量子ウォーク ―基礎と数理―(電子書籍版)

出版社: 裳華房
著者:
発行日: 2018-08-15
分野: 基礎・関連科学  >  基礎医学関連科学一般
ISBN: 9784785371371
電子書籍版: 2018-08-15 (ver.1.0)
電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,740 円(税込)

商品紹介

量子コンピュータの基礎研究とともに発展してきた量子ウォーク。数学ではランダムウォークの量子版,量子物理学ではディラック方程式の時空間離散版と考えられる数理モデルである。本書では,具体的にいくつかの量子ウォークのモデルを取り上げ,フーリエ解析を用いて,その性質を数学の側面から説明する。図も用いることで丁寧に解説し,実際の理解にまで導くことを目標としている。

目次

  • 表紙
  • はじめに
  • 記号一覧
  • 公式一覧
  • 目次
  • 第1章 標準的な量子ウォーク
  • 1.1 モデル
  • 1.2 量子ウォーカーの確率分布
  • 1.3 数学的な記述
  • 1.4 フーリエ解析
  • 1.5 極限定理
  • 1.6 abcd = 0の場合
  • 第2章 2周期時刻依存型量子ウォーク
  • 2.1 モデル
  • 2.2 確率分布
  • 2.3 極限定理
  • 第3章 3周期時刻依存型量子ウォーク
  • 3.1 モデル
  • 3.2 確率分布
  • 3.3 極限定理
  • 第4章 三状態量子ウォーク
  • 4.1 モデル
  • 4.2 確率分布
  • 4.3 極限定理
  • 参考文献
  • あとがき
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

索引

P.209 掲載の参考文献
[1] 今野紀雄,『量子ウォークの数理』, 産業図書, 2008.
[2] 今野紀雄,『量子ウォーク』, 森北出版, 2014.
[3] 町田拓也,『図で解る量子ウォーク入門』, 森北出版, 2015.
[13] F. A. Grunbaum and T. Machida, A limit theorem for a 3-period time-dependent quantum walk, Quantum Information and Computation, 15 (1 & 2), 50-60, 2015.
[14] T. Machida, Limit theorems of a 3-state quantum walk and its application for discrete uniform measures, Quantum Information and Computation, 15 (5 & 6), 406-418, 2015.
[17] N. Konno and T. Machida, Limit theorems for quantum walks with memory, Quantum Information and Computation, 10 (11 & 12), 1004-1017, 2010.
[21] T. Machida, C. M. Chandrashekar, N. Konno, and T. Busch, Limit distributions for different forms of four-state quantum walks on a two-dimensional lattice, Quantum Information and Computation, 15 (13 & 14), 1248-1258, 2015.

最近チェックした商品履歴

Loading...