胎児診断・管理のABC 第6版

出版社: 金芳堂
著者:
発行日: 2019-04-15
分野: 臨床医学:内科  >  周産期(新生児)
ISBN: 9784765317801
電子書籍版: 2019-04-15 (第6版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

9,570 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

9,570 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 第6版の序
  • CONTENTS
  • I. 胎児出生前診断の方法
  • A. 先天異常診断の実際
  • 1. 先天異常の出生前診断 ( 対象・留意事項 )
  • a 留意事項
  • b 先天異常の出生前診に関する公的見解
  • 2. 出生前診断の検査法
  • a 非確定的検査
  • b 確定的検査
  • c 染色体異常の検査法
  • 3. 超音波断層法
  • a 胎児発育のモニタリング
  • b 形態異常のスクリーニング
  • 4. 羊水穿刺と羊水分析
  • a 検査時期と適応
  • b 羊水を用いて診断される先天代謝異常症
  • c 羊水の性状
  • 5. 胎児採血
  • a 経皮的臍帯血採取
  • b 胎児血の正常値
  • B. 胎児well - beingの評価
  • 6. 胎児心拍数モニタリング
  • a 胎児心拍数基線
  • b 胎児心拍数基線細変動
  • c 胎児心拍数一過性変動
  • d 胎児well - beingの診断
  • e 胎児心拍数波形の新しい判定基準
  • 7. NST, VAS testとCST
  • a ノン・ストレステスト
  • b VAS test
  • c CST
  • 8. Biophysical profile score ( BPS )
  • 9. 胎児血流モニタリング
  • a 中大脳動脈
  • b 臍帯動脈
  • c 臍帯静脈
  • d 下大静脈
  • e 静脈管
  • II. 特殊な胎児異常・遺伝性疾患
  • 1. 染色体異常症
  • a 染色体異常症のリスク因子
  • b 出生前診断方法
  • c 主な染色体異常症候群
  • 1 21トリソミー
  • 2 18トリソミー
  • 3 13トリソミー
  • 4 5p - ( 猫鳴き症候群 )
  • 5 Turner症候群
  • 2. 単一遺伝子病 ( メンデル遺伝病 )
  • a 常染色体優性遺伝病
  • b 常染色体劣性遺伝病
  • c X連鎖遺伝病
  • 1 Duchenne型筋ジストロフィー
  • 2 血友病
  • 3 脆弱X症候群
  • d 家系図の書き方
  • III. 胎児異常・奇形の診断と管理
  • 1. 子宮内胎児発育異常
  • a 胎児の正常発育
  • b 胎児過剰発育 ( 巨大児 )
  • c 胎児発育不全
  • 2. 多胎妊娠
  • a 診断
  • b 双胎妊娠の種類
  • c 双胎妊娠と胎児異常
  • 1 胎児発育不全
  • 2 discordant twin
  • 3 stuck twin
  • 4 双胎間輸血症候群
  • 5 無心体双胎
  • 6 双胎1児胎内死亡例
  • d 管理法
  • 3. 胎児機能不全
  • a 妊娠中期の胎児機能不全
  • b 分娩時の胎児機能不全
  • c 胎児機能不全に対する対応
  • 分娩時の対応
  • d 胎児低酸素症と脳性麻痺
  • 4. 胎児中枢神経系異常
  • a 頭部・脊椎の超音波検査
  • b 頭部・脊椎疾患の胎児診断と管理
  • 1 神経管形成不全
  • 2 腹側誘導の異常
  • 3 水頭症
  • 4 脈絡叢異常
  • 5 脳梁欠損
  • 6 Dandy - Walker奇形
  • 7 出生前脳室周囲白質軟化症
  • 8 胎児頭蓋内出血
  • 5. 胎児頸部の異常
  • a 後頸部皮下浮腫
  • b 頸部リンパ腫
  • 6. 胎児循環器・脈管系異常
  • a 胎児循環の特徴
  • b 先天性心疾患のスクリーニング
  • 1 胎児心スクリーニング
  • 2 胎児心・血管超音波検査の手技と所見
  • 3 胎児循環動態評価
  • 4 正常心臓・大血管の大きさと径
  • c 先天性心疾患と胎児診断
  • 1 単心室
  • 2 左心低形成症候群
  • 3 純型肺動脈閉鎖
  • 4 三尖弁閉鎖
  • 5 重症大動脈弁狭窄症
  • 6 エプスタイン奇形
  • 7 房室中隔欠損
  • 8 心室中隔欠損
  • 9 完全大血管転位
  • 10 ファロー四徴症
  • 11 両大血管右室起始
  • 12 総肺静脈還流異常症
  • d 胎児不整脈
  • 7. 胎児呼吸器系異常
  • a 胎児肺の発達
  • b 胎児肺成熟評価法
  • c 胎児肺成熟促進
  • d 胎児呼吸器系疾患
  • 1 胎児胸水
  • 2 先天性嚢胞状腺腫様肺奇形
  • 3 先天性横隔膜ヘルニア
  • 4 肺低形成
  • 8. 胎児腹部の異常
  • a 腹壁の異常
  • 1 臍帯ヘルニア
  • 2 腹壁破裂
  • b 胎児消化管疾患
  • 1 食道閉鎖, 気管食道瘻
  • 2 十二指腸閉鎖
  • 3 空腸・回腸の閉鎖
  • 4 胎便性腹膜炎
  • 5 直腸・肛門閉鎖
  • c 胎児卵巣嚢腫
  • 9. 胎児泌尿器系異常
  • a 胎児腎尿路系の超音波像
  • b 胎児腎機能の評価
  • c 胎児腎尿路系疾患
  • 1 閉塞性尿路疾患
  • 2 嚢胞性腎奇形
  • 3 腎無形成
  • 10. 胎児骨格・筋の異常
  • a タナトフォリック骨異形成症
  • b 軟骨無発生症
  • c 軟骨無形成症
  • d 骨形成不全症候群
  • e 先天性多発性関節拘縮症
  • f 福山型先天性筋ジストロフィー
  • g 先天性筋緊張性ジストロフィー症
  • h 低フォスファターゼ症
  • 11. 非免疫性胎児水腫
  • a 病態
  • b 原因関連疾患
  • c 診断
  • d 予後
  • e 管理
  • IV. 胎児付属物の異常と胎児管理
  • 1. 胎盤の異常
  • a 胎盤等の超音波断層像
  • b 子宮胎盤循環
  • c 胎盤の異常
  • 1 絨毛周囲フィブリン沈着
  • 2 絨毛膜下血腫
  • 3 常位胎盤早期剥離
  • 4 前置胎盤
  • 5 胎児母体間輸血症候群
  • 2. 臍帯の異常
  • a 臍帯の形成と構造
  • b 臍帯の異常
  • 1 単一臍帯動脈
  • 2 臍帯卵膜付着
  • 3 臍帯過捻転
  • c 尿膜管嚢胞
  • 3. 卵膜の異常
  • a 羊膜索症候群
  • b 絨毛膜羊膜炎
  • c preterm PROMの管理
  • 4. 羊水の異常
  • a 羊水の産生と消退
  • b 羊水量の妊娠中推移
  • c 羊水量の臨床的測定法
  • d 羊水量の異常
  • 1 羊水過多と羊水過多症
  • 2 羊水過少症
  • e 羊水混濁
  • f 人工羊水注入法
  • V. 母体感染症と胎児感染
  • A. 性行為感染症
  • 1. 梅毒
  • 2. クラミジア感染症
  • 3. 性器ヘルペス
  • 4. HIV感染症 / AIDS
  • 5. サイトメガロウイルス ( CMV ) 感染症
  • 6. 尖圭コンジローマ
  • B. その他の垂直感染
  • 7. B群溶血性レンサ球菌感染症
  • 8. トキソプラズマ症
  • a 妊婦の診断
  • b トキソプラズマ症の母子感染
  • c 管理
  • 9. 風疹
  • a 妊婦の風疹感染有無の判定
  • b 胎児感染の診断
  • c 先天性風疹症候群 ( CRS ) の発生
  • d 予防と管理
  • 10. 水痘
  • a 臨床症状
  • b VZVの母子感染
  • c VZV感染妊婦の管理
  • 11. 肝炎ウイルス感染症
  • a B型肝炎ウイルス
  • b C型肝炎ウイルス
  • 12. パルボウイルスB19感染症
  • a 妊婦の管理
  • b 胎児感染
  • 13. HTLV - I感染症
  • a 診断
  • b HTLV - I母子感染
  • VI. 合併症・異常妊娠と胎児の管理
  • 1. 糖尿病合併妊娠
  • a 糖尿病の胎児・新生児に及ぼす影響
  • b 妊娠の糖尿病に与える影響
  • c 管理
  • 2. 急性膵炎
  • a 診断
  • b 治療
  • 3. 心疾患合併妊娠
  • a 妊娠の許可条件
  • b 妊娠中の胎児管理
  • 4. 腎疾患合併妊娠
  • a 腎機能障害の程度と妊娠結果
  • b 妊娠許可基準について
  • c 管理
  • d 妊娠中の腎機能・血圧評価の注意点
  • 5. 高血圧合併妊娠
  • a 管理
  • b 治療
  • 6. 甲状腺疾患合併妊娠
  • a 甲状腺機能亢進症
  • b 甲状腺機能低下症
  • 7. 自己免疫疾患合併妊娠
  • a 特発性血小板減少性紫斑病
  • b 全身性エリテマトーデス
  • 8. 結核
  • a 症状
  • b 診断
  • c 治療・管理
  • 9. 気管支喘息
  • a 妊娠, 胎児・新生児との関連
  • b 診断
  • c 治療
  • d 急性増悪時の薬物療法
  • e 分娩
  • 10. 神経・筋疾患合併妊娠
  • a てんかん
  • b 筋緊張性ジストロフィー症
  • 11. 子宮頸部初期病変合併妊娠
  • 12. 血液型不適合妊娠
  • a 診断
  • b Rho ( D ) 陰性妊婦の管理
  • c 治療
  • 13. 妊娠高血圧症候群
  • a 病型分類
  • b 妊娠高血圧症候群における高血圧と蛋白尿の診断基準
  • c 症候による亜分類
  • d 胎児管理
  • e 妊娠のターミネーション
  • f 治療
  • g 成因と発症予防
  • 14. 過期妊娠
  • a 妊娠中
  • b 分娩時
  • 日本語索引
  • 外国語索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I. 胎児出生前診断の方法

P.8 掲載の参考文献
1) 出生前に行われる遺伝学的検査および診断に関する見解 http://www.jsog.or.jp/modules/statement/index.php?content_id=33
2) 産婦人科診療ガイドライン産科編 2017 日本産婦人科学会/日本産婦人科医会 p.96
3) Palomaki GE, et al. Genet Med 14 ; 296-305 PMID : 22281937 (II)
P.13 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会監修 産婦人科診療ガイドライン産科編 2017 p.96-100.
2) 公示 「超音波胎児計測の標準化と日本人の基準値」 日本超音波医学会 : J. Med, Ultrasonics 30 (3) : J415-J438, 2003.
3) Snijders RJM, Nicolaides KH : Ultrasound Markers for Fetal Chromosomal Defects. p.81, Parthenon Publishing, New York, 1996.
4) 若月雅美 : 新生児誌 30 : 304-311, 1994.
5) 岡井崇 : 産婦人科治療 84 : 23-30, 2002.
6) 馬場一憲 : 産婦人科治療 101 : 443-448, 2010.
7) 馬場一憲 : 産婦人科研修の必修知識. 日本産婦人科学会 pp.109, 2011.
P.18 掲載の参考文献
1) 大和田操, 他 : New Mook小児科 8 出生前診断と胎児新生児管理. pp.88-95, 金原出版, 1995.
2) Fairweather DVI, Eskes TKAB (ed) : Amniotic Fluid Research and Clinical Application (2nd ed). Elsevier/North-Holland Biomedical Press, 1978.
3) Gilbert WM, et al : Fetal Medicine Review 3 : 98, 1991.
4) 可児和美, 他 : 日産婦誌 30 (5) : 455-464, 1978.
6) Habil ZA : Acta Obstet Gynecol Scand Suppl. p.61, 1977.
P.24 掲載の参考文献
1) Manning FA : Harman CR (ed) : Invasive Fetal Testing and Treatment. pp.49-78, Blackwell Scientific Publication, 1995.
2) 小菅周一 : 周産期シンポジウム 12 : 41-47, 1994.
3) 鈴木卓, 他 : 産科と婦人科 62 (2) : 266-271, 1995.
4) Weiner CP, et al : Obstet Gynecol 79 : 713-718, 1992.
P.33 掲載の参考文献
2) 岡村州博, 他. 日本産科婦人科学会周産期委員会 : 日本新生児学会雑誌 39 (4) : 584-595, 2003.
3) Parer JT : Handbook of Fetal Heart Rate Monitoring. W.B. Saunders, 1983.
4) Hon EH : Am J Obstet Gynecol 78 : 47, 1957.
6) Lee CY, et al : Obstet Gynecol 45 : 142, 1975.
7) 周産期委員会提案 : 日産婦誌 54 (4) : 23-27, 2002.
8) ACOG Technical Bulletin. No 207, 1995.
9) 佐藤章, 他 : 産婦人科の実際 52 (4) : 416, 2003.
10) Freeman RK et al : Fetal heart rate monitoring. 2nd ed. pp.193-202, Williams & Wilkins,1991.
11) 馬場一憲 : 周産期医学 37 (3) : 290-299, 2007.
12) 岡井崇, 他 : 周産期委員会, 委員会提案. 日産婦誌 62 : 2068-2078 (Guideline), 2010.
13) 鮫島浩 : 臨婦産 65 : 16, 2011.
14) 岡井崇, 他 : 臨婦産 65 : 36, 2011.
15) 山田俊, 他 : 周産期診療指針 2010. pp.333, 東京医学社, 2010.
16) 西尾美穂, 他 : 産婦人科治療 103 : 246-252, 2011.
P.37 掲載の参考文献
1) Lee CY et al : Obstet. Gynecol, 45 : 142, 1975.
2) National Institute of Child Health and Human Development Research Planning Workshop Electronic fetal heart rate monitoring : Am. J. Obstet, Gynecol, 177 : 1385-1390, 1997.
5) Smith CVS : Am J Obstet Gynecol 155 : 131, 1986.
7) ACOG practice bulletin. Antepartum fetal surveillance. Number 9, October, 1999.
8) 日本産科婦人科学会周産期委員会 : 日産婦誌 55 : 1205-1216, 2003
9) 藤森敬也, 他 : 周産期医学 37 (3) : 341-344, 2007
P.40 掲載の参考文献
1) Manning FA : In Fetal Medicine : Principles and Practice, pp.221-304, Appleton & Lange, 1995.
P.45 掲載の参考文献
1) Harrington K, et al : Harrington K, Campbell S (ed) : A Colour Atlas of Doppler Ultrasonography in Obstetrics. p.90, Arnold, 1995.
3) Arduini D, et al : Obstet Gynecol 79 : 605-610, 1992.
4) 佐藤昌司, 他 : 日本新生児学会誌 33 (1) : 25-28, 1997.
5) Mari G, et al : N. Engl, J. Med 6 (342) : 9-14, 2000.
6) 長田直樹, 他 : 周産期医学 27 (11) : 1467, 1997.
8) 金岡毅, 雪竹浩 : 日本新生児学会誌 32 : 392-399, 1996.
9) Indick JH, et al : Obstet Gynecol 77 : 551-557, 1991.
10) 神崎徹 : 新生児誌 32 (4) : 587, 1996.
11) 日本超音波医学会公示 : J. Med. Ultrasonics. 30 (3) : 440, 2003.

II. 特殊な胎児異常・遺伝性疾患

P.58 掲載の参考文献
3) Crane JP, Gray DL : Obstet Gynecol 77 : 533, 1991.
5) Neuberg DA, et al : J Ultrasound Med 2 : 103, 1993.
6) 家島厚 : 臨床遺伝医学 (II) 染色体異常症候群. p.200, 診断と治療社, 1991.
7) 田中洋 : 阿部・藤田編 : 新染色体異常アトラス. p.170, 南江堂, 1997.
8) 鈴森薫 : 出生前診断. pp.79-85, 診断と治療社, 1996.
9) 奥山和彦, 他 : 産科と婦人科 64 (12) : 1689-1694, 1997.
10) 藤本征一郎, 他 : 1-1 心身障害の胎児期における診断に関する研究, 平成5年度厚生省心身障害研究 「発達障害のケアシステムに関する研究」. pp.183-189, 1994.
12) 片山進 : 産婦人科の実際 44 (5) : 605-609, 1995.
13) 新谷三恵子, 他 : 新生児誌 32 (2) : 229-234, 1996.
14) 吉岡章, 他 : 医学のあゆみ 172 (6) : 403-406, 1995.
15) Nussbaum RL, et al : トンプソン&トンプソン遺伝医学 第2版 p.129.

III. 胎児異常・奇形の診断と管理

P.66 掲載の参考文献
1) 日本産科婦人科学会編 : 産科婦人科用語解説集 (2版). p.196, 金原出版, 1997.
2) Miller HC, Merrilt TA : Fetal Growth in Humans. Year Book. pp.31-57, 127-141, 1979.
3) 日本母性保護産婦人科医会 : 研修ノート 55 巨大児と肩甲難産. p.5, 1996.
4) 日産婦教育用語委員会報告 : 日産婦誌 46 : 1185-1188, 1994.
5) 山口規容子 : 小川雄之亮, 他編 : 新生児学. p.783, メディカ出版, 1995.
7) Di Renzo, et al : Ultrasound Obstet Gynecol 6 (suppl 2) : 29, 1995.
9) ACOG Committee Opinion No.197, 1998.
10) 日本産科婦人科学会周産期委員会提案 : 日産婦誌 57 : 92-117, 2005 (consensus).
11) 日本超音波医学会 : 超音波医学 30 : J415-J440, 2003.
12) 末原則幸 : 日産婦誌 52 : N365-9, 2002.
13) Chang TC et al : obstet gynecol 80 : 1030-1038, 1992.
14) 篠塚憲男 : 周産期診療指針 2010. pp.31-34, 東京医学社, 2010.
15) 高橋雄一郎, 他 : 周産期医学 40 : 191-193, 2010.
P.74 掲載の参考文献
2) 鈴木俊治, 他 : 新生児誌 30 : 468, 1994.
3) Revens ME, et al : Multiple gestation, in Avery GB, et al (ed) : Neonatology (4th ed). J. B. Lippincott, 1994.
4) 井上奈々子, 他 : 第33回日本新生児学会学術集会抄録集. p.250, 1997.
6) McGaham JP, et al : Diagnostic Obstetric Ultrasound. p.441, J. B. Lippincott, 1994.
7) Callen : Ultrasonography in Obstetrics and Gynecology (3rd ed). p.118, W. B. Saunders, 1994.
8) 荒木勤, 他 : 双胎. p.123, 金原出版, 1993.
10) 荒木勤, 他 : 双胎. p.180, 金原出版, 1993.
11) James DK, et al (ed) : High Risk Pregnancy. p.1007, W. B. Saunders, 1994.
12) 根津八紘 : 産婦人科の世界 47 : 47, 1995.
13) 竹内徹監修 : 周産期医療の理論と実践. p.135, メディカ出版, 1992.
15) Quintero RA : Monteagudo A, I. E. Timor-Tritsch (ed) : Ultrasound and Multifetal Pregnancy. p.173, The Parthenon Publishing Group, 1998.
16) Quintero RA et al : Obstet Gynecol. surw 53 : 597-5103, 1998.
18) 鴨下詠美, 他 : 日産婦誌 54 (11) : 1519-1523, 2002.
21) 村越毅 : 日産婦誌, 55 (9) : N-217, 2003.
22) 日本胎児治療グループ : https://fetusjapan.jp/
23) 水上尚典 : 周産期医学 35 : 978-981, 2005.
24) 左合治彦, 他 : 日産婦誌 60 : N458-468, 2008.
25) 大口昭英 : 周産期診療指針 2010 40増刊号 : 181-183, 2010.
P.78 掲載の参考文献
1) 周産期委員会報告 : 日産婦誌 59 (6), p.1159, 日本産科婦人科学会, 2007.
2) 武田佳彦 : 周産期医学 27 (10) : 1291-1294, 1997.
3) 前田一雄 : 産婦人科治療 64 : 374, 1992.
4) 日母研修委員会 : 研修ノート, No.18. 日本母性保護医協会, 1981.
5) Manning FA : Fetal Medicine : Principles & Practice. p.221, Appleton & Lange, 1995.
6) 太田孝夫 : 胎児心拍陣痛図演習. p.60, 東京医学社, 1994.
7) 森巍 : 妊産婦の保健・医療ガイド. p.222, 真興交易医書出版部, 1995.
8) 武田佳彦, 中林正雄編 : ハイリスク妊婦の周産期管理. p.145, 永井書店, 1997.
9) 森晃, 岩下光利, 武田佳彦 : 産婦の実際 44 : 1703-1707, 1995.
10) ACOG Committee Opinion Number 326, December, 2005.
11) 周産期委員会報告 : 日産婦誌 53 (8) : 1458, 2001.
12) 矢沢圭二郎 : 周産期医学 34 (2) : 254-257, 2004.
13) 千葉敏雄, 他 : 産科と婦人科 71 (3) : 343-348, 2004.
15) ACOG, AAP : Neonatal Encephalopathy and cerebral palsy : 2003.
16) 日本産婦人科学会編 : 産科婦人科用語集・用語解説集, p.272, 金原出版, 2004.
17) 馬場一憲 : 周産期医学 37 (3) : 293-299, 2007.
18) 日本産科婦人科学会 : 産婦人科研修の必須知識 2011, pp.144-145, 日本産科婦人科学会, 2011.
P.92 掲載の参考文献
1) 竹内久彌 : 佐藤潔, 他編 : 胎児・新生児の神経学. pp.164-169, メディカ出版, 1993.
3) 竹内久彌 : ペリネイタルケア 5 : 158, 1986.
5) Ardunini D, et al : Obstet Gynecol 79 : 605, 1992.
7) Harrington K, et al (ed) : A Color Atlas of Doppler Ultrasonography in Obstetrics. p.138, Arnold, 1995.
13) 竹内久彌 : 佐藤潔, 他編 : 胎児・新生児の神経学. p.175, メディカ出版, 1993.
14) Green MF, et al : Am J Obstet Gynecol 156 : 687, 1987.
16) James DK, et al (ed) : High Risk Pregnancy. p.886, W. B. Saunders, 1994.
17) Harrison, et al : The Unborn Patient (2nd ed). p.441, Saunders, 1990.
20) Manning FA : Fetal Medicine. p.479, Appleton & Lange, 1995.
21) Levene MI, et al : Fetal and Neonatal Neurology and Neurosurgery (2nd ed). p.244, Churchill Livingstone, 1995.
23) Creasy RK, et al (ed) : Seminars in Perinatology 18 (4) : 269, 1994.
24) Bejar R : Am J Obstet Gynecol 159 : 375-363, 1988.
25) 渡辺一功, 早川文雄 : 第29回日本新生児学会抄録集, 1993.
26) 早川文雄, 他 : 日本新生児学会誌 33 (1) : 55-56, 1997.
27) Pooh PK, et al : Prenat Neonat Hed. 4 : 18-38, 1999.
29) Biomchi DW, et al : Fetology : Diagnosis and management of the fetal patient pp.147-152, Mc Grew-Hill, 2000.
30) 夫律子 : 日本周産期・新生児学会雑誌 42 (4) : 836-845, 2006.
31) 胎児期水頭症ガイドライン編集委員会編 : 胎児期水頭症診断と治療ガイドライン. 金芳堂, 2005.
P.95 掲載の参考文献
P.117 掲載の参考文献
1) 竹内久彌, 千葉喜英 : Jpn J Med Ultrasonics 19 : 244-245, 1992.
2) 千葉喜英 : 新生児誌 26 : 850, 1990.
3) Harrington K, Canbell S (ed) : A Color Atlas of Doppler Ultrasonography in Obstetrics. p.97, Arnold, 1995.
4) Kirk JS, et al : Obstet Gynecol 84 : 427, 1994.
5) 日本胎児心臓病学会・学術委員会編 : 胎児心臓病の診断と治療 p.148-154, 2016.
6) Copel JA, et al : Amer J Obstet Gynecol 157 : 648, 1988.
8) 竹内久彌, 他 : Jpn J Med Ultrasonics 19 : 65, 1992.
9) 千葉喜英 : 新生児誌 26 : 850, 1990.
10) 泉茂樹, 他 : 周産期医学 25 : 247, 1995 (増刊号).
11) 原賢治 : 周産期symposium No.5. p.49, メジカルビュー社, 1987.
12) 川副泰隆 : 周産期医学 21 : 1583, 1991.
13) 秋田彰一 : 産科と婦人科 11 : 1528, 1994.
14) Harrington K, et al : A Color Atlas of Doppler Ultra Sonography in Obstetrics. p.61, Edward Arnold, 1995.
15) 金岡毅, 他 : 産婦人科の実際 41 : 1790, 1992.
16) Mari G, et al : Obstet Gynecol 81 : 560, 1993.
18) Kanzaki T, et al : J Matern Fetal Invest 1 : 35, 1991.
19) 神崎徹 : 産科と婦人科 11 : 1535, 1994.
20) Harrington K, et al : A Color Atlas of Doppler Ultra Sonography in Obstetrics. p.75, Edward Arnold, 1995.
21) 里見元義, 他 : New Mook小児科 8. p.129, 金原出版, 1995.
22) 細田瑳一, 杉本恒明編著 : 心臓病学. pp.1099-1113, 南江堂, 1991.
24) 伊藤茂, 他 : 産科と婦人科 59 (10) : 1506, 1992.
25) James DK, et al (ed) : High Risk Pregnancy Management Options. p.950, W. B. Saunders, 1994.
26) Sabbagha RE (ed) : Diagnostic Ultrasound Applied Obstetrics and Gynecology (3rd ed). p.452, J. B. Lippincott, 1994.
27) Manning FA : Fetal Medicine Principles and Practice. pp.518-523, Appleton and Lange, 1995.
28) 佐藤昌司, 他 : 周産期医学 21 : 1593, 1991.
29) Kurjak A, et al : The Fetus as a Patient. p.520, Parthenon Publishing Group, 1994.
31) Strasburger JF : Fetal arrhythmias, in Garson A, et al (ed) : The Science and Practice of Pediatric Cardiology. pp.1905-1911, Lea & Febiger, 1990.
33) 川滝元良 : 胎児エコー, 診断へのアプローチ. pp.156, メジカルビュー社, 2004.
36) 千葉喜英 : 産婦人科超音波像 (2版) 金芳堂, 1990.
38) 前野泰樹 : 産科と婦人科 73 (4) : 482-490, 2006.
41) 日本胎児心臓病学会・学術委員会編 : 胎児心臓病の診断と治療 p.163, 2016.
42) 前野泰樹 : 周産期医学 38 : 1397-1401, 2008.
P.128 掲載の参考文献
1) Vaughan JI, Fisk NM, Rodeck CH : Harman CR (ed) : Invasive Fetal Testing and Treatment. pp.219-239, Blackwell Scientific Publications, 1995.
2) Manning FA : Fleischer, Manning, Jeanty, et al (ed) : Sonography in Obstetrics and Gynecology Principles & Practice (5th ed). pp.704-706, Appleton & Lange, 1996.
3) Adzick N, et al : Journal Pediatr Surg 28 : 1-6, 1993.
4) Nakamura Y, Hamada K, Yamamoto I, et al : Arch Pathol Lab Med 116 : 635-642, 1992.
5) 福田清一, 河野勝一, 中村康寛 : 周産期医学 23 (4) : 465-470, 1993.
7) 長谷川利路, 鎌田振吉, 窪田昭男, 他 : 周産期医学 19 (3) : 395-399, 1989.
11) 鎌田振吉, 他 : 新生児誌 34 (4) : 757, 1998.
P.136 掲載の参考文献
1) Manning FA : Fetal Medicine,Principles and Practice. p.529, Appleton & Lange, 1995.
3) Callen PW, ed : Ultrasonography in Obstetrics and Gynecology (3rd ed). p.359, W. B. Saunders, 1994.
4) 増山寿, 森巍, 亀岡一裕 : 愛媛県病誌 26 : 68, 1990.
5) Reed GB, et al (ed) : Diseases of the Fetus and Newborn (2nd ed). p.597, Chapman & Nall medical, 1995.
P.145 掲載の参考文献
7) Harrison MR, et al : Harrison MR, et al (ed) : The Unborn Patient. p.349, W. B. Saunders,1990.
8) Harrison MR, et al : Harrison MR, et al (ed) : The Unborn Patient. p.375, W. B. Saunders,1990.
9) Manning FA : Fetal Medicine Principles and Practice. pp.548-549, Appleton and Lange, 1995.
10) 小林秀樹, 他 : 周産期シンポジウム No.12. p.77, メジカルビュー社, 1994.
11) Cameron D, et al : Obstet Gynecol 84 : 872-876, 1994.
12) Quintero, R et al : Prenat. Neonat. Med., 3 : 208-216, 1998.
13) 左合治彦 : 小児外科 39 : 876-880, 2007.
P.149 掲載の参考文献
1) 梶井正, 他編集 : 新先天奇形症候群アトラス pp148, pp152, pp186 南江堂, 1998.
2) 戸田蓬史, 他 : 厚生省精神神経疾患研究. 筋ジストロフィー及び類縁疾患の病態と治療法に関する研究 (平成7年度研究報告書). pp.77-79, 1996.
3) 大澤真木子, 小林槇雄 : 医学のあゆみ 179 (5) : 323-328, 1996.
4) 左合治彦, 他 : 周産期医学 33 (9) : 1129-1132, 2003.
P.157 掲載の参考文献
2) 前田博敬 : New Mook小児科 8 出生前診断と胎児新生児管理. p.114, 金原出版, 1995.
4) McLean, et al : Kurjak A, Chervenak FA (ed) : The Fetus as a Patient.p.527, The Parthenon Publishing Group, 1994.
5) Maning FA : Fetal Medicine Principles Practice. p.569, Appleton & Lange, 1995.
6) 前田博敬, 他 : 周産期シンポジウム No.12. p.60, メジカルビュー社, 1994.
7) 村越毅 : 周産期医学 36 (2) : 219-225, 2006

IV. 胎児付属物の異常と胎児管理

P.171 掲載の参考文献
3) 中山雅弘 : 臨婦産 46 (1) : 6, 1992.
4) Harrington K, Campbell S (ed) : A Color Atlas of Doppler Ultrasonography in Obstetrics. p.41, Edward Arnold, 1995.
5) Schulman H : Sabbagha RE (ed) : Diagnostic Ultrasound Applied to Obstetrics and Gynecology (3rd ed). pp.247-248, J. B. Lippincott, 1994.
6) 原量宏, 柳原敏宏, 神保利春 : 臨産婦 50 (5) : 700-703, 1996.
7) 今井史郎 : 臨産婦 50 (4) : 488-489, 1996.
8) Fox H : Pathology of Placenta, pp.104-107, W. B. Saunders, 1978.
9) 日本産科婦人科学会編 : 産科婦人科用語解説集. 金原出版, 1988.
10) 森巍 : 妊産婦の保健医療ガイド. p.208, 真興交易医書出版部, 1995.
13) 石原楷輔 : 経腟エコーの基本と読み方. pp.127-138, メジカルビュー社, 1994.
14) 中山雅弘 : 目でみる胎盤病理. pp.43-44, 医学書院, 2002.
15) 吉田幸洋 : 異常妊娠. pp.130, 中山書店, 1998.
16) Winer AS : Am J Obstet Gynecol 56 : 717, 1948.
19) Cunningham FG, et al : Williams Obstetrics 22th ed : pp.649-691, 2005.
25) de Almeida V, et al : Obstet Gynecol 83 : 323, 1994.
P.174 掲載の参考文献
1) Strong TH, Elliott JP, Radin TG : Obstet Gynecol 81 : 409-411, 1993.
3) 宇津正二 : New Epoch産科外来診療 (岡井崇編) pp.1793-1797, 医学書院, 1992.
P.183 掲載の参考文献
3) 寺尾俊彦 : 日産婦誌 48 (3) : 47-50, 1996.
5) 酒井正利, 斉藤滋, 他 : 日本周産期・新生児医学会雑誌 40 : 746-750, 2004.
7) 寺尾俊彦 : 周産期医学 26 (6) : 781-790, 1995.
11) 平野秀人, 津田晃, 内海透, 他 : 産婦の実際 43 : 187-193, 1994.
12) 寺尾俊彦 : 日産婦誌 48 (3) : N47-N50, 1996.
13) 金山尚裕 : 第32回日本新生児学会総会抄録集. pp.83-84, 1996.
14) Romero R, et al : Am J Obstet Gynecol 169 : 840-851, 1993.
15) Cohen AW, Neubert AG : Spitzer AR (ed) : Intensive Care of the Fetus and Neonate. pp.276-284, Mosby-Year Book, 1996.
16) 森巍 : 妊産婦の保健・医療ガイド. pp.294-300, 真興交易医書出版部, 1994.
17) 今中基晴, 荻田幸雄 : 日産婦誌 45 (8) : 902-913, 1993.
18) 今中基晴, 中井祐一郎, 荻田幸雄 : 周産期シンポジウム No14. p.115, メジカルビュー社, 1996.
20) 斉藤史子, 他 : 産婦人科治療 88 (2) : 167-172, 2004.
21) 佐川典正 : 臨婦産 60 (5) : 721-727, 2006.
23) 米田哲, 他 : 周産期診療指針 2010, 増刊号 40 : 127-130, 2010.
P.193 掲載の参考文献
1) Pritchard JA : Obstet Gynecol 23 : 606, 1986.
2) Fisher RL, et al : Obstet Gynecol 81 : 698, 1993.
5) Moise KJ : Seminars in Perinatology 17 (3) : 197-207, 1993.
6) Carlson DE, Platt LD, Medearis AL, et al : Obstet Gynecol 75 : 989, 1990.
7) Phelan JP, Ahn MO, Smith CV, et al : J Reprod Med 32 : 627, 1987.
9) Fisk NM, Ronderos-Dumit D, Soliani A, et al : Obstet & Gynecol 78 : 270-278, 1991.
12) Manning FA : Fetal Medicine. Principles and Practice. p.190, Appleton & Lange, 1995.
13) 小川雄之亮 : 新小児医学大系 8c 新生児学 III. pp.113-150, 中山書店, 1984.
14) Freeman RK, Poland RL (ed) : Guideline for Perinatal Care (3rd ed). p.86, AAP & ACOG, 1992.
15) 今中基晴, 中井祐一郎, 荻田幸雄 : 周産期シンポジウム No14. p.116, メジカルビュー社, 1996.
16) Kyle P, Herman CR : Harman CR (ed) : Invasive Fetal Testing and Treatment. p.368, Blackwell Scientific Publications, 1995.
17) 山田秀人, 平山恵美 : ペリネイタルケア 15 (6) : 47, 1996.
18) 高橋恒男 : 周産期診療指針 2010, 増刊号 40 : 331-332, 2010.
20) 田村正徳, 他 : 日本版救急蘇生ガイドライン2010に基づく新生児蘇生法テキスト.

V. 母体感染症と胎児感染

P.199 掲載の参考文献
1) 日本感染症学会 : 日本性感染症学会誌 19 : 46-48 (Guideline), 2006.
2) 大里和久 : 産婦人科治療 64 (1) : 29, 1992.
3) 一條元彦, 矢田純一編 : 周産期の感染と免疫. p.149, 南江堂, 1995.
4) CDC, Sexually Transmitter Diseases Treatment Guidelines 2006. MHWR MORB Mortal Wkly Rep 55 : RR-11, 2006.
P.201 掲載の参考文献
1) 日本性感染症学会 : 性感染症診断の治療ガイドライン 2008. 日性感染症会誌 19 : 5708 (ガイドライン), 2008.
P.204 掲載の参考文献
1) 川名尚 : 周産期医学 26 : 110, 1990 (増刊号).
2) 川名尚, 小島俊行 : 森川良行編 : New Mook小児科 8. pp.173-176, 金原出版, 1995.
3) 川名尚 : ペリネイタルケア 1999新春増刊 pp.20, メディカ出版.
4) 川名尚 : 産婦の実際 50 (9) : 1141, 2001.
P.207 掲載の参考文献
1) 喜多恒和 : 平成29年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策政策研究事業「HIV感染妊娠に関する全国疫学調査を診療ガイドラインの策定ならびに診療体制の確立」班 : 平成29年度HIV母子感染全国調査報告書, 2018.
2) HIV母子感染予防対策マニュアル」 第4版/厚生労働科学研究費補助金エイズ対策事業 「HIV感染妊婦の早期診断と治療および母子感染予防に関する臨床的・疫学的研究」 班.
4) AIDSinfo : https://aidsinfo.nih.gov/, Last updated October 26, 2016 ; last reviewed October 26, 2016.
5) Schneider E, et al : MMWR Recomm Rep 2008 ; 57 (RR-10) : 1-12.
P.209 掲載の参考文献
2) 沼崎義夫 : 臨床とウイルス 7 : 267-269, 1979.
3) 千場勉 : 日本臨床 56 : 193-196, 1998.
4) 沼崎啓, 千葉峻三 : 産婦人科の実際 43 : 31-34, 金原出版, 1994.
5) 友田豊 : 周産期医学 24 (suppl). pp.49-51, 東京医学社, 1994.
6) 川名尚 : 日母研修ニュース 6 : 19-23, 1999.
7) 山田秀人, 他 : 産婦人科治療 101 : 563-568, 2010.
8) 丸山有子 : 日産婦誌 59 : 1089-1100, 2007.
P.211 掲載の参考文献
1) 小島俊行 : 日産婦誌 59 (9) : N538, 2004.
2) 川名敬, 他 : 産婦人科の実際 55 (3) : 465, 2006.
P.213 掲載の参考文献
1) 保科清, 他 : 日産婦雑誌 46 (6) : 497-502, 1994.
2) CDC MMWR Recommend Rep 51 (RR-11) : 1-23, 2002.
P.216 掲載の参考文献
3) Bennett P, Nicolini U : Fisk NM, Moise KJ (ed) : Fetal Therapy Invasive and Transplacental. p.103, Cambridge University Press, 1997.
5) 矢野明彦, 他 : Medical Immunology 21 : 429-438, 1991.
6) Lappalainen M, et al : J. Infect. Dis 167 : 391-697, 1993.
7) 小島俊行, 他 : 周産期シンポジウム 18 : 9-19, 1999.
8) CDC. MMWR Mortal wkly Rep 49 : 57-75, 2000.
9) 野田俊一, 他 : 産婦人科治療 88 (2) : 161-166, 2004.
10) 小島俊行, 他 : 産婦人科治療 95 (1) : 63, 2007.
11) 日本産婦人科医会研修委員会 (編) : 研修ノート, No.66, pp.45-46, 2002.
12) Pelloux H, et al : Diagn Microfiol infect Dis 32 : 69-73, 1998.
P.220 掲載の参考文献
1) 川名尚, 他 : 産婦人科の実際 44 : 1571, 1995.
2) 加藤茂孝 : 臨床婦人科産科 50 : 248, 1996.
6) 杉下知子 : 周産期医学 21 : 93, 1991 (増刊号).
7) 加藤茂孝 : 産婦人科の実際 47 : 318, 1998.
8) 国立予防衛生研究所学友会編 : 予防接種法と結核予防法の改正について, ワクチンハンドブック (2刷追補). 丸善, 1996.
9) 杉下知子 : 産と婦 4 (3) : 431, 2000.
10) 小林重光 : 日産婦誌 56 (9) : N542, 2004.
11) 平原史樹, 他 : 風疹流行および先天性風疹症候群の発生抑制に関する緊急提言. 厚生労働科学研究費補助金分担研究班, 2004年8月.
P.223 掲載の参考文献
1) Gershon AA : Remington JS, Klein JO (ed) : Infectious Diseases of the Fetus and Newborn Infants (4th ed). p.566, W. B. Saunders, 1995.
2) Nicholas MF, Mois KJ (ed) : Fetal Therapy. pp.99-100, Cambridge University Press, 1997.
4) 加藤賢朗, 川名尚 : 周産期医学 27 (3) : 346, 1997.
6) 森島恒雄 : 臨婦産 50 (3) : 266, 1996.
7) 庵原俊昭 : 産婦実際, 特集周産期感染症ハンドブック 55 : 413-421, 2006.
P.226 掲載の参考文献
1) 白木和夫 : 厚生省心身障害研究 B型肝炎母子感染防止対策の追跡調査及び効果判定に関する研究. 平成8年度研究報告書.
2) 日本小児学会 : B型肝炎ウイルス母子感染予防のための新しい指針 (III) : http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/HBV20131218.pdp [2016.8.7].
3) 乾あやの, 小松陽樹, 藤沢知雄 : 周産期医学 27 (3) : 365, 1997.
4) 稲葉憲之, 他 : 産婦人科の実際 55 (3) : 423, 2006.
5) 白木和夫, 他 : 日小児会誌 109 : 78-79, 2005.
P.228 掲載の参考文献
1) Peters MT, Nicolaides KH : Obstetrics & Gynecology 75 : 501-504, 1990.
3) Brown KE, et al : Adv Pediatr Infect Dis 13 : 101-126, 1998.
4) 千坂泰, 八重樫伸生 : 周産期医学 31, 増刊号 : 96-98, 2001.
5) 研修ノート No70, 妊娠と感染症 : 日本産婦人科医会 pp.74, 2004.
P.229 掲載の参考文献
1) 森山郁子, 斉藤滋, 島本太香子 : 周産期医学 27 (3) : 371-375, 1997.
2) 森山郁子 : 周産期医学 29 : supplement, p115-120, 1999.
3) 厚労省雇児母発1006号第1号 (平成22年10月6日).
4) 日本産科婦人科学会/日本産婦人科医会 産婦人科診療ガイドライン 産科編 2011, pp.270, 2011.

VI. 合併症・異常妊娠と胎児の管理

P.236 掲載の参考文献
1) 平松祐司 : 産科的立場から糖尿病の栄養指導 2007. 診断と治療社 173-177, 2007.
2) 木戸口公一編 : ハイリスク妊娠. p.174, 医薬ジャーナル社, 1996.
3) 大森安恵編 : 糖尿病妊婦治療のてびき (2版). pp.49-71, 1996.
4) 産婦人科診療ガイドライン 産科編 2011, pp.16, 17, 日本産婦人科学会/日本産婦人科医会, 2011.
5) 荒木勤 : 日産婦誌 54 (4) : 11-14, 2002.
6) 栄養代謝問題委員会報告. 日産婦誌 36 : 2055-2058, 1984.
P.240 掲載の参考文献
1) 村田雄二編 : 合併症妊娠 pp.74-79, メディカ出版, 1993.
2) 池田智明 : 産婦人科治療 93 (2) : 129-136, 2006.
3) Shabetai R : Creasy, Reskik (ed) : Maternal Fatal Medicine (3rd ed). p.771, W. B. Saunders, 1994.
4) 合同研究班. Circulation Journal 69. suppl IV. 1267-1342, 2005.
P.243 掲載の参考文献
1) Davison JM, al : Renal disorders, in Creasy, Resnik (ed) : Maternal Fetal medicine (3rd ed). p.844-859, W. B. Saunders, 1994.
2) 阿部信一 : 日本医学新報 3838 : 89, 1997.
3) 宮原正 : 厚生省特定疾患 「進行性腎障害」 調査研究班 昭和63年度研究業績. 253-259, 1989.
4) 腎疾患患者の妊娠. 日本腎臓学会編, pp.75, 東京医学社, 2007.
P.246 掲載の参考文献
P.251 掲載の参考文献
1) 日本甲状腺学会編, バセドウ病治療のガイドライン 2006, 東京 : 南江堂, 117-126 (ガイドライン), 2006.
4) 百渓尚子 : 医学のあゆみ 178 (5) : 377-380, 1996.
5) Ross DS : Overview of thyroid disease in pregnancy, Up to Date 2010 : version 18.3 (Review).
6) 宗田聡 : 医学のあゆみ 207 : 406, 2003.
7) Polk DH, Fisher DA : Spitzen AR (ed) : Intensive Care of the Fetus and Neonate. p.965, Mosby-Year Book, 1996.
9) 網野信行, 他 : 周産期医学 36 (9) : 1151, 2006.
10) Amino N, et al : J Clin Endocrinol Motab. 2006.
11) 百渓尚子 : 産婦人科治療 93 (2) : 163-169, 2006.
P.257 掲載の参考文献
1) Eddleman KA, Bussel JB, Chervenak FA : Kurjak A, Chervenak FA (ed) : The Fetus as a Patient. pp.508-510, Parthenon Publishing Group, 1994.
2) Heppard MCS, Garite TJ : Acute Obstetrics (2nd ed). pp.85-90, Mosby-Year Book, 1996.
3) 藤田富雄 : 木戸口公一編 : ハイリスク妊娠. p.212, 医薬ジャーナル社, 1996.
5) 寺尾俊彦 : 自己免疫疾患. 日産婦誌 42 : 861-866, 1990.
7) 木戸口公一編 : ハイリスク妊娠. 医薬ジャーナル社, pp.222-228, 1996.
8) 木戸口公一編 : ハイリスク妊娠. 医薬ジャーナル社, p.253, 1996.
9) 新島新一 : ペリネイタルケア. pp.84-93, メディカ出版, 1997 (新春増刊).
10) 桑名正隆, 他 : 血栓止血誌 16 (6) : 607-613, 2005.
11) 日本産婦人科学会 : 産婦人科研修の必修知識 2007. p.242, 2007.
12) 吉田幸洋 : 産婦人科治療 100 (2) : 154-162, 2010.
P.259 掲載の参考文献
P.263 掲載の参考文献
1) 社団法人日本アレルギー学会端息ガイドライン専門部会監修 : 喘息予防・管理ガイドライン 2018, 協和企画.
2) 日本医師会雑誌 第145巻・特別号 (1) アレルギー疾患のすべて p.116-152, 2016年 日本医師会
P.267 掲載の参考文献
P.269 掲載の参考文献
P.276 掲載の参考文献
1) 浮田昌彦, 山田紀子, 森分紀子, 他 : 日本輸血学会雑誌 33 (6) : 728-735, 1987.
2) Mellison PL : Br Med J iii : 31, 1972.
3) Bowman JM : Maternal-Fetal Medicine (3rd ed). p.724, W. B. Saunders, 1994.
4) Harman CR : Harman CR (ed) : Invasive Fetal Testing and Treatment. p.144, Blackwell Scientific Publications, 1995.
5) 是澤光彦 : 周産期医学 22 (6) : 787-790, 1992.
6) Bowman JM : Maternal-Fetal Medicine (3rd ed). p.724, W. B. Saunders, 1994.
7) Plecas DV, Chitkara U, Berkowitz HS, et al : Obstet Gynecol 75 : 965, 1990.
11) 浮田昌彦 : 産婦児血液誌 2 (1) : 1-14, 1992.
12) 浮田昌彦 : 臨婦産 47 : 510-512, 1993.
13) Mari G, et al : N Eng J Med 342 : 9-14, 2000.
P.284 掲載の参考文献
1) 渡辺員支 : 【妊娠高血圧症候群のUp to date】妊娠高血圧症候群定義・臨床分類のup to date. 日本産科婦人科学会雑誌 (0300-9165) 70巻3号 Page 1148-1157 (2018.03)
2) 日本妊娠高血圧学会 : 妊娠高血圧症候群新定義・臨床分類 (2018年5月). http://www.jsshp.jp/journal/pdf/20180625_teigi_kaiteian.pdf
3) 日高, 他 : 日本妊娠中毒症学会誌 6 : 155-214, 1998.
4) 中林正雄 : 第8回腎と妊娠研究会. 東京女子医大, 1998.
5) 武田佳彦, 中林正雄編 : ハイリスクの妊娠の周産期管理. pp.33-34, 永井書店, 1997.
7) 日本産婦人科学会 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2017 (2017年4月) http://www.jsog.or.jp/uploads/files/medical/about/gl_sanka_2017.pdf
8) 日高 : 産婦治療 96 (3), 2008
10) 御手洗哲也 : 日内会誌 101 : 172-178, 2012.
12) Fetal Medicine Foundation : http://fetalmedicine.org/
P.287 掲載の参考文献
2) Barss VA, et al : Obstet Gynecol 65 : 541, 1985.
6) ACOG : Postterm pregnancy. Committee on quality assesment. Criteria set No 10. august 1995.
7) Gu lmezoglu AM, et al : Cochrane Detabase Syst Rev (4) : CD004945, 2006.

最近チェックした商品履歴

Loading...