臨床高血圧 12/1 2006年2月号

出版社: メディカルレビュー社
発行日: 2006-02-15
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
雑誌名:
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

1,980 円(税込)

目次

  • 臨床高血圧 12/1 2006年2月号

    ―目次―

    ● DISCUSSION
    高血圧の併用療法―ASCOTを中心に―

    ● State of the ART
    高血圧性臓器障害と降圧効果における性差

    ● DEBATE
    仮面高血圧の定義―降圧療法中の患者を含むか―
    含む立場から
    含まない立場から

    ● DATA Analysis
    1. 低出生体重児は,正常出生体重児に比し大動脈の
       最大内膜中膜肥厚がより大きい
    2. 末梢血内皮前駆細胞数と心血管死亡および心血管イベント,
       総死亡との関係
    3. カロリー制限による,eNOS発現とcGMP産生の促進
    4. 重症救急患者において,集中的なインスリン治療は
       血管内皮を保護する

    ● Trial & Meta-analysis
    1. ALLHATサブグループ解析:降圧薬治療の腎機能に与える影響
    2. ALLHATサブグループ解析:糖尿病患者における
       降圧薬治療の評価
    3. BPLT-TC
    4. β遮断薬は本態性高血圧治療の第一選択薬として残すべきか?

    ● In my experience 私の健康法

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...