INTENSIVIST 11/4 2019年

出版社: MEDSi
発行日: 2019-10-01
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 18834833
雑誌名:
特集: 気道
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

5,060 円(税込)

目次

  • 特集 気道

    はじめに:コントロールされた恐怖心

    1.気道の解剖と生理:体位による影響を中心に
    2.CVCIの解剖学的メカニズム:その原因と対応を考える
    3.ICUにおける気管挿管前評価と準備:
      適切なリスク評価と準備,チームアプローチで安全な気管挿管を目指す
    4.挿管前処置:低酸素血症を未然に防止する
    5.迅速導入気管挿管(RSI):プラクティスは7つのP's
    6.ventilation:気道管理の基本,バックマスク換気(BMV)を見直す
    7.intubation:日頃から挿管器具の利点・限界を熟知し,その時に備えることが重要
    8.気道のメンテナンス:早期抜管し,再挿管を予防するために
    9.ICUにおけるDAMとCICV:
      外科的気道確保の適応と,輪状甲状靱帯穿刺・切開の各国ガイドラインでの比較

    【コラム】カフリークテストを考える:検査前確率を十分に高めることで検査後確率を高める

    ●挿管困難症例:私ならこうする
    (1)喉頭蓋炎:喉頭入口部直上の摘出不能な気道異物
    (2)血管浮腫:自発呼吸を残した気道確保をめざして
    (3)アナフィラキシー:振り返り(デブリーフィング)もしっかり
    (4)熱傷:顔面熱傷/気道熱傷における気道管理
    (5)喀血:確実な気道確保,出血源の同定,根本的止血が重要,分離肺換気はそのための時間稼ぎ
    (6)顔面外傷:換気不能,酸素化不能の危険性を念頭に,外科的気道確保をためらわない

    10.airwayサポートとしてのECMO:通常のairway protocolでは戦えなかったときに

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...