救急医学 43/6 2019年5月臨時増刊号 緊急被ばく医療

出版社: へるす出版
発行日: 2019-05-20
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 03858162
雑誌名:
特集: 緊急被ばく医療
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,320 円(税込)

目次

  • 特集 緊急被ばく医療

    【Guest editor】
    福島県立医科大学医学部放射線災害医療学講座

    I 歴史から学ぶ
     緊急被ばく医療の歴史
     世界の原子力事故・災害
     広島・長崎での原子爆弾被害
     東海村JCO臨界事故における医療対応
     原子力災害発生時の防災体制─福島第一原発事故時の問題点と現在の体制
     福島第一原発事故における消防初動と,帯同医師の役割
     福島第一原発事故における日本救急医学会の活動
     
    II 放射線リスクの相場カンを学ぶ
     放射線の基礎知識
     放射線による人体影響
     放射線リスクの相場カン
     
    III 緊急被ばく医療の実際について考える
     発生現場とのコミュニケーション
     被ばく・汚染傷病者受け入れのための医療機関の準備
     医療機関における緊急被ばく医療の診療手順
     高線量被ばくを受けた傷病者への対応
     外部汚染傷病者への対応
     内部被ばく傷病者への対応
     線量評価
     CBRNE災害における緊急被ばく医療
     
    IV 緊急被ばく医療の啓発・教育について知る
     わが国における緊急被ばく医療・原子力災害医療教育の現状と課題
     米国における原子力災害教育
     
    V 経験を将来に伝える
     福島第一原発事故後の原子力災害医療体制再構築
     福島第一原発における救急医療室の運営
     福島第一原発事故における傷病発生予防
     自衛隊の視点からみた原子力災害の実際
     福島第一原発事故におけるクライシスコミュニケーション
     福島第一原発事故後の健康リスク,放射線不安およびリスクコミュニケーション

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...