新臨床静脈学

出版社: メジカルビュー社
著者:
発行日: 2019-10-31
分野: 臨床医学:外科  >  心臓/血管外科
ISBN: 9784758319614
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

11,000 円(税込)

商品紹介

近年増加している静脈疾患について,基礎知識から最新の臨床知識までを第一線の執筆陣が詳細かつわかりやすく解説した日本静脈学会編集による公式テキスト。
「総論」では苦手な人が多いとされる静脈の解剖学・生理学の知識,ニーズの高いエコーをはじめとする画像検査,各種治療法の進め方について詳細かつ平易に解説。「各論」では,静脈瘤や血栓塞栓症などを中心に,その病態から診断・治療法を実践的に解説。豊富なカラー画像・イラストによるビジュアル的なわかりやすさで,本書1冊を読めば静脈疾患の基礎知識から実臨床における対応まですべてわかる!

目次

  • ■総 論
    I章 正常を知る
     1.静脈とリンパ管の発生と解剖
     2.生理

    II章 診察法―理学所見の取り方
     1.問診   栗原伸久
     2.視診   栗原伸久
     3.触診   細井 温
     4.打診   細井 温
     5.聴診   細井 温

    III章 検査法(検体,画像)
     1.検体検査
     2.生理機能検査
     3.画像検査

    IV章 圧迫療法の基礎と臨床応用
     1.圧迫療法の生理学と物理学
     2.圧迫療法の種類と特徴
     3.静脈血栓予防における臨床応用
     4.下肢静脈瘤における臨床応用
     5.リンパ浮腫の治療における臨床応用
     6.浮腫・慢性静脈不全症における臨床応用
     7.静脈性潰瘍における臨床応用

    V章 静脈疾患に用いられる抗血栓療法
      1.抗凝固薬の薬理機序と特徴
      2.血栓溶解療法の薬理機序と特徴
      3.抗血小板療法の薬理機序と特徴

    ■各 論
    VI章 下肢静脈瘤の病態と治療
     1.下肢静脈瘤の病態と疫学
     2.一次性下肢静脈瘤の治療
     3.特殊な静脈瘤の治療,複雑な下肢静脈瘤と治療
     4.うっ滞性皮膚病変の治療   菰田拓之

    VII章 静脈血栓症に関連する疾患
     1.静脈血栓塞栓症の疫学,危険因子,定義,分類(ガイドラインの紹介を含めて)
     2.静脈血栓症

    VIII章 まれな静脈疾患 
     1.ISSVA分類と静脈奇形
     2.動静脈奇形・動静脈瘻
     3.Klippel-Trenaunay症候群
     4.静脈性血管瘤(venous aneurysm)
     5.上大静脈症候群
     6.Budd-Chiari症候群
     7.Nutcracker症候群
     8.骨盤静脈うっ滞症候群・卵巣静脈瘤
     9.膝窩静脈捕捉症候群(popliteal vein entrapment syndrome)

    IX章 災害と静脈疾患
     1.災害における静脈血栓塞栓症
     2.まとめ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...