ブラッシュアップ敗血症

出版社: 中外医学社
著者:
発行日: 2019-10-05
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784498166141
電子書籍版: 2019-10-05 (1版1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,520 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,520 円(税込)

商品紹介

敗血症について1冊で広く深く概観できる待望の書がついに登場! 救急・集中治療における最重要疾患の1つであるにもかかわらず,敗血症はその定義にすら,いまだ流動的な側面を残し,治療・管理においても不分明な点が多い.そのテーマに気鋭の救急救命医が挑んだ.ハーバード大学で敗血症をはじめとする救急臨床・研究に研鑽を積んだ著者がおくる,類いまれなる1冊.敗血症と闘うすべての医療者のために.

目次

  • 表紙
  • 推薦の序
  • 序文
  • 目次
  • CHAPTER 1 敗血症とは何なのか ?
  • 敗血症とは ? 歴史から考える
  • 敗血症とは ? メカニズムから考える
  • 敗血症治療とは ?
  • 敗血症とは ? 簡単にまとめると
  • COLUMN 風邪も敗血症 ?
  • CHAPTER 2 メカニズム
  • 敗血症に関わるDAMPsとPAMPs
  • SIRSとCARS
  • メカニズムの解明に関する未来像
  • CHAPTER 3 敗血症の定義
  • 敗血症の定義の変遷
  • qSOFAはICUで使用可能でしょうか ?
  • 病院前診療でのqSOFA
  • 敵か, 味方か, qSOFA ! qSOFAの限界と可能性とは ?
  • COLUMN qSOFA は肺炎に有効か ?
  • CHAPTER 4 疫学・予後・認知度
  • 敗血症の現況を知る
  • 敗血症は肺の病気 ? 世間で知られていない敗血症
  • 敗血症の公衆衛生的課題
  • COLUMN 世界敗血症連盟とは ?
  • CHAPTER 5 診療ガイドラインの比較からみる諸外国の敗血症事情
  • Dr 近藤の視点からみたSSCG2016 ( 米国と欧州合同の敗血症診療ガイドライン )
  • Dr 近藤の視点からみたJ - SSCG2016 ( 日本版敗血症診療ガイドライン )
  • その他の敗血症ガイドライン
  • CHAPTER 6 敗血症とメタ解析
  • システマティックレビューとは ?
  • 実際にSRやメタ解析をやってみよう
  • 敗血症とメタ解析の実例
  • COLUMN 重症患者における28日死亡と90日死亡の意義
  • CHAPTER 7 診断・重症度マーカー
  • CRP ( C反応性タンパク )
  • プロカルシトニン ( PCT : Procalcitonin )
  • プレセプシン ( P - SEP : Presepsin )
  • インターロイキン6 ( IL - 6 )
  • COLUMN CRPで敗血症を診断していませんか ?
  • CHAPTER 8 敗血症の身体所見
  • 呼吸を評価しましょう
  • 身体所見だけで血圧を推定する
  • 肺の異常が推定できる身体所見とは ?
  • 肺雑音では雑音の聴こえる時期を意識する
  • COLUMN 敗血症の動脈圧波形
  • CHAPTER 9 敗血症の問診・カルテの書き方
  • 敗血症の問診・カルテ記載で重要なポイント
  • 敗血症における家族への問診の重要性
  • 敗血症のカルテは "by system" で
  • COLUMN 妊娠と尿路感染性敗血症
  • CHAPTER 10 外傷後敗血症
  • 外傷後敗血症とtwo - hit
  • 体幹部の外傷後敗血症の予後は悪い
  • 頭部外傷後の敗血症は ?
  • 外傷の疫学からみた敗血症
  • 外傷後敗血症の未来
  • CHAPTER 11 熱傷後敗血症
  • 熱傷の初期は敗血症にならない ?
  • 熱傷と水道水
  • 熱傷後敗血症と栄養管理
  • 熱傷後敗血症はなぜ治療が難しいのか ?
  • 敗血症管理を意識した熱傷のエキスパート的治療法
  • COLUMN 本当に熱傷の急性期には敗血症にならない ?
  • CHAPTER 12 軟部組織感染による敗血症
  • 軟部組織感染から敗血症に移行しやすい ?
  • 人食いバクテリアとは ?
  • 壊死性筋膜炎による敗血症
  • 壊死性筋膜炎診断のTIPS ; 身体所見, finger test, そしてLRINECスコア
  • Fournier症候群
  • COLUMN Waterhouse - Friderichsen症候群を知っていますか ?
  • CHAPTER 13 敗血症関連心停止
  • 敗血症関連心停止の発症メカニズム
  • 敗血症性心筋症とは ?
  • 敗血症関連心停止の治療
  • 敗血症関連心停止の心拍再開後の治療
  • COLUMN 敗血症における体温
  • CHAPTER 14 敗血症関連脳症
  • 敗血症関連脳症の病態
  • どのように診断するのか ?
  • その治療法は ?
  • その予後は ?
  • 敗血症関連脳症のトピックス
  • CHAPTER 15 モニター
  • モニターの特徴と弱点
  • 血管内ボリュームの評価
  • 目標血圧
  • CHAPTER 16 輸液
  • フルイドチャレンジは敗血症に有効か ?
  • 輸液をして血圧が上がればショック ?
  • 敗血症に適した輸液の量と種類は ?
  • CHAPTER 17 抗菌薬治療
  • 経験的抗菌薬投与
  • デエスカレーションが可能な状態を見極める
  • 培養陰性の時にデエスカレーションは可能か ?
  • 病院前抗菌薬投与
  • 細菌培養検査のピットフォール
  • COLUMN 抗 菌薬投与で敗血症性ショックになる, ヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応を知っていますか ?
  • CHAPTER 18 抗ウイルス薬治療
  • ウイルスによる敗血症の特徴
  • どのウイルスが敗血症を引き起こすのか ?
  • 各ウイルスの特徴と抗ウイルス薬
  • ウイルスが原因の敗血症の予後
  • CHAPTER 19 抗真菌薬治療
  • 真菌による敗血症の診断
  • 真菌の種類
  • 侵襲性カンジダ血症
  • 侵襲性アスペルギルス症
  • 抗真菌薬による治療
  • CHAPTER 20 ドレナージ治療
  • 膿瘍形成とドレナージ
  • 感染性膵壊死とドレナージ
  • 肝膿瘍とドレナージ
  • 婦人科疾患のドレナージ
  • 外科的ドレナージとカテーテルを用いた経皮的ドレナージ
  • COLUMN 不明熱と敗血症
  • CHAPTER 21 循環作動薬
  • 循環作動薬の使い方
  • バソプレシンは使用すべきか ?
  • 腎保護目的の低用量ドパミン投与は有効か ?
  • 循環作動薬の最近のトピックス
  • COLUMN 敗血症で初発の心房細動の意義
  • CHAPTER 22 ECMO
  • ECMOの種類
  • 敗血症性ショックに対するVA - ECMOの歴史
  • ガイドラインでの推奨
  • 敗血症に対するECMO の適応基準
  • ECMO の禁忌
  • これは敗血症性ショックに対するECMOでしょう !
  • CHAPTER 23 敗血症性ARDSと人工呼吸管理
  • 敗血症性ARDS
  • 好中球エラスターゼ阻害薬
  • 人工呼吸管理
  • ドライビングプレッシャー
  • 敗血症性ARDSと気胸
  • CHAPTER 24 鎮痛と鎮静
  • 鎮痛と鎮静の目的
  • 最適な鎮静とは ?
  • 最適な鎮痛とは ?
  • 敗血症に合併するせん妄のマネジメント
  • 新しいPADIS ガイドライン
  • CHAPTER 25 腎代替療法
  • RRT が敗血症にどう影響するのか ?
  • RRT は早めにやるべきか ?
  • High flow CHDFは有効か ?
  • RRT は何を改善するのか ?
  • Renal indicationにおけるRRT の日本の未来
  • CHAPTER 26 造影剤腎症と敗血症性腎障害
  • 敗血症における造影CT の意義
  • 造影CT の危険性
  • 造影剤腎症にならないためには ?
  • 実はほとんどの敗血症は単純CTで十分 ?
  • 薬物による造影剤腎症の防止は可能か ?
  • CHAPTER 27 サイトカイン・エンドトキシン吸着
  • そもそもサイトカイン・エンドトキシンは吸着したほうがよいのか ?
  • 結局, PMX - DHPは有効なのか ?
  • セプザイリスって何 ?
  • エンドトキシン・サイトカイン吸着療法の未来
  • COLUMN ウロセプシス !
  • CHAPTER 28 輸血
  • 赤血球と敗血症
  • 凝固因子と敗血症
  • 血小板と敗血症
  • CHAPTER 29 栄養
  • 栄養が敗血症に及ぼす影響
  • 敗血症患者には栄養が必要か ? Permissive underfeedingを理解しよう
  • 栄養はいつ, どこから投与するの ?
  • 栄養療法は予後を変えるか ?
  • 敗血症と栄養のトピックス
  • CHAPTER 30 血糖コントロール
  • 敗血症と血糖
  • なぜ血糖を調節する必要があるのか ?
  • 至適血糖値はどのくらいか ?
  • どのような方法で血糖をコントロールするか ?
  • 敗血症に人工膵臓を用いるか ?
  • CHAPTER 31 敗血症と補体
  • 補体経路と敗血症病態における変化
  • 敗血症における補体活性化によるDICの発症
  • 敗血症性DICと血栓性微小血管症
  • 補体制御による新規治療薬の可能性
  • CHAPTER 32 敗血症性DIC
  • 敗血症性DICの病態
  • 敗血症性DICの診断
  • 敗血症性DIC治療の変遷
  • ヘパリン類投与
  • リコンビナント・トロンボモジュリン補充療法
  • アンチトロンビン補充療法
  • 敗血症性DICの未来
  • COLUMN 重症患者と成長ホルモン
  • CHAPTER 33 ステロイド補充療法
  • なぜ敗血症にステロイドなのか ?
  • ステロイド補充は有効か ? 無効か ?
  • ステロイド投与による副作用
  • 実際にステロイドを投与するか ?
  • CHAPTER 34 高気圧酸素療法
  • 高気圧酸素療法とは ?
  • 敗血症に高気圧酸素療法は有効か ?
  • 敗血症に高気圧酸素療法を行う場合, その設定はどうする ?
  • 高気圧酸素療法の安全性を意識しながら
  • CHAPTER 35 深部静脈血栓症予防
  • DVT 発生のメカニズム
  • 敗血症はDVTができやすいのか ?
  • D - DimerでDVTを早期発見する ?
  • 敗血症にDVT予防は必要か ?
  • DVT予防のためにすべきこと
  • COLUMN DVTの身体所見と超音波検査
  • CHAPTER 36 上部消化管潰瘍の予防
  • 敗血症と潰瘍形成のリスク
  • 抗潰瘍薬投与による敗血症患者への影響
  • 抗潰瘍薬投与は敗血症患者に必要なのか ?
  • 抗潰瘍薬の種類による違い ( PPI vs H2受容体拮抗薬 )
  • COLUMN アカデミックキャリアの築き方
  • CHAPTER 37 社会復帰と再発
  • 敗血症とPICS
  • 敗血症とICU - AW
  • 社会復帰に向けた取り組み
  • 社会復帰後の敗血症の再発率
  • 敗血症生存者のがんリスク
  • COLUMN 敗血症で認知機能障害は悪化する ?
  • CHAPTER 38 小児敗血症
  • 小児敗血症は何が難しい ?
  • 小児敗血症の定義はSepsis - 3を使用すべき ?
  • 小児敗血症の1時間バンドル
  • 小児敗血症のカテコラミンは何を使用すべき ?
  • 小児の敗血症は呼吸の評価が重要
  • COLUMN 小児敗血症の初期治療って誰がやるの ?
  • CHAPTER 39 人工知能と敗血症治療
  • AIって何 ?
  • AIと敗血症
  • 敗血症治療戦略においてAIドクターは人間を上回るか ?
  • AIが人間を俯瞰する
  • COLUMN エンターテイメント エデュケーションと敗血症教育
  • CHAPTER 40 敗血症バンドル治療の変遷
  • EGDT とは ?
  • EGDTからELGTへ
  • 敗血症とHour - 1bundle ( 1時間バンドル )
  • CHAPTER 41 医学英語論文の書き方
  • 医学論文を書く前に準備すべきこと, 大事なこと
  • 論文のどこから手をつければいいの ?
  • 敗血症の臨床論文作成の特徴と注意点
  • COLUMN ナッジ理論を用いた臨床研究
  • CHAPTER 42 これからの敗血症の行く先
  • COLUMN 海外留学で世界と競う力をつける
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...