実験医学 37/16 2019年10月号

出版社: 羊土社
発行日: 2019-10-01
分野: 医学一般  >  雑誌
ISSN: 02885514
雑誌名:
特集: AIとがん研究 その妥当性、有効性
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,200 円(税込)

目次

  • 特集 AIとがん研究 その妥当性、有効性
       ゲノム・エピゲノムから細胞・医用画像まで

    概論―がん研究におけるAI活用の重要性
    機械学習を用いたゲノム・エピゲノム研究
    人工知能を用いた臨床ゲノム解析
    深層学習を用いた内視鏡画像解析と社会実装へむけた取り組み
    病理学と人工知能―信頼されるAI技術へ
    計算機的な放射線医学と深層学習
    分子レベルにおけるAIの創薬応用
    【フォーラム】がん以外の領域にみる医学研究×AIの可能性
    出生前診断における人工知能技術の活用
    機械学習を用いた精神疾患の診断支援の試み
    網膜剥離および緑内障のスクリーニングシステム
    バイオバンク・ゲノムコホートの人工知能解析

    いま知りたい!!
    研究につまずいたとき,力をもらえる本~書評コーナー
     ネアンデルタール人は私たちと交配した
     7つの習慣
     紙の動物園
     若き科学者への手紙
     劒岳<点の記>
     小さな小さなクローディン発見物語
     道は開ける
     時間・愛・記憶の遺伝子を求めて

    連載
    News & Hot Paper Digest
     睡眠学習は実現可能か? 
     ノックインを行う新奇CRISPR!? 
     PARP阻害剤の新たな機序を発見―治療対象人口が大幅増の可能性 
     日本発の国際研究助成プログラムHFSPの30周年を世界が祝福 
    カレントトピックス
     天然変性タンパク質「TEX264」が小胞体をオートファジーに導く 
     GTP代謝リプログラミングによる核小体活性化とがん化メカニズム―がん100年の謎:
      核小体異形成とGTP代謝のクロスロード 
     運動をする「時間」は,運動による骨格筋代謝機能への影響を決定する要因である
     ヒト多能性幹細胞の樹立・維持をつかさどるファウンダー細胞の発見
     神経細胞のゲノム高次構造再構築が学習と記憶を可能にする

    クローズアップ実験法
     ChIP-Atlas:既報のChIP-seqデータをフル活用するためのウェブサービス

    イメージングデータ解析よろず相談所
     顕微観察画像の定量的情報解析とその落とし穴

    私のメンター
     Gideon Dreyfuss―飽くなき好奇心を持つ RNA 業界の大家

    ラボレポート―留学編―
     深海を照らすふわふわを求めて―Monterey Bay Aquarium Research Institute

    Opinion-研究の現場から
     アカデミア研究者に「向いている」のってどんな人?

    バイオでパズる!
     L字マイクロピペット

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...