• HOME
  •  > 
  • 臨床医学:内科
  •  > 
  • 腎臓
  •  >  むかしの頭で診ていませんか? 腎臓・高血圧診療をスッキリまとめました

むかしの頭で診ていませんか? 腎臓・高血圧診療をスッキリまとめました

出版社: 南江堂
著者:
発行日: 2019-06-30
分野: 臨床医学:内科  >  腎臓
ISBN: 9784524248131
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,180 円(税込)

商品紹介

「むかしの頭で診ていませんか?」シリーズの腎臓・高血圧診療版。「専門ではない」けれども、「診る機会がある」ポピュラーな腎疾患および高血圧診療における、“従来の考え方から大きく変わったこと”を取り上げ、わかりやすく解説。どう考えるのか、具体的にどう対処するのか、考え方が変わった根拠は何か、といった最低限押さえておきたい知識・情報をスッキリ整理。全ての臨床医にお勧めの大好評シリーズ!

目次

  • 1 eGFRはGFRではありません
    2 尿定性検査で蛋白±なのに潜血3+
    3 健診で見つかった蛋白尿
    4 尿沈渣で何を見る?
    5 血清リンを測って意味があるのか?
    6 血清カルシウムが高いとき
    7 ナトリウムが高いとき/低いとき
    8 カリウムが高いとき/低いとき
    9 腎生検をなぜ行うのか?
    10 蛋白尿はなぜ悪い?
    11 ジピリダモールで蛋白尿は減るか?
    12 それはネフローゼ症候群です
    13 IgA腎症を疑ってください
    14 いつANCA関連血管炎を疑うか?
    15 食塩感受性でなくても減塩する?
    16 たんぱく質制限が必要なのは誰か?
    17 それは腎性貧血ですか?
    18 それは本当に腎実質性高血圧?
    19 いつ二次性高血圧を疑うか?
    20 ループ利尿薬は腎臓をもっと悪くする?
    21 本当に透析が必要な急性腎障害(AKI)
    22 CKDでも使える痛み止め
    23 CKDで骨折するか?
    24 CKDで利尿薬をどう使う?
    25 CKDで使う経口糖尿病治療薬
    26 治療して得する高尿酸血症は?
    27 CKD患者の便秘はどう対応する?
    28 CKD患者の抗凝固療法
    29 経口吸着炭製剤は意味があるか?
    30 〈高血圧+CKD〉でRA系阻害薬を処方するとき
    31 高齢者の高血圧はどう管理する?

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...