医薬経済 2019年3月15日号

出版社: 医薬経済社
発行日: 2019-03-15
分野: 薬学  >  雑誌
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,160 円(税込)

目次

  • ■ウェバー社長も触れられない「聖域」―不動産を次々と売却する武田薬品

    ■大きく萎む薬価「引き上げ」への期待―4月から費用対効果評価本格導入
    ■黒岩知事を病院機構前理事長が痛撃―予定価「漏えい」など業務妨害で告発
    ■ステミラック薬価が投げかける再生医療の行く末―場当たり的対応は禍根を残す
    ■製薬マネー1000万円授受は「多額でない」―門脇孝氏がプレジデントに内容証明
    ■大きな市場機会「HIV予防」―注目新薬と市場展望31
    ■AIで変貌する製薬産業の未来24
    ■都内進出するコスモス薬品に「戦々恐々」―食品安売りで顧客を掴む
    ■「無罪請負人」らが一発で保釈を獲得―ゴーン氏の事件に見る弁護人の「力量」
    ■印刷会社が仕掛ける「貪欲」な健康ビジネス―高血圧症の重症化予防や遠隔診療支援に参入
    ■時代遅れ「湘南アイパーク」の進む道―オープンイノベーションも企業誘致も中途半端

    ==【連 載】====================
    ◆OBSERVER=本田顕子 日本薬剤師連盟副会長
    ◆技術革新と製薬企業の明日=アジア人のゲノム医療に「光」
    ◆医薬経済気象台=現実味を増してきた景気不安
    ◆製薬企業の経営診断=成長への戦略が欲しい
    ◆医政羅針盤=疑問が募る医師確保計画の指標と枠組み
    ◆経済記事の読み方=スマホ決済に潜む「真」の危険物

    ◆エンディングノート=佐々木常夫

    ◆Dear Tomorrow 新しいヘルスケアマーケティング=希少疾患と製薬企業の寄り添い方
    ◆Start Up×Health Care~未来への投資=スタートアップの未来・課題
    ◆鳥集徹の口に苦い話=反撃を恐れない直言こそが次の時代の医療をよくしていく
    ◆読む医療=薬物依存症治療を阻む一般人の無知
    ◆時流遡航=哲学の脇道遊行記―その実景探訪(12)
    ◆平時医療体制の破錠に備える=水分補給の多機能化
    ◆審査建言=国際的な承認審査の統一は実現するか
    ◆アジアの医療に学ぶ=インドネシアの医療と自治体精神科病院(前)
    ◆眺望「医薬街道」=販売情報提供GLに怯えるMR
    ◆世界の医薬品業界=製薬企業は何で成長をめざすのか
    ◆薬剤経済学=高額・高リベート製剤を保険が好む理由―メディケア薬剤給付
    ◆支払いと結果=再入院抑制の成果は死亡率を高めてしまったのか?
    ◆変革期迎えた中国医薬品業界=医師の給与は高いのか

    ◆Current Issues
    ◆明快語録
    ◆ニュースダイジェスト
    ◆時感/編集後記

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...