誘発電位測定マニュアル2019

出版社: 診断と治療社
著者:
発行日: 2019-12-15
分野: 臨床医学:内科  >  脳神経科学/神経内科学
ISBN: 9784787824462
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,520 円(税込)

商品紹介

Bergerが脳波記録を公表してから90年,様々な進化を遂げた脳波研究の一つである誘発電位に関して,測定指針の改訂を行った.研究や臨床の現状をふまえ,視覚誘発電位,聴性感覚誘発電位,体性感覚誘発電位,痛覚誘発電位,事象関連電位,磁気刺激を含む運動誘発電位の6分野を各分野のエキスパートが解説した.基礎から新知見までを学べる本書は,これから測定を始める方にも,既に携わっている方にも使っていただきたい一冊である.

目次

  • 誘発電位とME(医用工学)の基礎知識
    A 誘発電位測定機器のシステム構成
    B 電極と差動増幅器に由来する雑音
    C 差動増幅器と交流雑音
    D 信号検出に必要なフィルタ設定と感度
    E デジタル技術の基礎
    F 誘発電位波形の潜時と振幅

    1.視覚誘発電位(VEP)
      1 総 論
    A ERG・VEPの概要
    B 視覚の生理学: 並列的視覚情報処理
    C ERG・VEP記録の要点

      2 各 論
    A ERG
    B VEP
    C 視機能の電気生理学的診断アルゴリズム
    D 多モダリティーVEP

      3 まとめ

    2.聴性誘発電位(AEP)
      1 総 論
    A 聴性誘発電位(AEP)とは
    B 聴性誘発電位の記録方法

      2 各 論
    A 蝸電図
    B 短潜時成分─聴性脳幹反応(ABR)─
    C 中潜時成分─聴性中間潜時反応(MLR)─
    D 長潜時成分─頭頂部緩反応(SVR)─
    E 小児で記録する場合の留意点

    3.体性感覚誘発電位(SEP)
      1 総 論
    A 用語の使い方・解剖学的意味
    B 検査室の条件
    C 刺激選択
    D 記録時の被検者の状態
    E 一般的な記録条件
    F その他(検査の実際)

      2 各 論
    A 上肢SSEP:成人
    B 下肢SSEP:成人
    C 小児のSSEP
    D 小児の中潜時SEP
    E 術中モニタリング

    4.痛覚関連誘発電位
      1 総 論
    A 測定の条件
    B 記録波形の成分

      2 各 論
    A 表皮内電気刺激法(IES)
    B レーザー刺激
    C thermode(熱極)

      3 C線維刺激
    A 表皮内電気刺激法(IES)
    B レーザー刺激

      4 臨床応用

      5 脳磁図

    5.事象関連電位(ERP)
      1 総 論
    A 一般的な測定上の注意

      2 各 論
    A P300(P3,P3b)
    B ミスマッチ陰性電位(MMN)
    C 小児MMN
    D N400
    E 運動準備電位(BP)
    F 随伴陰性変動(CNV)

    6.磁気刺激を含む運動誘発電位
      1 総 論
    A 用語の使い方・解剖学的意味
    B 検査室の条件
    C 刺激装置と刺激コイル
    D 磁気刺激の種類
    E 記録時の被検者の状態
    F 一般的な記録条件
    G 安全性
    H 磁気刺激を実施する検者へのお願い

      2 各 論
    A 単発刺激
    B 二連発刺激
    C 小児への臨床応用

      3 まとめ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...