肝胆膵 78/3 2019年3月号

出版社: アークメディア
発行日: 2019-03-28
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 18825087
雑誌名:
特集: 肝性脳症治療の変遷
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,410 円(税込)

目次

  • 特集 肝性脳症治療の変遷

    肝性脳症の最新知見
     肝性脳症患者の動向―過去と未来の疫学的知見―
     肝性脳症の発症機序と誘発因子―最近の考え方―
     肝性脳症の予後と治療意義
     肝性脳症診断のup to date
     ミニマル肝性脳症の治療意義

    肝性脳症治療の最近の考え方
     肝性脳症治療の流れと各薬剤の位置づけ
     非吸収性合成二糖類
     難吸収性抗菌薬―リファキシミンの有効性・安全性―
     カルニチン製剤
     肝硬変における亜鉛補充療法の意義
      ―窒素代謝異常改善および肝性脳症予防効果―
     栄養指導と生活指導
     シャント性肝性脳症の治療―IVR(B-RTO)―
     肝癌治療における肝性脳症―分子標的治療薬の副作用マネージメント―
     代謝性疾患による肝性脳症とその治療―尿素サイクル異常症を中心として―

    肝臓と消化管―腸・肝・脳相関をベースに―
     各種肝疾患における腸内細菌叢の変化
     肝性脳症と腸内細菌叢の関連―SIBO、PPI服用による脳症再発頻度の変化―
     肝疾患による消化管への影響―Leaky Gut症候群、腸・肝相関―
     
    エキスパートコンセンサス―トータルケアを目指すために―
     肝硬変のトータルマネジメント
     肝性脳症とサルコペニア
     肝性脳症と認知症の鑑別診断の必要性
      ―認知症疾患診療ガイドライン2017、認知機能低下の定量的検査法―
     
    座談会 肝硬変診療トータルケアにおける肝性脳症の診療―過去、現在、未来―

    〔シリーズ〕肝臓の病理形態の理解と診断へのアプローチ(48)
      好酸球浸潤

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...