医薬経済 2019年5月15日号

出版社: 医薬経済社
発行日: 2019-05-15
分野: 薬学  >  雑誌
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,200 円(税込)

目次

  • ■意気軒昂の長老と失速する小泉進次郎氏
      ―骨抜きの「社会保障改革ビジョン」に業界拍子抜け

    ■同日選で虚々実々の駆け引き―痛み強いる社会保障改革は選挙後に先送り
    ■それで誰が「安定供給」を担うのか―抗菌薬で欠品続発、「G1品」も増産対応の皮肉
    ■薬科大「真」の実力と涙ぐましい裏技―薬剤師国試を対入学者合格率で評価すると
    ■「すごい男」がDeNAに入った―風疹対策の次にWELQの汚名返上を担う元医系技官
    ■再生医療の新ツールとなる「エクソソーム創薬」―細胞・遺伝子治療を超える可能性
    ■塩野義「ロジカル経営」の課題―ロイヤリティ以外の収益をいかに伸ばすか
    ■24時間営業は果たして「悪」なのか―顕在化した「働き方」と「ニーズ」の乖離
    ■アマゾン「ヘルスケア」の野望(下)―薬局支配とPBM駆逐
    ■「民衆法廷」が裁く中国渡航移植ー非難されるべきはドナーを増やさぬ学会の怠慢
    ■久光の令和時代を支える「サロンパス」―再編前夜の国内OTC薬市場にどう対処するか

    【連 載】
    ◆OBSERVER=石井伊都子 千葉大学医学部附属病院薬剤部長
    ◆技術革新と製薬企業の明日=将来に禍根を残す決着
    ◆医薬経済気象台=日米交渉本番の季節に
    ◆製薬企業の経営診断(小林製薬)=顧客視点が成長の原動力
    ◆医政羅針盤=人口減少への対応と令和日本の行方
    ◆経済記事の読み方=地銀マン「第二の人生」の行き先

    ◆エンディングノート=マギー司郎

    ◆Dear Tomorrow
     新しいヘルスケアマーケティング=製薬企業は「本業」以外にどんなことができるか
    ◆Start Up×Health Care~未来への投資=スタートアップと大手企業が提携に至るまで
    ◆鳥集徹の口に苦い話=「認知症治療薬」失敗を嘆くより予防政策に取り組むべき
    ◆読む医療=主観で評価されたへき地開業医
    ◆時流遡航=哲学の脇道遊行記―その実景探訪(16)
    ◆平時医療体制の破錠に備える=日本は一刻も早く世界を知るべき
    ◆審査建言=制度改正部会が突き付けた医薬分業の見直し
    ◆眺望「医薬街道」=再生医療製品のルール策定を急げ
    ◆世界の医薬品業界=大手の製造施設削減とジェネリック市場
    ◆薬剤経済学=新薬アクセスの遅れ・制限を盾にした薬価交渉
    ◆支払いと結果=再入院率はやはりケアの質、病院の努力を反映する
    ◆変革期迎えた中国医薬品業界=中国版「PMDA」の役割

    ◆Current Issues
    ◆明快語録
    ◆ニュースダイジェスト
    ◆時感/編集後記

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...