看護教育実践シリーズ 5 体験学習の展開

出版社: 医学書院
著者:
発行日: 2019-08-01
分野: 看護学  >  看護教育/研究
ISBN: 9784260039208
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,640 円(税込)

商品紹介

本書では、人は体験からどのように学ぶのか、体験から大きな学びと深い記憶が生じるためにはどのような支援が必要なのか、その原理を丁寧に記しながら、看護教育で行われる体験学習を効果的に支援する方策を紹介する。本書は臨地実習だけを体験学習ととらえず、ロールプレイやシミュレーション教育、さらには学校行事など学生のあらゆる体験を学習の場とし、そこからの学びを促すために教員に何ができるのかを考えている。

目次

  • 第1部 体験学習の理論と特徴
     1章 体験学習の意義を理解する
      1 体験学習の起源をたどる
      2 体験の特徴を理解する
      3 体験学習とその効果を理解する
     2章 体験学習の原理を理解する
      1 基盤となる学習観を理解する
      2 体験を積み重ね能力を高めていく
      3 他者とかかわり合って能力を高めていく
     3章 体験学習を促す教育方法を理解する
      1 体験学習を促す指針を理解する
      2 体験学習を促すための理論を理解する
      3 体験学習における教員の役割を理解する

    第2部 体験学習の方法
     4章 体験学習を計画する
      1 体験学習を計画する意義
      2 学びにつながる体験を計画する
      3 協力者との連携を深める
     5章 振り返りを通して学習する
      1 振り返りを理解する
      2 効果的に振り返りを促す
      3 記述によって振り返りを導く
      4 グループでの振り返りを導く
     6章 コーチングで体験学習を支援する
      1 体験学習におけるコーチングの意義
      2 学生が話しやすい関係を築く
      3 コーチングによって体験からの学びを促す
     7章 シミュレーションを通して学習する
      1 シミュレーションの特徴を理解する
      2 シミュレーションを準備する
      3 シミュレーションを実施する
     8章 ロールプレイを通して学習する
      1 役割を与えられると人は気づく
      2 ロールプレイの場面を設定する
      3 ロールプレイを実施する
     9章 臨地実習の体験を通して学習する
      1 臨地実習はどのような体験学習なのか
      2 他者とのかかわりから学習する
      3 1人でできることを目指す
      4 現場の体験を振り返る
     10章 体験を通して幅広い成長を促す
      1 体験の場は授業に限らない
      2 体験学習でキャリア意識を高める
      3 社会人としての資質を身につける
      4 学び方を学ぶ機会を与える

    付録 授業に役立つ資料
     1 シミュレーションガイドの例
     2 ロールプレイのシナリオの例
     3 実習指導要項(一部)の例
     4 用語集

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...