インナービジョン 34/5 2019年5月号

出版社: インナービジョン
発行日: 2019-04-25
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 09138919
雑誌名:
特集: マルチモダリティによるCardiac Imaging 2019【臨床編】
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,420 円(税込)

目次

  • 特集 マルチモダリティによるCardiac Imaging 2019【臨床編】
       個別化循環器診療のフロンティア:進化し続ける心臓画像診断

    I CTのベネフィット&ポテンシャル
     ●イントロダクション:心臓CTの最新動向と今後の展望
      1.心臓領域におけるCTの包括検査の現状と展望
      2.Fast kVp switching dual energy CTの心臓領域への応用
      3.2層検出器スペクトラルCTによる「冠動脈」「心筋」評価
      4.心臓領域における超高精細CTの有用性
      5.TAVI術前CT
      6.FFRCTによる虚血評価と今後の展開
      7.当院の心臓CT検査について
      8.Dual Source CTを用いた非侵襲的心筋虚血評価の初期経験について

    II MRIのベネフィット&ポテンシャル
     ●イントロダクション:心臓MRIの最新動向と今後の展望
      1.MRIによる心アミロイドーシス診断の現状と展望
      2.先天性心疾患における心臓MRIの位置づけ─4D flow MRIも含めて
      3.圧縮センシングを用いた心臓MRIの実際
      4.MRIでの心筋虚血評価の有用性と将来展望

    III USのベネフィット&ポテンシャル
     ●イントロダクション:心エコー検査の最新動向と今後の展望
      1.SHDインターベンションにおけるUSの位置づけ
      2.心臓領域におけるフュージョンイメージングの有用性
     
    IV DAのベネフィット&ポテンシャル
     ●イントロダクション:個別化循環器診療のフロンティア
       ─心臓領域のインターベンションにおける
        ハード・ソフトウエアの最新動向と今後の展望
     1.末梢動脈硬化性疾患の診断と血管内治療で求められる血管撮影装置とその使用経験

    V 核医学診断装置のベネフィット&ポテンシャル
     ●イントロダクション:心臓核医学検査の最新動向と今後の展望
      1.半導体検出器搭載SPECTによる心筋虚血評価の実際
         ─これまでの使用経験と将来展望など

    VI ITのベネフィット&ポテンシャル
     1.心臓領域におけるディープラーニングの動向と展望
     2.血管造影画像をベースとした機能的虚血評価(QFR解析)の有用性
     3.TAVIをサポートする自動解析ソフトウエア3mensio Structural Heartの
       有用性と今後の展望
     4.心筋パーフュージョンCTにおける撮影および画像処理の実際

    ほか

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...