斑・色素性母斑・青色母斑 
     2 茶アザ(扁平母斑・カフェオレ斑・ベッカー母斑) 
     3 脂腺母斑 
     4 乳児血管腫(赤アザ)
     5 乳児血管腫以外の血管腫(赤アザ)
    J 腫瘍
     1 表皮囊腫(粉瘤)
     2 石灰化上皮腫
     3 皮膚肥満細胞症(色素性蕁麻疹)
    K 感染症
     1 ウイルス感染症(1)―単純ヘルペス(単純疱疹)
     2 ウイルス感染症(2)―帯状疱疹
     3 ウイルス感染症(3)―水痘(水ぼうそう) 
     4 ウイルス感染症(4)―尋常性疣贅(いぼ)
     5 ウイルス感染症(5)―伝染性軟属腫(水いぼ) 
     6 ウイルス感染症(6)―麻疹(はしか) 
     7 ウイルス感染症(7)―風  疹
     8 ウイルス感染症(8)―突発性発疹
     9 ウイルス感染症(9)―伝染性紅斑(りんご病)
     10 ウイルス感染症(10)―手足口病
     11 ウイルス感染症(11)―伝染性単核症
     12 細菌感染症(1)―伝染性膿痂疹(とびひ)
     13 細菌感染症(2)―溶連菌感染症
     14 真菌感染症(1)―白  癬
     15 真菌感染症(2)―ケルスス禿瘡
     16 真菌感染症(3)―癜風(なまず)
     17 真菌感染症(4)―スポロトリコーシス
     18 その他の感染症等(1)―疥  癬
     19 その他の感染症等(2)―毛虫皮膚炎・線状皮膚炎
     20 その他の感染症等(3)―蚊アレルギー
     21 その他の感染症等(4)―アタマジラミ症
     22 その他の感染症等(5)―マダニ刺症
     23 その他の感染症等(6)―デング熱 

    第3章 見逃してほしくないこどもの皮膚疾患
    A 固定薬疹
    B 重症薬疹の初期症状
    C 色素性乾皮症(XP) 
    D 種痘様水疱症  
    E 表皮水疱症 
    F 毛孔性紅色粃糠疹(PRP) 
    G 急性痘瘡状苔癬状粃糠疹(PLEVA)
    H 線状苔癬  
    I ジベルバラ色粃糠疹
    J 亜鉛欠乏症・腸性肢端皮膚炎
    K ビオチン欠乏症
    L エーラス・ダンロス症候群(EDS)
    M 神経線維腫症1型(NF1)(レックリングハウゼン病)
    N 結節性硬化症(TSC)
    O 色素失調症
    P ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)
    Q ジアノッティ・クロスティ症候群

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...