食事療養実務入門

出版社: 学建書院
著者:
発行日: 2019-03-01
分野: 栄養学  >  栄養学一般
ISBN: 9784762478642
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,530 円(税込)

商品紹介

「臨床栄養学実習」の教科書として,現場の視点に沿って,入院時食事療養の実務を理論的に,わかりやすく解説したテキスト.
病院等医療機関へ就職したとき,遅滞なく業務の遂行ができる管理栄養士・栄養士の養成に最適.
第8版では,各疾患についての新しい食事療法の基準や,診療報酬の改正に伴い,内容を見直した.

目次

  • 第1章 臨床栄養学実習をはじめる前に
     1.臨床栄養のとらえ方
     2.病院栄養部門が担当するおもな業務
     3.臨床栄養と臨床栄養学実習
     4.栄養アセスメントとパラメータ

    第2章 治療食の種類
     1.栄養補給方法の概要
     2.経腸栄養法
     3.経静脈栄養法
     4.代表的な治療食
     5.治療食の再加工調理
     6.食事療養における献立の展開

    第3章 一般治療食
     1.栄養管理
     2.常 食
     3.かゆ食
     4.流動食
     5.妊婦・産婦食
     6.離乳食
     7.幼児食・学童食
     8.高齢者食

    第4章 特別治療食
    1.  栄養管理
     2.塩分コントロール食
     3.エネルギーコントロール食
     4.たんぱく質・塩分コントロール食
     5.脂質コントロール食
     6.たんぱく質コントロール食 -高タンパク質食-
     7.貧血症食
     8.潰瘍食
     9.胃切除術後食

    第5章 検査食
     1.注腸食の食事基準と献立例
     2.ヨード制限食の食事基準
     3.潜血食の食事基準
     4.カルシウム・リン一定食

    第6章 入院時食事療養概説
     1.入院時食事療養のあらまし
     2.入院基本料,入院時食事療養費および特掲診察料について

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...