高血圧診療ステップアップ

出版社: 診断と治療社
著者:
発行日: 2019-05-18
分野: 臨床医学:内科  >  血管
ISBN: 9784787824028
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

6,050 円(税込)

商品紹介

「高血圧治療ガイドライン2019」に準拠した学会公認テキスト。ガイドラインの“行間”を知りたい、高血圧の日常診療をさらにスキルアップしたい読者のために、わかりやすく解説。専門医、また専門医をめざす医師のための「高血圧専門医ガイドブック」の改訂新版でもある。高血圧診療にかかわるすべての医師必携の好著。

目次

  • I.総論
     A.高血圧の疫学
     B.血圧調節機序

    II.血圧測定
     A.血圧測定と臨床評価
     B.24時間血圧測定・家庭血圧
     C.白衣高血圧,仮面高血圧,血圧変動性
     D.脈拍の変動

    III.高血圧の診察
     ◇高血圧の診察
      1.診断の組み立て
      2.病歴聴取
      3.身体所見

    IV.臨床検査
     A.一般必須検査
     B.特殊検査(1)―エコー・CT・MRI(頸部,心,腎血流)
     C.特殊検査(2)―動脈硬化指標
     D.内分泌検査
     E.核医学・造影・腎生検

    V.治療
     A.高血圧の管理および治療の基本方針
     B.治療対象と降圧目標,治療法の選択
     C.高血圧治療における留意事項
     D.生活習慣の修正
     E.降圧薬治療の概論
     F.降圧薬の特徴と薬理・副作用

    VI.高血圧性合併症の特徴と治療
     A.脳血管障害
     B.心疾患
     C.腎疾患
     D.血管疾患

    VII.他疾患を合併した高血圧の治療
     A.糖尿病,脂質異常症,肥満,メタボリックシンドローム
     B.睡眠時無呼吸症候群(SAS)
     C.痛風・高尿酸血症,慢性閉塞性肺疾患・気管支喘息,肝疾患

    VIII.認知症を合併した高血圧への対応
     ◇認知症を合併した高血圧への対応
      1.高血圧と認知機能障害・認知症
      2.高齢期高血圧治療と認知機能
      3.認知症合併高血圧
      4.米国,欧州ガイドラインでの取り扱い

    IX.高齢者高血圧
     ◇高齢者高血圧
      1.高齢者高血圧の特徴
      2.高齢者高血圧の基準と疫学研究成績
      3.高齢者高血圧の診断
      4.高齢者高血圧の治療

    X.小児の高血圧 
     ◇小児の高血圧
      1.小児の高血圧の頻度,経年変化
      2.小児の血圧測定と高血圧基準値
      3.小児高血圧の病態
      4.小児肥満と高血圧
      5.胎児期の栄養と高血圧
      6.小児・高校生の本態性高血圧の問題点
      7.小児期における生活習慣の修正
      8.高血圧の管理
      9.小児高血圧の診断・治療にかかわる課題

    XI.女性の高血圧
     ◇女性の高血圧
      1.若年女性にみられる二次性高血圧
      2.妊娠高血圧症候群(HDP)
      3.授乳に関する降圧薬
      4.更年期における高血圧

    XII.特殊条件下の高血圧
     A.高血圧緊急症・切迫症
     B.高血圧緊急症以外の一過性血圧上昇
     C.外科手術前後の血圧コントロール

    XIII.治療抵抗性高血圧
     ◇治療抵抗性高血圧
      1.治療抵抗性高血圧の定義と頻度,予後
      2.治療抵抗性高血圧の要因
      3.治療抵抗性高血圧への対策

    XIV.二次性高血圧
     A.二次性高血圧の概論
     B.腎実質性高血圧
     C.腎血管性高血圧
     D.内分泌性高血圧
     E.血管性高血圧
     F.脳・中枢神経系疾患による高血圧
     G.遺伝性高血圧
     H.薬剤誘発性高血圧

    XV.臨床研究を適切に行うために
     ◇臨床研究を適切に行うために
      1.臨床研究の変遷と研究者に求められるもの
      2.利益相反のハンドリングと研究倫理 高血圧専門医は正しいスキルとリテラシーを
      3.高血圧の臨床研究はどこへ向かうのか? ビッグデータはバイアスの塊である

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...