知って・やって・覚えて 医療現場の真菌対策

出版社: ヴァンメディカル
著者:
発行日: 2017-01-05
分野: 臨床医学:内科  >  感染症/AIDS
ISBN: 9784860921231
電子書籍版: 2017-01-05 (初版)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,200 円(税込)

商品紹介

“カンジダは『ヒツジ』” “真菌は『風林火山』で攻めてくる!”…真菌を動物に,その動きを『風林火山』に。著者独自のなぞらえによる新解釈で,真菌対策を親しみ易く解り易く解説します。「真菌とは?」からはじまり,その感染経路・感染対策・治療方法までを網羅した,すべての医療従事者に向ける真菌対策の入門書決定版。

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • 目次
  • Step 1 知っておきましょう 真菌のあれこれ
  • 1・1 そもそも真菌とはどんな微生物 ?
  • (1) 真菌とは何か ? カビとは何か ?
  • (2) 『一般的な真菌』と『医療現場の真菌』の違い
  • (3) 真菌と他の生物細胞との違い
  • 1・2 真菌にはどんな種類があるの ?
  • (1) 酵母状真菌
  • カンジダ属
  • 性質
  • 発症する疾患と症状
  • 口腔咽頭カンジダ症
  • 食道カンジダ症
  • カンジダ血症
  • 慢性播種性カンジダ症 ( 肝脾膿瘍 )
  • カンジダ眼内炎
  • 真菌症の診断と治療
  • 口腔咽頭カンジダ症
  • 食道カンジダ症
  • カンジダ血症
  • 慢性播種性カンジダ症 ( 肝脾膿瘍 )
  • カンジダ眼内炎
  • 潜伏場所と感染経路
  • 感染対策上の問題点・重要点
  • クリプトコックス属
  • 性質
  • 発症する疾患と症状
  • 肺クリプトコックス症
  • クリプトコックス脳髄膜炎
  • 真菌症の診断と治療
  • 肺クリプトコックス症
  • クリプトコックス脳髄膜炎
  • 潜伏場所と感染経路
  • 感染対策上の問題点・重要点
  • ニューモシスティス属
  • 性質
  • 発症する疾患と症状
  • 真菌症の診断と治療
  • 潜伏場所と感染経路
  • 感染対策上の問題点・重要点
  • (2) 菌糸状真菌
  • アスペルギルス属
  • 性質
  • 発症する疾患と症状
  • 侵襲性肺アスペルギルス症
  • 慢性肺アスペルギルス症
  • 単純性肺アスペルギローマ
  • 慢性進行性肺アスペルギルス症
  • 副鼻腔のアスペルギルス症
  • 真菌症の診断と治療
  • 侵襲性肺アスペルギルス症
  • 慢性肺アスペルギルス症
  • 副鼻腔のアスペルギルス症
  • 潜伏場所と感染経路
  • 感染対策上の問題点・重要点
  • 接合菌
  • 性質
  • 発症する疾患と症状
  • 鼻脳型ムーコル症
  • 肺型ムーコル症
  • 真菌症の診断と治療
  • 潜伏場所と感染経路
  • 感染対策上の問題点・重要点
  • 皮膚糸状菌
  • 性質
  • 発症する疾患と症状
  • 体部白癬 ( たむし )
  • 足白癬 ( みずむし )
  • 手白癬
  • 爪白癬
  • 股部白癬 ( いんきんたむし )
  • 頭部白癬 ( しらくも )
  • マヨッキ肉芽腫
  • 真菌症の診断と治療
  • 潜伏場所と感染経路
  • 感染対策上の問題点・重要点
  • (3) 輸入真菌症
  • コクシジオイデス症
  • ヒストプラズマ症
  • その他の輸入真菌症
  • 1・3 真菌症はどう診断・治療するの ?
  • (1) 真菌症の診断方法
  • (2) 抗真菌薬
  • ポリエン系
  • アムホテリシンB ( ファンギゾン ( R ) ) 【AMPH - B】
  • アムホテリシンBリポソーム製剤 ( アムビゾーム ( R ) ) 【L - AMB】
  • ナイスタチン ( ナイスタチン ( R ) ) 【NYS】
  • フルオロピリミジン系
  • フルシトシン ( アンコチル ( R ) ) 【5 - FC】
  • アゾール系
  • フルコナゾール ( ジフルカン ( R ) ) 【FLCZ】
  • ホスフルコナゾール ( プロジフ ( R ) ) 【F - FLCZ】
  • ボリコナゾール ( ブイフェンド ( R ) ) 【VRCZ】
  • イトラコナゾール ( イトリゾール ( R ) ) 【ITCZ】
  • キャンディン系
  • ミカファンギン ( ファンガード ( R ) ) 【MCFG】
  • カスポファンギン ( カンサイダス ( R ) ) 【CPFG】
  • Step 2 やってみましょう 真菌対策の基本
  • 2・1 真菌の伝播予防のための3原則
  • (1) 標準予防策
  • (2) 空気流の管理
  • (3) 環境の湿潤対策
  • 2・2 真菌対策のための清掃 : 洗浄・消毒・滅菌
  • (1) 消毒薬の種類と抗真菌スペクトル
  • 高水準消毒薬
  • アルコール : 中水準消毒薬
  • ポビドンヨード : 中水準消毒薬
  • 次亜塩素酸ナトリウム : 中水準消毒薬
  • クロルヘキシジン : 低水準消毒薬
  • 第四級アンモニウム塩 : 低水準消毒薬
  • (2) 環境表面の清掃・消毒方法
  • (3) 患者周辺と物品の洗浄・消毒・滅菌方法
  • (4) リネンの交換と洗浄・消毒・滅菌方法
  • (5) 床・廊下の清掃方法
  • 2・3 空調設備の管理が大切
  • (1) 空調設備の一般的な機能
  • (2) 自施設の空調設備で知っておくべきこと
  • 温湿度条件
  • 空気の清浄度クラス
  • (3) HEPAフィルタの管理方法
  • HEPAフィルタとは
  • HEPAフィルタの寿命
  • フィルタ交換と圧力損失
  • フィルタの交換と再利用
  • (4) 清掃時・メインテナンス時のチェックポイント
  • (5) 室外設備について
  • Step 3 やってみましょう 真菌対策の実際
  • 3・1 施設内の設備管理と真菌対策
  • (1) 一般病棟
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (2) がん病棟・防護環境 ( 無菌室 )
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (3) 外来待合室と処置室
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (4) 水回り
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (5) 施設の改修工事時
  • 工事前の事前対策
  • 工事中の患者対策
  • 工事中の病棟対策 ( 病室内・廊下など )
  • 改修工事部分の対策
  • 近隣での工事時の対策
  • 3・2 患者と真菌対策
  • (1) 造血幹細胞移植患者・血液がん患者・固形がん患者
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (2) 外科手術後患者・ICU患者
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (3) HIV感染者 / エイズ患者
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (4) 小児患者
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (5) 高齢者 ( 介護施設入居または自宅介護の高齢者を中心に )
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (6) 糖尿病患者
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (7) 通院患者
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • 3・3 医療処置・医療ケアと真菌対策
  • (1) 血管内留置カテーテル
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (2) 尿道留置カテーテル
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (3) 皮膚のケア
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • (4) 吸引・口腔ケア
  • 感染リスク・感染経路
  • 感染予防策
  • 感染を疑う場合
  • 発生した場合の具体的な対策
  • Step 4 覚えておきましょう 真菌感染の早期発見テクニック
  • 4・1 患者の真菌症を疑うポイント
  • (1) 入院患者の場合
  • (2) 外来患者の場合
  • (3) 介護施設入居者または自宅介護者の場合
  • 4・2 真菌症のアウトブレイクを疑うポイント
  • おわりに
  • 参考文献
  • 索引
  • 著者略歴
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

Step 1 知っておきましょう 真菌のあれこれ

P.28 掲載の参考文献
1) CDC : Investigation of the first seven reported cases of Candida auris, a globally emerging invasive, multidrug-resistant fungus-United States, May 2013-August 2016 http://www.cdc.gov/mmwr/volumes/65/wr/pdfs/mm6544e1.pdf
2) Satoh K et al : Candida auris sp. nov., a novel ascomycetous yeast isolated from the external ear canal of an inpatient in a Japanese hospital. Microbiol Immunol 53 : 41-44, 2009

参考文献

P.132 掲載の参考文献
深在性真菌症のガイドライン作成委員会編 : 深在性真菌症の診断・治療ガイドライン 2014, 真菌症フォーラム, 協和企画, 東京, 2014
日本医療福祉設備協会病院設備設計ガイドライン作成 WG : 病院設備設計ガイドライン (空調設備編) HEAS-02-2013
厚生労働省 : 「レジオネラ症防止対策について」http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1111/h1126-2_13.html
後藤憲彦ほか : 腎移植施設でのニューモシスチス肺炎アウトブレイク. 移植 45 (2) : 80-88, 2010
矢野邦夫 : もっともっと, ねころんで読める抗菌薬, メディカ出版, 大阪, 2016
渡辺晋一ほか : 皮膚真菌症診断・治療ガイドライン. 日皮会誌 119 (5) : 851-862, 2009
吉田眞一ほか編 : 戸田新細菌学 第34版, 南山堂, 東京, 2013
岡田淳ほか : 微生物学/臨床微生物学 第3版, 医歯薬出版, 東京, 2011
日本感染症学会編 : 感染症専門医テキスト (第1部解説編), 南江堂, 東京, 2011
青木眞 : レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版, 医学書院, 東京, 2015
日本医真菌学会アスペルギルス症の診断・治療ガイドライン作成委員会編 : アスペルギルス症の診断・治療ガイドライン 2015, 春恒社, 東京, 2015
日本外科感染症学会編 : 周術期感染管理テキスト, 診断と治療社, 東京, 2012
日本化学療法学会一般医療従事者のための深在性真菌症に対する抗真菌薬使用のガイドライン作成委員会編 : 抗真菌薬使用ガイドライン, 2009
CDC : Guidelines for environmental infection control in health-care facilities http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/guidelines/eic_in_HCF_03.pdf
CDC : Guideline for isolation precautions : Preventing transmission of infectious agents in healthcare settings http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/isolation/Isolation2007.pdf
CDC : Guideline for disinfection and sterilization in healthcare facilities, 2008 http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/Disinfection_Sterilization/Pages1_2Disinfection_Nov_2008.pdf
CDC : Guidelines for preventing health-care-associated pneumonia, 2003 http://www.cdc.gov/hicpac/pdf/guidelines/HApneu2003guidelines.pdf
CDC : Guidelines for preventing opportunistic infections among hematopoietic stem cell transplant recipients http://www.cdc.gov/mmwr/PDF/rr/rr4910.pdf
CDC : Fungal Diseases. Outbreaks and investigations. http://www.cdc.gov/fungal/outbreaks/index.html
Pappas PG et al : Clinical practice guideline for the management of candidiasis : 2016 Up-date by the Infectious Diseases Society of America. Clin Infect Dis 62 (4) : e1-50, 2016 DOI : 10.1093/cid/civ933
The Sanford guide to antimicrobial therapy 2015, 45d edition Antimicrobial therapy, Inc VA, USA

最近チェックした商品履歴

Loading...