はじめて学ぶ “伝わる”プレゼンテーション

出版社: 総合医学社
著者:
発行日: 2019-07-25
分野: 看護学  >  看護教育/研究
ISBN: 9784883786756
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

2,860 円(税込)

商品紹介

伝わるプレゼンテーションをするにはどうすればいいのか。看護師を対象に、話の論理的な組み立て、人前で上手に話すためのコツ、さまざまな場面でのプレゼンテーション、PowerPointでの発表資料の作り方などを解説。

目次

  • Chapter1 プレゼンテーションをはじめる前に
     1.「話す」場面
     2.「伝えたいこと」と「聞きたいこと」の違い
     3.看護師に求められるプレゼンテーション力

    Chapter2 プレゼンテーションのキホン
     1.プレゼンテーションの目的と内容
     2.メッセージが伝わるための要素
     3.論理的な組み立て
     4.イメージの共有
      1 全体像の共有
      2 経験を話す
      3 見たことを話す
      4 聞いたことを話す
      5 物語を話す
     5.視覚からの情報伝達

    Chapter3 人前で上手に話すためのコツ
     1.自己紹介
     2.「私の大切な物」を紹介
     3.面接試験での自己PR
     4.患者・家族への説明

    Chapter4 学会発表,院内発表のためのプレゼンテーションのキホンとコツ
     1.発表方法の特徴を知ろう
     2.研究発表の構成を考えよう
     3.見やすい表現をしよう
      1 文章で説明しすぎない
      2 文字の大きさ・書体・色を考えよう
      3 できるだけ図で表現,しかも単純に
     4.スライドの作り方のキホンとコツ
      1 1枚のスライドで1つのことを言う
      2 大切なことを強調する
      3 話す内容と連動する
      4 スライドに一貫性をもたせる
     5.スライドを作ってみよう
      1 事例の紹介
      2 ポイント1 全体の構成
      3 ポイント2 スライドデザインと背景
      4 ポイント3 要約・視覚化
      5 ポイント4 文字の書体(フォント)とサイズ
      6 ポイント5 文字色の選択/強調の表示
      7 ポイント6 見出しの入れ方
      8 ポイント7 要素(文章・図)の配置
      9 ポイント8 グラフの活用と工夫
      10 ポイント9 表の活用と工夫
      11 ポイント10 アニメーションの活用
     6.修正後のスライドと修正ポイント
     7.スライドを使った発表練習と本番
      1 ポイント11 発表原稿作成
      2 ポイント12 発表時の態度,話し方
      3 ポイント13 リハーサル
      4 ポイント14 質問への受け答え
     8.ポスターの作り方のキホンとコツ
      1 文字の大きさ・太さ・色
      2 文章の長さ
      3 伝えたいことの取捨選択
     9.作成したポスターを最大限に活用した発表

    Chapter5 カンファレンスや日々の申し送りでのプレゼンテーション
     1.カンファレンス
      1 ケアカンファレンス
      2 事例検討カンファレンス
     2.申し送り
     3.研修報告(伝達講習)
     4.会議の報告

    Chapter6 さらにプレゼンテーション技術を高めるために

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...