今すぐはじめられる! 心臓デバイスの遠隔モニタリング超入門

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2019-04-05
分野: 臨床医学:内科  >  心臓
ISBN: 9784524249169
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,860 円(税込)

商品紹介

導入施設の増加が見込まれている遠隔モニタリングシステム(RMS)の導入方法や運用のポイントをわかりやすく解説した手引き書。巻頭には、各メーカーのRMSの特徴が把握しやすい「RMS一覧」を収載。また、どのような患者さんにどのRMSを選ぶと良いかといったRMSの使い分けの手掛かりも徹底解説。施設内での導入・運用ノウハウから具体的なトラブル事例まで広く取り上げており、RMSの導入を予定している、または既に導入している現場で働くすべての医療者に役立つ一冊。

目次

  • 遠隔モニタリングシステム(RMS)一覧

    I.RMS導入はどうするの?~キホンを押さえる~
     A.はじめに~RMSを導入する前に~
     B.RMSを導入するためのキホン
      1.RMSの役割が知りたい
      2.RMSはどの施設でも導入できる?!
      3.RMSにはどんな職種がどうかかわる?
      4.RMSを導入するメリットと課題
     C.はじめてRMSを導入するためのポイント
      1.どんな患者さんに導入するとよいか?
      2.患者さんへの説明で役立つポイント~キーパーソンの設定~

    II.各RMSの使い分けは?~RMS使い勝手徹底比較!~
     A.はじめに~RMSはここまで進化した~
     B.各RMSの性能・特徴
      1.CareLink Network(Medtronic)
      2.Home Monitoring(BIOTRONIK)
      3.Merlin.net(Abbott)
      4.LATITUDE NXT(Boston Scientific)
      5.Smartview(Sorin)
     C.使い勝手独自分析
      1.中継機器の使いやすさ
      2.患者管理とWebシステムの使いやすさ
      3.アラート機能の違い
      4.パスワード管理とセキュリティー
      5.総合評価と感想

    III.こんな事例は一体どうする?~症例から学ぶRMS管理の極意~
     A.悩ましい!ショック作動やATP作動が起きたら
     B.意外と多い!デバイス植込み後の心房細動は何に気をつける?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...