産科と婦人科 86/7 2019年7月号

出版社: 診断と治療社
発行日: 2019-07-01
分野: 臨床医学:外科  >  雑誌
ISSN: 03869792
雑誌名:
特集: 広がる子宮内膜症の世界
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,080 円(税込)

目次

  • 特集 広がる子宮内膜症の世界

    I.最新の疫学
     1.子宮内膜症の現状
     2.子宮内膜症の疾病負担と医療経済

    II.症状・関連疾患と最新治療
     3.子宮内膜症における疼痛
     4.子宮内膜症合併不妊症
     5.子宮内膜症合併妊娠における産科異常
     6.卵巣チョコレート囊胞の破裂,感染,癌化
     7.子宮内膜症―生活習慣病―
     8.子宮内膜症と更年期医療
     9.子宮内膜症に対する手術はなぜ難しいのか―解剖学的構造の変化を考える―

    III.病因・病態の最新知見
     10.子宮内膜症における内分泌因子
     11.子宮内膜症における免疫と炎症
     12.子宮内膜症の病因における幹細胞の役割
     13.子宮内膜症の病態・病因におけるジェネティックスとエピジェネティックス
     14.子宮内膜症における細菌性エンドトキシンとToll–like receptor 4(TLR4)の役割
     15.子宮内膜症における神経因子

    連載
    第15回 医療裁判の現場から
     吸引分娩により分娩された児に脳性麻痺等の障害が生じたケースにおいて,
     初回の吸引カップ装着から吸引手技終了まで20分以上を要したことについて
     医師の注意義務違反が否定された事例

    若手の最新研究紹介コーナー
     HPV E1 is dispensable for low and high risk HPV maintenance and latent
    replication in keratinocytes but is necessary for genome amplification

    来たれ! 私たちの産婦人科 第31回
     岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産科・婦人科学
     岡山大学病院産科婦人科・周産母子センター

    総説
     不妊女性の卵胞発育におけるLH活性の必要性

    症例
     子宮摘出後に後腹膜に発生したSTUMP
      (smooth muscle tumor of uncertain malignant potential)の1例
     アブスコパル効果と思われる腫瘍縮小効果を示した腟癌の1例

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...