• HOME
  •  > 
  • 医学一般
  •  > 
  • 医学教育
  •  >  グラフィック・メディスン・マニフェスト マンガで医療が変わる

グラフィック・メディスン・マニフェスト マンガで医療が変わる

商品紹介

グラフィック・メディスンの中核は,健康と病いについてのストーリーテリングであり,医学や社会言説においてしばしば周辺化され,タブー視されている,患者の複雑な経験を描き出すことにある。マンガを通して,一般患者という概念に抵抗し,矛盾する視点や経験でもって複数の患者を鮮やかに表現しようとするムーヴメントへの誘い。

目次

  • 序 章 グラフィック・メディスン・マニフェストへようこそ

    第1章 語る権利は誰の手に:コミック研究の成り立ち     
         コミック,批評,学術界
         コミック―その真面目なもの,文学,芸術

    第2章 社会関与協働型研究(エンゲージド・スカラシップ)に向けて:
          グラフィック・メディスンの活用 
         医学人文学から保健医療人文学へ
         障害学
         女性学
         科学技術研究と環境学
         グラフィック・メディスンのさらなる展開
         大学院生教育におけるグラフィック・メディスン
         ケアに関わる追記

    第3章 グラフィック・ストーリーテリングと医学物語:
          医学教育におけるマンガの利用
         はじめに
         僕の原点
         なぜマンガなのか?
         医学生のためのマンガと医学のコース
         マンガを読むことと医学教育の課程目標
         マンガを描く
         ティナを手なづける
         結 論

    第4章 教室とクリニックにおけるグラフィック・パソグラフィー:
          ケーススタディ
         パート1 :医学教育における美学
         パート2 :授業での『うるさいがん患者』
         授業で再びマルチェットを取り上げる

    第5章 マンガと病いのイコノグラフィー
         イントロダクション
         病いの視覚的描写
         マンガにおける病いのイコノグラフィー
         表示の方法
         公式 対 非公式のイコノグラフィー
         結 論

    第6章 クレヨン革命
         今に至るまで
         パート1 :みんなで描こうよ
         パート2 :クレヨンの力
         パート3 :1コマ漫画
         パート4 :マンガを描く
         パート5 :クラスを超えて
         結 論

    終 章 結論

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...