小児外科 51/12 2019年12月号

出版社: 東京医学社
発行日: 2019-12-25
分野: 臨床医学:外科  >  雑誌
ISSN: 03856313
雑誌名:
特集: 神経線維腫症1型(Recklinghausen病)の病態と治療:小児外科医のかかわり・役割
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

3,190 円(税込)

目次

  • 特集 神経線維腫症1型(Recklinghausen病)の病態と治療:
       小児外科医のかかわり・役割

    巻頭言
    神経線維腫症1型(レックリングハウゼン病)診療ガイドライン2018と治療の現状
    遺伝カウンセリング
    長期フォロー体制―遺伝学的立場から
    長期フォロー体制―皮膚科の立場から
    長期フォロー体制―小児科の立場から
    皮膚神経線維腫(cutaneous neurofibroma)に対する外科治療
    び漫性神経線維腫(diffuse neurofibroma)に対する外科治療
    結節性蔓状神経線維腫(nodular plexiform neurofibroma)に対する外科治療
    中枢神経系の病変に対する治療
    頭頸部病変に対する外科治療
    神経線維腫症1型(NF-1)に伴う脊椎変形の病態と外科治療
    先天性下腿偽関節症に対する治療
    気道狭窄を呈した神経線維腫症に対する治療
    気道を圧迫する頸部から縦隔にかけての神経線維腫に対する減圧手術
    骨盤内原発神経線維腫―4症例のその後
    骨盤内原発神経線維腫―全摘出不能症例に対しての診療のありかた
    体表に発生した悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)の手術成績
    頸部に発生した悪性末梢神経鞘腫(MPNST)の1例
    縦隔に発生したatypical neurofibromatous neoplasms of
     uncertain biologic potential(ANNUBP)の1例
    Neurofibromatosis type 1を合併した小児後腹膜悪性神経鞘腫の1例

    ふるさと[第60回]
     ふるさとは“炭坑節の町”

    <症 例>
     小児外科開業医として経験した小児外科トランジション症例の検討

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...