• HOME
  •  > 
  • 歯科学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  日本歯科評論 増刊2019 安心・納得の歯科局所麻酔ガイドブック

日本歯科評論 増刊2019 安心・納得の歯科局所麻酔ガイドブック

出版社: ヒョーロン・パブリッシャーズ
発行日: 2019-10-13
分野: 歯科学  >  雑誌
ISSN: 02890909
雑誌名:
特集: 安心・納得の歯科局所麻酔ガイドブック
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

6,380 円(税込)

目次

  • 特集 臨床の疑問に答える
       安心・納得の歯科局所麻酔ガイドブック

    第I章 Q&A こんなとき,どうする?
    1.麻酔が効かないとき
    <部位別のポイント>
     Q1:局所麻酔薬によって麻酔効果に違いはありますか?
     Q2:浸潤麻酔を効かせるためのコツはありますか?
     Q3:浸潤麻酔は注射針をどこに刺入するのが効果的ですか?
     Q4:下顎の浸潤麻酔が奏効不十分なときに舌側への麻酔は有効ですか?
     Q5:下顎臼歯部の浸潤麻酔が効きません.よい方法はありますか?
     Q6:下顎孔伝達麻酔の成功率はどのくらいですか?
     Q7:下顎孔伝達麻酔の施行に不安があるのですが,代替方法はありますか?
     Q8:炎症のある歯への麻酔はどうすればよいですか?
     Q9:どうしても麻酔が効かない患者にはどうすればよいですか?
    <処置別のポイント>
     Q10:急性化膿性歯髄炎で局所麻酔をうまく効かせるにはどうすればよいですか?
     Q11:外科的歯内療法(歯根端切除術)時の麻酔のポイントは?
     Q12:上顎臼歯部と下顎臼歯部の抜歯時の麻酔で注意すべきポイントは?
     Q13:膿瘍切開時の局所麻酔はどうすればよいですか?
     Q14:歯周治療時の局所麻酔のポイントは?
     Q15:下顎臼歯部のインプラント埋入では下顎孔伝達麻酔をすべきですか?
    2.麻酔に関連する事故・偶発症が起きたとき
     Q16:針刺し事故が起きたときの対応はどうすれば?
     Q17:注射針が破折や迷入したらどうすればよいですか?
     Q18:局所麻酔中の全身偶発症で最も多いのは何ですか? どのように対応すればよいですか?
    3.小児への対応
     Q19:小児への注射薬(表面麻酔薬)の選択と使用量とは?
     Q20:小児への麻酔手技において注意すべき点とは?
     Q21:小児の咬傷は予防できますか?
     Q22:小児のアレルギーに対して注意すべき点とは?
     Q23:麻酔経験がない小児への対応は?
    4.妊婦への対応
     Q24:妊婦に使用する注射薬はどう選択すればよいですか?
     Q25:妊婦に対する治療時期の問題点とは?
     Q26:妊婦に対する局所麻酔で注意すべき点とは?
    5.高齢者・有病者への対応
     Q27:加齢によって麻酔効果は変わるのですか?
     Q28:高齢者への麻酔手技において注意すべき点とは?(高齢者の顎骨の解剖学的特徴)
     Q29:循環器疾患を有する患者への局所麻酔はどうすればよいですか?
     Q30:代謝内分泌疾患を有する患者への局所麻酔はどうすればよいですか?
     Q31:肝疾患・腎疾患を有する患者への局所麻酔はどうすればよいですか?
     Q32:局所麻酔における管理法はどこまですべきですか?

    第II章 備忘録 今さら聞けない基本の「き」
     1.局所麻酔はなぜ効くのか?
     2.局所麻酔の薬剤と器具
     3.局所麻酔に必須の解剖学的知識
     4.さまざまな麻酔法・テクニック
     5.診断としての局所麻酔(歯原性歯痛と非歯原性歯痛)

    第III章 スタッフ全員でカバーする医療安全対策
     1.医療面接と健康調査票(問診票)の活用
     2.局所麻酔のアクシデントへの対応
     3.歯科医院で求められる救命処置

    第IV章 知って得するワンモアポイント
     1.局所麻酔薬と局所麻酔用機器――国内外の最近の状況を知る
     2.局所麻酔に関連した医療事故と訴訟
     (コラム)局所麻酔のホント・ウソ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...