咳嗽・喀痰の診療ガイドライン 2019

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,400 円(税込)

商品紹介

咳痰診療における世界初のガイドライン。総論では咳嗽と喀痰を分け、実臨床に必要となる知識を中心に解説。各論では咳嗽と喀痰を切り離さず、主要な原因疾患毎に、それぞれの病態に応じた診療のポイントを述べる。

目次

  • 第1章 諸言
     序
     咳嗽に関する諸言
     世界初の喀痰の診療ガイドライン発刊に寄せて

    第2章 咳嗽総論
     2-1 咳嗽の発生機序
     2-2 咳嗽の分類と原因疾患
     2-3 咳嗽診療の原則と咳嗽治療薬
     2-4 咳嗽治療薬

    第3章 喀痰総論
     3-1 喀痰の発生機序
     3-2 喀痰の分類と原因疾患
     3-3 喀痰診療の原則と喀痰治療薬

    第4章 主要な原因疾患
    4-A 感染性咳嗽
     A-1 感染性咳嗽に関するFAQ
     A-2 急性気管支炎,肺炎の喀痰に関するFAQ
     A-3 結核,非結核性抗酸菌症
     A-4 感染予防対策
    4-B 感染後咳嗽
    4-C 慢性気道炎症性疾患
     C-1 慢性気管支炎,慢性閉塞性肺疾患(COPD)
    ~タバコ煙曝露による慢性気管支炎を含めて~ 
     C-2 副鼻腔気管支症候群(SBS)
     C-3 びまん性汎細気管支炎(DPB)
     C-4 気管支拡張症(BE)
     C-5 副鼻腔炎(従来型,好酸球性)
     C-6 後鼻漏症候群(PNDS)
    4-D 気管支喘息,アレルギー関連疾患
     D-1 気管支喘息
     D-2 咳喘息(CVA:古典的喘息と比較して)
     D-3 アトピー咳嗽
     D-4 喉頭アレルギー
    4-E 胃食道逆流症(GERD)
    4-F 間質性肺炎(IP)
    4-G 腫瘍
    4-H 異物
    4-I 睡眠時無呼吸症候群 
    4-J 高齢者における咳嗽
    4-K 薬剤による咳嗽
    4-L 職業性・環境因子

    第5章 小児
    5-A 小児咳嗽総論
     A-1 フローチャート
     A-2 年齢による原因疾患と頻度
     A-3 小児の急性咳嗽
     A-4 小児の慢性咳嗽
     A-5 小児における鎮咳薬
    5-B 小児喀痰総論
     B-1 小児の喀痰の特徴
     B-2 喀痰をきたす疾患と喀痰調整薬
    5-C 小児咳嗽各論
     C-1 小児急性咳嗽
     C-2 感染後の長引く咳嗽
     C-3 小児の気管支喘息のよる咳嗽
     C-4 心因性咳嗽
    5-D 小児喀痰各論
     D-1 喘息の喀痰に対する治療
     D-2 肺炎・気管支炎の喀痰に対する治療

    第6章 人工呼吸器関連の気道分泌管理

    第7章 新たな概念
    7-A 難治性咳嗽 
    7-B 真菌関連慢性咳嗽(FACC)
    7-C Somatic Cough Syndrome,Tic Cough
    7-D 近年知られるようになった慢性咳嗽の原因や関連疾患
    7-E 咳嗽の評価方法

    第8章 専門的な検査
    8-A 気道可逆性,気道過敏性,咳受容体感受性気管支平滑筋収縮誘発咳嗽反応検査
    8-B 呼吸抵抗測定
    8-C 気道炎症の評価
    8-D 画像診断
     D-1 胸部CT
     D-2 副鼻腔CT
    8-E 24時間pHモニタリング検査
    8-F 内視鏡検査
     F-1 気管支鏡検査
     F-2 上気道ファイバースコピー

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...