周産期・新生児 栄養代謝の基礎知識を使いこなそう!

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2019-04-15
分野: 臨床医学:内科  >  周産期(新生児)
ISBN: 9784765317818
電子書籍版: 2019-04-15 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,180 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,180 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 序文
  • 目次
  • 第1章 糖質
  • 1. 糖質に関する基礎知識
  • 2. 胎児期の糖代謝
  • 3. 出生後の糖代謝
  • Column 1 インスリン分泌機構
  • Column 2 KATPチャネル異常と局所性インスリン産生腫瘍
  • Column 3 血糖値はどこまで信じられる ! ?
  • 4. 糖代謝異常症
  • Column 4 乳酸は疲労物質か ! ?
  • 第2章 蛋白質
  • 1. 蛋白質・アミノ酸に関する基礎知識
  • Column 5 アミノ基転移反応の代表例
  • 2. 胎児期のアミノ酸代謝
  • Column 6 C / N比 ( カロリー / 窒素比 )
  • 3. 早産児とアミノ酸
  • 第3章 脂質
  • 1. 脂質に関する基礎知識
  • 2. 周産期における脂質
  • Column 7 リン脂質
  • Column 8 静脈栄養に伴う胆汁うっ滞 ( PNAC )
  • 3. 脂質と疾患
  • 第4章 ビタミン
  • 1. ビタミンA ( レチノイド )
  • Column 9 βカロテン過剰摂取とカロテイノシス
  • 2. ビタミンB
  • Column 10 日本の歴史と脚気
  • Column 11 活性型ビタミンB6製剤と小児神経・代謝疾患
  • Column 12 厚生労働省の見解は ?
  • Column 13 マルチビタミン製剤
  • 3. ビタミンC
  • Column 14 感冒とビタミンC
  • 4. ビタミンD
  • 5. ビタミンE
  • 6. ビタミンK
  • 第5章 ミネラル・微量元素
  • 1. カルシウム・リン・マグネシウム
  • Column 15 リンの摂取と低Ca血症の関係
  • Column 16 早産児に対するP投与
  • Column 17 Cナトリウム利尿ペプチド ( CNP )
  • Column 18 マグネシウムと健康
  • 2. 鉄 ( iron )
  • 3. 亜鉛 ( zinc )
  • Column 19 ナトリウム ( Na ) 投与量
  • 第6章 新生児・早産児に対する栄養法のまとめ ( 実践編 )
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 糖質

P.11 掲載の参考文献
1) 菅原二三男監訳. マクマリー生物有機化学 生化学編 第3版. 炭水化物. 丸善, p717, 2010.
2) 河井昌彦. 肝臓における糖質 (グルコース) 代謝. イラストで見る診る学ぶ新生児の栄養・代謝. メディカ出版, pp66-67, 2013.
3) Stanley CA. Hypoglycemia in the neonate. Paediatr Endocrinol Rev 2006 ; 4 : 76-81.
P.21 掲載の参考文献
1) 母子保健事業団. 母子保健の主なる統計 平成29年度刊行. 2008.
4) 河井昌彦. グルコーストランスポーター. イラストで見る診る学ぶ新生児の栄養代謝. メディカ出版, pp64-65, 2013.
11) Avery GB. Neonatology ; Pathophysiology and Management of the Newborn. 2nd ed., J. B. Lippincott Co., Philadelphia, 1981.
12) 河井昌彦. 水- 電解質バランス. 仁志田博司編著. 新生児学入門 (第5版). 医学書院, p228, 2018.
13) 上代淑人ら監訳. イラストレイテッド ハーパー生化学 原著28版. 解糖とピルビン酸代謝. 丸善, pp170-184, 2011.
14) 河井昌彦. 第2章 呼吸. 新生児医学. 金芳堂, pp192-194, 2015.
15) 河井昌彦. 胎児ヘモグロビンの特徴について御存知ですか? NICUのギモン 98+2. 金芳堂, pp155-156, 2016.
P.36 掲載の参考文献
1) 河井昌彦. 新生児期の低血糖症. 新生児内分泌ハンドブック (第2版). メディカ出版, pp85-93, 2014.
2) 河井昌彦. 低血糖症. 新生児医学. 金芳堂, pp367-376, 2015.
3) 河井昌彦. 早産児の糖代謝. イラストで見る診る学ぶ新生児内分泌. メディカ出版, pp22-23, 2011.
7) 河井昌彦. 低血糖と脳障害. 日本臨床別冊 神経症候群 (第2版). 日本臨床, pp31-34, 2014.
8) 河井昌彦. NICU厳選50症例の診断と治療. 金芳堂, p217, 2004.
9) de Longlay P, et al. Persistent hyperinsulinemic hypoglycemia. Semin Neonatol 2002 ; 7 : 95-100.
10) 日本小児内分泌学会ら. 先天性高インスリン血症診療ガイドライン 2016年10月1日 Ver 1.0.
14) 日本小児内分泌学会ら. 先天性高インスリン血症診療ガイドライン 2016年10月1日 Ver 1.0.
15) 富田武郎ら. ロイシンによるグルタミン酸脱水素酵素の活性調節機構. 化学 2012 ; 67 : 72-73.
P.47 掲載の参考文献
1) 河井昌彦. 糖原病. 新生児医学. 金芳堂, pp122-126, 2015 (a).
2) 河井昌彦. 高ガラクトース血症. 新生児医学. 金芳堂, pp126-130, 2015 (b).
3) 内藤悦雄. 高乳酸・ピルビン酸血症. 小児疾患診療のための病態生理 2 第4版. 小児内科 vol 41 増刊号, 東京医学社, pp369-375, 2009.
4) 大竹明. 乳酸・ピルビン酸. 小児科臨床ピクシス 23. 見逃せない先天代謝異常. 中山書店, pp90-92, 2010.
5) 中屋豊ら. リフィーディング症候群. 四国医誌 2012 ; 68 : 23-28.

第2章 蛋白質

P.63 掲載の参考文献
1) 河井昌彦. 蛋白質の重要性と多様性. イラストで見る診る学ぶ新生児の栄養・代謝. メディカ出版, pp86-87, 2013.
2) 菅原二三男監訳. マクマリー生物有機化学 生化学編 第3版. 丸善, p899, 2010.
4) 三渕浩ら. 尿素サイクル異常症. 小児疾患診療のための病態生理 2 第4版. 小児内科 2009年41巻増刊号, 東京医学社, pp359-364, 2009.
5) 河井昌彦. カルニチン. イラストで見る診る学ぶ新生児の栄養代謝. メディカ出版, pp154-155, 2013.
P.68 掲載の参考文献
P.72 掲載の参考文献

第3章 脂質

P.87 掲載の参考文献
P.92 掲載の参考文献
P.98 掲載の参考文献
1) 日本動脈硬化学会. http://www.j-athero.org/specialist/fh_s.html
2) 橋本貢士ら. 甲状腺ホルモンと脂質代謝-新しいT3アナログなど-. 日内誌 2012 ; 101 : 1000-1006.

第4章 ビタミン

P.101 掲載の参考文献
P.115 掲載の参考文献
1) 吉永治美ら. 小児神経疾患における仮性型ビタミンB6の意義. 脳と発達 2016 ; 48 : 114-116.
2) Greenberg JA, et al. Folic Acid supplementation and pregnancy : more than just neural tube defect prevention. Rev Obstet Gynecol 2011 ; 4 (2) : 52-59.
5) 厚生省報道発表資料 (https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/1212/h1228-1_18.html). 平成12年12月28日
P.117 掲載の参考文献
1) Fashner J, et al. Treatment of the common cold in children and adults. Am Fam Physician 2012 ; 86 : 153?159.
P.124 掲載の参考文献
1) 河井昌彦. 低Ca血症・早産児骨減少症. NICUベッドサイドの診断と治療 (第4版). 金芳堂, pp270-275, 2016.
3) 河井昌彦. ビタミンD2とD3の違い, 25OHDと25 (OH) 2Dの違い知っていますか? NICUのギモン 98+2. 金芳堂, pp94-95, 2016.
P.126 掲載の参考文献
P.129 掲載の参考文献
1) 日本小児科学会新生児委員会ビタミンK投与法の見直し小委員会. 新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症に対するビタミンK製剤投与の改訂ガイドライン (修正版) (https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/saisin_110131.pdf). 2011.

第5章 ミネラル・微量元素

P.140 掲載の参考文献
P.143 掲載の参考文献
1) 谷博. 妊婦の貧血に関する研究. 日産婦会誌 1965 ; 17 : 683-692.
3) Woehler F. Intermediary iron metabolism of the placenta,with special consideration of the transport of therapeutically administered iron through this organ. Curr Ther Res 1964 ; 6 : 464-482.
4) 日本新生児成育医学会. 新生児に対する鉄剤投与のガイドライン 2017 (http://jsnhd.or.jp/pdf/pblcmt/pbl00301.pdf)
7) Celada A, et al. No correlation between ironconcentration in breast milk and maternal iron stores. Helv Paediatr Acta 1982 ; 37 : 11-16.
P.147 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...