インナービジョン 34/9 2019年9月号

出版社: インナービジョン
発行日: 2019-08-25
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 09138919
雑誌名:
特集: Step up MRI 2019 最新技術の研究開発・臨床応用から展望するMRIの未来
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,420 円(税込)

目次

  • 特集 Step up MRI 2019
       最新技術の研究開発・臨床応用から展望するMRIの未来

    I 総 論
     最新技術の研究開発・臨床応用から展望するMRIの未来

    II MRIの最新技術と未来展望─基礎編
     1.MRIにおけるディープラーニングの現状と今後
     2.ディープラーニングを用いたMRIの技術
     3.拡散MRIにおけるディープラーニングの活用
        ─信号値モデルのパラメータ推定を中心に
     4.QPMの原理と未来展望
     5.前臨床MRIの現在と未来
     6.超偏極13C MRIとがん研究─概説と最近の動向
     7.がん創薬研究に役立つ前臨床MRI
     8.MRIシミュレータの現状と将来
     9.7T用高インピーダンスコイルの原理と製作法
     10.次世代グラディエントコイルシステム
        ─Vegaグラジエントのコンセプトと臨床応用

    III MRIの最新技術と未来展望─臨床編
     1.Deep Learning ReconstructionのMR画像診断に与えるインパクト
     2.臨床医の立場からのディープラーニング研究
     3.4D-Flowを用いた血流解析の臨床応用
        ─新しい診断リテラシーの現状と普及に向けての期待
     4.QPMの臨床有用性と将来─髄鞘密度強調マップと造影剤緩和度評価を中心に
     5.J-QIBAプロジェクト─Quantitative synthetic MRIの現状と未来
     6.スマート治療室の現状と未来
     7.小型モバイルMRIを用いたスポーツ障害診断の未来
     
    IV 第47回日本磁気共鳴医学会大会の抱負
     Let’s shape the future of MR imaging

    V ISMRMから読み解くMRI最新動向
     1.臨床の視点から見たISMRM 2019のトピックス
     2.臨床の視点から見たISMRM 2019のトピックス─腹部領域を中心に
     3.研究開発の立場から見たISMRM 2019のトピックス

    VI ASMRMから読み解くMRI最新動向
     Asian Society of Magnetic Resonance in Medicine(ASMRM)

    VII  MRI技術開発の最前線
     ハイエンド3T MRI「Vantage Centurian」の最新技術
      (キヤノンメディカルシステムズ)
     最新次世代ハイブリット型傾斜磁場システム“Intelligent Gradient Control Plus
      (IGC Plus)”がもたらす傾斜磁場性能の向上(GEヘルスケア・ジャパン)
     MR fingerprinting ─MRIの新しい定量化へ向けて(シーメンスヘルスケア)
     最新のMRI技術を搭載した日立1.5T超電導MRIシステム「ECHELON Smart Plus」
      (日立製作所)
     Ingenia Ambition 1.5T─ヘリウムフリーマグネットが提供する新たなMRI運用
      (フィリップス・ジャパン)

    ほか

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...