エビデンスに基づくアトピー性皮膚炎治療

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2019-09-10
分野: 臨床医学:内科  >  皮膚科
ISBN: 9784521747767
電子書籍版: 2019-09-10 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

8,800 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

8,800 円(税込)

商品紹介

アトピー性皮膚炎の新薬が10年ぶりに昨年発売されたが,今後も生物学的製剤やJAK阻害薬,STAT阻害薬,PDE4阻害薬などの発売が予想されており,アトピー性皮膚炎治療は大きな転換点を迎えつつある.
本書は,分子レベルにまで深まったアトピー性皮膚炎の病態理解と,それに基づいて開発が進むこれらの新薬について詳しく解説.アトピーをめぐる最近のトピックスや興味深いコラムも満載.

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • CONTENTS
  • 執筆者一覧
  • 第1章 アトピー性皮膚炎の三位一体病態論
  • 1 - はじめに
  • 2 - アトピー性皮膚炎の概説
  • 3 - 皮膚バリア
  • (1) 角層とフィラグリン
  • (2) アトピー性皮膚炎とフィラグリン
  • 4 - アトピー性皮膚炎発症におけるアレルギー炎症
  • (1) 各種アレルゲンに対する皮膚免疫応答
  • (2) アトピー性皮膚炎と T 細胞
  • (3) バリア破壊とアレルギーマーチ
  • (4) アレルギー炎症によるバリア機能の変調
  • 5 - かゆみ
  • (1) かゆみの伝達神経
  • (2) かゆみ過敏と itch - scratch サイクル
  • (3) かゆみとアレルギー炎症
  • 6 - アトピー性皮膚炎の三位一体病態論
  • 第2章 アトピー性皮膚炎の治療とバイオマーカーのパラダイムシフト
  • 1 - アトピー性皮膚炎の治療の歴史
  • (1) 新薬の開発の歴史
  • 1 はじめに
  • 2 病態論の進歩
  • 3 サイトカインからみたアトピー性皮膚炎の病態
  • 4 主な新薬の開発の歴史
  • 5 おわりに
  • (2) アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018
  • 1 はじめに
  • 2 診療ガイドラインとは
  • 3 アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2018 におけるエビデンスレベルと推奨度
  • 4 アトピー性皮膚炎の治療の目標とゴール
  • 5 アトピー性皮膚炎の治療の柱と意義
  • 6 アトピー性皮膚炎に対する薬物療法
  • 7 抗炎症外用薬のプロアクティブ療法
  • 8 アトピー性皮膚炎に対する内服抗ヒスタミン薬
  • 9 その他
  • (3) アトピー性皮膚炎治療のパラダイムシフト
  • 1 はじめに
  • 2 アトピー性皮膚炎の病態と従来の治療選択肢
  • 3 原因分子を標的とする新薬
  • 4 新薬による治療のパラダイムシフト
  • 5 おわりに
  • 2 - アトピー性皮膚炎のバイオマーカー
  • (1) 血清 IgE 値
  • (2) 末梢血好酸球数
  • (3) 血清 LDH 値
  • (4) 血清 TARC 値
  • (5) 血清 SCCA2 値
  • Columm アトピー性皮膚炎の発症と人種差
  • Columm アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法
  • Columm アトピー性皮膚炎と乾癬の違い
  • 第3章 皮膚バリア障害・経皮感作に対するアプローチ - スキンケアによる発症予防, フィラグリン制御による治療
  • 1 - 皮膚バリア障害・ドライスキンの病態論はどのように変容してきたか
  • (1) ドライスキンのメカニズムと保湿剤の作用機序 - 皮脂, セラミド, NMF
  • 1 ドライスキン発症のメカニズム
  • 2 物質透過バリア
  • 3 保湿性
  • (2) ドライスキンによる皮膚バリア障害の機序 - フィラグリン, タイトジャンクション
  • 1 皮膚表皮の最終分化とバリア形成機構
  • 2 フィラグリンとバリア構造
  • 3 ドライスキンの形成機序
  • 4 角層の層構造の違いとその機能
  • Columm 汗はアトピー性皮膚炎にとっていいのか ?
  • (3) ドライスキンによるかゆみの発症機序
  • 1 ドライスキンとはどのような状態か
  • 2 角層への水分供給
  • 3 バリア機能の低下によるドライスキン
  • 4 なぜドライスキンがかゆみにつながるのか
  • 5 異物の侵入とかゆみ
  • (4) 新薬はどのような作用機序で奏効するのか
  • 1 ドライスキンの治療ストラテジー
  • 2 皮脂膜の補強
  • 3 保湿因子の補強
  • 4 角質細胞間脂質の補強
  • 5 デュピルマブによる角層バリア機能の補強
  • 6 角層バリア補強薬 - これからの展望
  • 2 - 皮膚バリア障害・ドライスキンが経皮感作にどのように介在するのか
  • (1) アトピー性皮膚炎における経皮感作の重要性
  • 1 アトピー性皮膚炎はアレルギーマーチのリスク要因
  • 2 アレルギーマーチと食物アレルギーの関連性
  • (2) スキンケアにより経皮感作を回避すればアトピー性皮膚炎発症を抑えられる ?
  • (3) アトピックマーチに対するドライスキンケアの有用性
  • 3 - 新薬は従来の治療に欠けていた点をどのように補完できるのか
  • (1) 従来の保湿剤の有用性と限界
  • (2) 新薬はその欠点をどのように補完できるか
  • (3) 新薬によってどのような治療のパラダイムシフトが起こるか
  • (4) 現時点におけるベストな治療は何か
  • Columm 入浴・シャワー浴はアトピー性皮膚炎にとっていいのか ?
  • Columm アトピー性皮膚炎の病理組織
  • Columm アトピー性皮膚炎と教育入院
  • 第4章 免疫異常・アレルギー炎症に対するアプローチ - 生物製剤, 従来のステロイド・抗ヒスタミン薬の効用と限界
  • 1 - アトピー性皮膚炎の病態論はどのように変容してきたか
  • (1) アレルギー炎症の最新の情報と解説
  • 1 アトピー性皮膚炎はアレルギー炎症か
  • 2 アレルギーの定義と分類
  • 3 アトピー性皮膚炎は抗原特異的炎症なのか
  • 4 アトピー性皮膚炎病変部でのサイトカイン環境
  • 5 2型サイトカインの産生細胞
  • 6 自然リンパ球の活性化誘導因子
  • 7 Th2 細胞は病変部でどのようなメカニズムで活性化するのか
  • 8 アトピー性皮膚炎におけるアレルギー炎症とは
  • 9 今後の展望
  • (2) 病態に応じてどのような新薬が開発されているか ? 新薬の功罪は ?
  • 1 アトピー性皮膚炎の病態に根ざした新薬開発
  • 2 新薬・新薬候補のまとめ
  • 2 - 新薬は従来の治療に欠けていた点をどのように補完できるのか
  • (1) 従来の治療には何が欠けていたか
  • (2) 新薬はその欠点をどのように補完できるか
  • (3) 新薬によってどのような治療のパラダイムシフトが起こるか
  • (4) 現時点におけるベストな治療は何か
  • 1 寛解導入療法
  • 2 寛解維持療法
  • 3 重症・難治性状態に対する治療
  • Columm アトピー性皮膚炎とコモビリティ ( 合併疾患 )
  • 第5章 かゆみに対するアプローチ - 抗ヒスタミン薬から IL - 31 まで
  • 1 - かゆみの病態論はどのように変容してきたか
  • (1) かゆみの機序・神経生理学の進歩
  • 1 起痒物質
  • 2 温度感受性 TRP チャネル
  • 3 かゆみ伝達経路
  • (2) かゆみがアトピー性皮膚炎の病態にもたらす影響
  • (3) かゆみの制御はアトピー性皮膚炎のアウトカムにどのように影響するか
  • 1 タクロリムス軟膏によるかゆみ
  • 2 タクロリムス軟膏誘発性掻痒モデルマウスの樹立
  • 3 モデルマウスの解析
  • 4 IL - 4 受容体阻害抗体
  • 5 IL - 31 受容体阻害抗体
  • 2 - 新薬は従来の治療に欠けていた点をどのように補完できるのか
  • (1) 従来の治療の有用性と限界
  • 1 従来の治療薬 ( 外用薬・内服薬 )
  • 2 治療効果の評価
  • (2) 新薬はその欠点をどのように補完できるか
  • 1 分子標的薬
  • 2 JAK 阻害薬
  • 3 ホスホジエステラーゼ 4 ( PDE4 ) 酵素阻害薬
  • 4 非ステロイド系抗炎症薬
  • (3) 新薬によってどのような治療のパラダイムシフトが生じるのか
  • 1 第一選択薬の選択肢拡大に伴う患者および医師双方における治療意欲の向上
  • 2 難治例に対する代替治療法の拡充 - 臨床経過の短縮への期待
  • 3 患者の疾病負担軽減
  • 4 患者数と年齢別構成割合に与える影響
  • 5 長期寛解維持への期待
  • (4) 現時点におけるベストな治療は何か
  • 第6章 アトピーをめぐる最近のトピックス
  • 1 - 皮膚常在菌を標的とした新規治療
  • (1) はじめに
  • (2) 正常の皮膚常在微生物叢とその特徴
  • (3) アトピー性皮膚炎と皮膚常在細菌叢の異常
  • (4) 皮膚常在菌をターゲットとしたアトピー性皮膚炎治療
  • (5) おわりに
  • 2 - 抗菌ペプチドによる治療の可能性
  • (1) 抗菌ペプチドの概念と発見の経緯
  • (2) 疾患形成における抗菌ペプチドの作用
  • (3) アトピー性皮膚炎における宿主由来抗菌ペプチド発現
  • (4) アトピー性皮膚炎の細菌叢と皮膚微生物叢由来の抗菌ペプチド
  • (5) アトピー性皮膚炎における抗菌ペプチド治療の可能性
  • (6) おわりに
  • Columm アトピー性皮膚炎と PDE4 阻害薬
  • 3 - 衛生仮説とは
  • (1) はじめに
  • (2) 衛生仮説の歴史的変遷
  • (3) マイクロバイオームと喘息の関係
  • (4) 動物実験からの検証
  • (5) 環境湿度の影響
  • (6) 衛生仮説の矛盾点
  • (7) おわりに
  • Columm アトピー性皮膚炎と肥満
  • 4 - 外因性・内因性アトピー性皮膚炎
  • (1) はじめに
  • (2) 外因性と内因性のアトピー性皮膚炎
  • 1 両タイプの背景
  • 2 内因性アトピー性皮膚炎の検査上の定義
  • 3 両タイプの皮膚バリア機能
  • 4 両タイプの免疫異常
  • (3) 外因性アトピー性皮膚炎の特徴
  • 1 フィラグリン遺伝子変異に基づくもの
  • 2 その他の主に外因性アトピー性皮膚炎でみられる症状
  • (4) 内因性アトピー性皮膚炎の特徴
  • 1 Dennie - Morgan fold ( line )
  • 2 金属アレルギー
  • (5) おわりに
  • Columm アトピー性皮膚炎とブリーチバス療法
  • 第7章 三位一体論に基づくアトピー性皮膚炎ベスト治療
  • 1 - はじめに
  • 2 - スキンケア
  • 3 - アレルギー炎症治療
  • 4 - かゆみの制御
  • 5 - 三位一体論に基づくアトピー性皮膚炎ベスト治療
  • Columm アトピー性皮膚炎とウイルス・真菌感染
  • 索引
  • あとがき
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...