言語聴覚士ドリルプラス 吃音・流暢性障害

出版社: 診断と治療社
著者:
発行日: 2020-01-15
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784787824387
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

2,090 円(税込)

商品紹介

言語聴覚士を目指す学生向けの問題集『言語聴覚士ドリルプラス』シリーズ4冊目.本ドリルは従来から存在している「吃音」と近年注目されるようになってきた「流暢性障害」をテーマとし,歴史から治療法,社会的な環境調整やセルフヘルプグループまでカバーした問題集になっています.もし初めて目にする用語があっても,主要用語は「読み解くためのKeyword」として解説!実習や国試,そして臨床に出てからもずっと役立つ問題集です.

目次

  • 第1章 吃音・流暢性障害の歴史
     1 吃音の古典的原因論
     2 日本の吃音・流暢性障害における指導・訓練の歴史

    第2章 吃音・流暢性障害の基礎
     1 吃音・流暢性障害の定義
      (1)吃音の定義
      (2)吃音・流暢性障害の分類
      (3)流暢性障害
     2 吃音・流暢性障害にかかわる解剖・生理
      (1)吃音の解剖・生理
     3 吃音症状と進展段階
      (1)吃音症状(非流暢性・二次的症状)
      (2)吃音症状(心理的問題)
      (3)吃音の進展段階(第1層~第3層)
      (4)吃音の進展段階(第4層)

    第3章 吃音・流暢性障害の臨床
     1 吃音の評価
      (1)評価の目的・概要
      (2)情報聴取
      (3)吃音検査法(対象年齢・枠組み)
      (4)吃音検査法(検査場面)
      (5)吃音検査法(分析)
      (6)心理的評価と包括的・総合的評価
      (7)吃音の鑑別
     2 吃音・流暢性障害の指導・訓練
      (1)吃音の指導・訓練(目標・種類・開始時期)
      (2)保護者指導・環境調整法
      (3)リッカムプログラム
      (4)流暢な発話の促進・学齢期の環境調整
      (5)言語訓練(1)
      (6)言語訓練(2)
      (7)言語訓練(3)
      (8)認知行動療法・薬物療法とクラタリングの指導・訓練

    第4章 吃音・流暢性障害の社会的な環境調整
     1 社会的な環境調整(小児)
     2 社会的な環境調整(成人)・吃音に関連する法律
     3 セルフヘルプグループ

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...