臨床腫瘍プラクティス 15/4 2019年

出版社: ヴァンメディカル
発行日: 2019-11-10
分野: 臨床医学:一般  >  雑誌
ISSN: 18803083
雑誌名:
特集: どう変わった? 腎細胞がんの診察
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,420 円(税込)

目次

  • 特集 どう変わった? 腎細胞がんの診療

    1.腎細胞がんの診療,この10年の動きと今後の展開
    2.免疫チェックポイント阻害薬の導入にあたり,PD-L1陽性診断はどの段階で,
       どう行われているか?
    3.ラジオ波焼灼術・経皮的凍結療法を考慮する患者とは? その成績は?
    4.ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術の導入でTrifecta達成率は?
       患者のQOLは向上したか?
    5.補助薬物療法はどのように行われているか?今後,補助薬物療法はどう変わるか?
    6.組織型別にみた標準的薬物治療―今,腎細胞がんに用いられているレジメンはこれ
      1)一次治療における標準的選択肢
      2)二次治療以降(組織型別)
      3)免疫チェックポイント阻害薬の使いどころ

    連 載
    ●放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(22)
    頭頸部がんに対する放射線治療のストラテジー
    ●在宅緩和医療の現場から(6):各地域における在宅緩和医療の現状と問題点
    2)過疎地域における在宅緩和医療
    ●トピックス(56)腫瘍内科医として知っておきたいゲノム医療
    (1)ゲノム医療が,がん診療にもたらしたもの

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...