最適治療を極める! クローン病

出版社: 医学と看護社
著者:
発行日: 2019-07-20
分野: 臨床医学:内科  >  消化器一般
ISBN: 9784909888044
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

3,300 円(税込)

商品紹介

患者の病態の理解と最適な治療を極める、好評の「潰瘍性大腸炎」に継ぐ姉妹編!

目次

  • 第1章 クローン病概念の成立と歴史的背景
     1.クローン病の歴史を知る─クローン病の由来は雑誌の投稿規定のいたずら?
     2.論文発表後の歴史
     3.第二次世界大戦後の科学的・治療的進歩
     4.治療の変遷

    第2章 クローン病の病態
     1.遺伝的素因:感受性遺伝子の問題
     2.環境因子:腸内細菌の役割
     3.腸バリア:上皮と自然免疫
     4.獲得免疫反応:エフェクター細胞と制御性T細胞

    第3章 クローン病の診断
     1.潰瘍性大腸炎とクローン病との違いについて
     2.クローン病の小腸・大腸内視鏡所見・治療のポイントとは?

     3.クローン病の診断基準
    第4章 クローン病の治療
     1.治療のポイント
     2.栄養療法
      1)クローン病における栄養障害
      2)栄養療法
     3.薬剤治療
      1)5-ASA製剤について
      2)ステロイド剤
      3)チオプリン製剤
      4)抗TNF-α抗体製剤
      5)Ustekinumab
      6)Vedolizumab
      7)Janus kinase(JAK)inhibitor

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...