感染対策ICTジャーナル 14/2 2019年Spring

出版社: ヴァンメディカル
発行日: 2019-04-15
分野: 医学一般  >  雑誌
ISSN: 13440969
雑誌名:
特集: 院内でも在宅でも カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)の予防対策
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,200 円(税込)

目次

  • 特集 院内でも在宅でも
       カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)の予防対策

    ■Guideline ガイドラインから導くカテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防
           ―CDC・海外・国内ガイドラインの比較

    ■Epidemiology カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)の疫学
             ―全国サーベイランス・耐性菌動向から見えてくる現状

    ■Basic 尿道留置カテーテル管理の最新エビデンス&テクニック
    1)使用目的・留置期間・早期抜去の理論―「不適切」をなくすために
    2)挿入手技・消毒方法・採尿バッグ管理の理論―手指衛生と個人防護具の使い方を含めて

    ■Equipment 尿道留置カテーテル管理の最新製品
    1)尿道カテーテルの種類とそのエビデンス―素材とコーティング
    2)カテーテルの被膜・固定・保護製品
      ―スキン-テアを踏まえた正しい固定方法と製品活用の有用性

    ■Daily カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防のための日常戦略
    1)CAUTI予防のためのラウンド戦略―サーベイランスの実践・活用を含めて
    2)CAUTI予防のための抗菌薬適正使用戦略―抗菌薬適正使用支援チーム(AST)活動の実践
    3)CAUTI予防のためのチーム戦略―排尿ケアチームで挑む尿道留置カテーテル管理の実践

    ■Management 特殊患者のカテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防
            ―一般患者との違いを重点にした実践ポイント
    1)小児科患者
    2)精神科患者

    ■Focus 在宅高齢者患者のカテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防
    1)在宅患者におけるCAUTI予防の考え方
       ―尿道留置カテーテル管理の現状と今後の課題を含めて
    2)在宅患者における尿道留置カテーテル管理の実際
       ―長期留置カテーテルの管理と間歇(自己)導尿の実践

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...