女性・スポーツ大事典

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

6,050 円(税込)

商品紹介

性の問題、ハラスメント、加齢、障がい者スポーツ、学校や組織での役割など、あらゆる場面の課題を考える。
本書は、女性スポーツの歴史、女性特有の生理学はもとより、性の問題、様々なハラスメント、加齢、障がい者スポーツ、学校や組織、さらには政治の場での女性の役割など、女性とスポーツに関わるあらゆる問題に切り込んだ、五輪ホスト国として必読の1冊です。
また、サッカーのアメリカ代表選手だったアビー・ワンバックや、テニスのセリーナ・ウィリアムズなど、著名選手の赤裸々なエピソードやインタビューなども数多く掲載され、興味深い内容となっています。

目次

  • 序章 女性アスリートになる

    ■第1部 女性スポーツの過去と現在をつなぐ
    第1章 歴史のレンズを通して見た女性スポーツ
    第2章 タイトルIX、そしてその先へ 公民権と女性運動が女性スポーツに与えた影響
    第3章 21世紀の女性スポーツ

    ■第2部 強い女性たち、子どもも大人も
    第4章 あらゆる世代の女性のスポーツ参加の恩恵とリスク
    第5章 生理学と女性アスリート:生物としての宿命なのか?

    ■第3部 女性、スポーツ、そして社会的立場
    第6章 有色人種女性アスリートの経験
    第7章 性自認と性指向 スポーツにおけるインクルージョンと偏見
    第8章 女性のスポーツと加齢
    第9章 障がいをもつ女性とスポーツ
    第10章 女性、スポーツ、性暴力

    ■第4部 スポーツ業界の女性たち
    第11章 女性、メディア、そしてスポーツ
    第12章 スポーツ組織・団体における女性リーダー
    第13章 高校スポーツ・カレッジスポーツに関連する職場における女性リーダー
    第14章 女性スポーツの商品化とマーケティング
    第15章 宗教と政治が女性スポーツに与える影響

    終章 女性アスリートの未来を垣間見る

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...